サンステプロデューサーXは誰?浦本勲で確定?!亀石倫子はセクハラを否定

レスポンシブ(文字広告)

山尾志桜里議員の『お泊り不倫疑惑』に引き続き、またしても『文春砲』が炸裂した模様です。

週刊文春によると、「サンデーステーション」でプロデューサーを務めるX氏の美人弁護士に対するセクハラ疑惑が浮上している、との事。

セクハラの被害者とされているる女性は亀石倫子さん(43)

美人過ぎる弁護士として注目をあつめている女性ですね。

今回は連続して発射された『文春砲』について
『サンステプロデューサーXは誰?浦本勲で確定?!亀石倫子はセクハラを否定』について情報をまとめていきます。

スポンサーリンク

サンステプロデューサーXは誰?浦本勲で確定?!

週刊文春によると、「セクハラ疑惑」がもたれているのは
プロデューサーX氏

このプロデューサーX氏はテレ朝の『報道ステーション』などの数多くの番組でディレクターを務め、2017年4月に『サンデーステーション』のプロデューサーに昇格した人物。

『報道ステーション』も『サンデーステーション』もテレ朝の看板ともいうべき報道番組。

ここで気になるのは、このプロデューサーXは誰なのか?です。

調べてみると・・・

ご覧通り、サンデーステーションのプロデューサーは何と1人しかいないようです。

という事は
プロデューサーX = 浦本勲氏 という事になるのでしょうか?

あまりにもあっけなく判明した為、少し拍子抜けしてしまいましたが・・・

これなら名前を伏せる意味がなかったのでは?とさえ思ってしまいました。

~追記~
プロデューサーX氏(浦本勲)の人物像が明らかになりました。
プロデューサーX氏(浦本勲)は40代後半の既婚者。

月1で上京し、番組に出演する亀石弁護士にゾッコンになったX氏。
『レギュラーにしようか?』と持ち掛けていた事もあったとか。

亀石倫子弁護士のプロフィール!夫との馴れ初めと過去の恋愛歴がヤバイ

亀石倫子はセクハラを否定

取材に対して亀石倫子氏・X氏とも「セクハラの認識はない」とコメントしている模様です。

しかし、週刊文春によると、
・プロデューサーX氏(浦本勲)が亀石氏に自作の『恋愛小説』をメールで送信
プロデューサーX氏が自作した恋愛小説1話ずつメールにて亀石弁護士にメールで送信。
そのタイトルは『微熱少年』
主人公はプロデューサーX氏を連想させる少年
ヒロインには亀石弁護士をモデルにしたとされる少女。

小劇場で出会った2人が恋に落ちるというものだとか・・・

この時点でかなり『危ない』ですね。

この『微熱少年』は少なくとも9話まで亀石弁護士に送信されているそうです。

・プロデューサーX氏(浦本勲)が大阪に帰る亀石氏が乗車する新幹線に乗り込む
今年の7月
『サンステ』放送後、2人で都内で芝居を鑑賞したプロデューサーX氏と亀石弁護士。
その後、食事をした後、亀石弁護士は帰阪するため東京駅へ。
この時、入れ込み過ぎたプロデューサーX氏が何と品川駅まで同乗

・プロデューサーX氏(浦本勲)が食事の最中に亀石氏にキスを迫る
芝居を鑑賞後の食事の席での出来事。
食事中にプロデューサーX氏が亀石弁護士に『三択』の質問を投げかけた。
内容は
「倫子さんとキスしたい」
「倫子さんと接吻したい」
「倫子さんと口づけしたい」

もうすでに亀石さんではなく、「みちこさん」になってしまっています 笑

さらに、「サンステ」のお天気コーナーで使用されている音楽を亀石弁護士お気に入りの曲に変更してしまう、
というような出来事も起こっているとか・・・

これ、明らかにやりすぎですね。
どう考えたって普通じゃない行動です。
これはセクハラと捉えられても仕方ないのではないでしょうか?

御覧の通り、亀石さんはかなりの美人さんですから、迫りたくなる男の気持ちは分からなくもありません。

しかし、この言動は明らかに『やり過ぎ』だろうと思うのは私だけではないハズです。

まとめ

今回は『サンステプロデューサーXは誰?浦本勲で確定?!亀石倫子はセクハラを否定』について書いてきました。

亀石倫子弁護士はセクハラ疑惑を否定しているようです。
しかし、先ほども書いた通り、そう捉えられてもしょうがないと思います。

相手がプロデューサーという事で今後のテレ朝との関係性を考慮しての発言なのでしょうか?

この疑惑の詳細はどのような内容なのでしょうか?
詳細は明日発売の週刊文春で明らかにされる模様です。

亀石倫子弁護士のプロフィール!夫との馴れ初めと過去の恋愛歴がヤバイ

スポンサーリンク



関連コンテンツ広告コード
日本newsch記事下

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る