長野えびす講煙火大会2017の駐車場や交通規制に口コミ情報も調査!

花火と言えば『夏』を連想する事が多いでしょう。
しかし、冬の季節に打ち上げられる花火は空気が澄んでいる分その美しさが際立つようです。

『長野えびす講煙火大会』は11月下旬に開催される日本全国屈指の冬花火大会

長野新幹線開通により関東からも日帰りで参戦できるとあって今年も多くの人出が予想できます。

また、この花火大会は日本屈指の実績と技術を持つ『煙火師』が手がける花火。

そこで、今回のこの日本屈指の花火大会について
『長野えびす講煙火大会2017の駐車場や交通規制に口コミ情報も調査!』と題して情報をまとめていきます。

スポンサーリンク

長野えびす講煙火大会2017

開催日
11月23日(木・勤労感謝の日)

時間帯
18:00~20:00

会場
犀川第二緑地公園(長野大橋西側)

長野駅東口からは徒歩で約20分の距離です!

因みに、雨天決行で、順延はなしの予定です。

長野えびす講煙火大会の歴史は120年!
今年で112回を迎える歴史ある花火大会でもあります。

1992年からは全国トップクラスの煙火師を招く新作花火コンテストをスタートさせ、花火ファンの目を楽しませてくれます。

長野えびす講煙火大会2017の駐車場

関東からのアクセスも良好になった影響もあり、今年もかないりの混雑が予想されます。

その為、参戦には公共交通機関のご利用をオススメします。

しかし、当日は、臨時の駐車場も用意されるようです。

用意される臨時駐車場は3カ所。

①エムウェーブ
②長野地方卸売市場
③真島

会場周辺に駐車場は準備されないようなので、車で参戦される場合は、こちらの臨時駐車場に車を止めてシャトルバスで会場入りしてください。

また、御覧の通り、臨時駐車場から会場までのシャトルバスは有料です。

因みに、電車をご利用の際には長野駅から徒歩で
約20分の距離に会場があります。

しかし、20分も歩くのはちょっと・・・
というアナタは長野駅からバスが出ているようです。

長野えびす講煙火大会2017の交通規制

これだけ大規模な花火大会ですから、当日は当然、交通規制が敷かれます。

交通規制が敷かれるのは主に犀川の北側で行われるようですが、川の北と南で規制時間帯が異なる点にご注意くださいネ。

また、交通規制が開始される前の堤防道路における路上駐車は禁止されています。

長野えびす講煙火大会の口コミ

それでは最後に日本屈指の冬花火である長野えびす講煙火大会の口コミをご覧ください。

どの口コミからもこの花火大会がいかに素晴らしいものかがよく分かると思います。

その超弩級の迫力と美しさに感動している人が続出しているようですね♪

まとめ

今回は『長野えびす講煙火大会2017の駐車場や交通規制に口コミ情報も調査!』について書いていきました。

当日は土地がらかなり冷え込むようですが、そんな事はどうでも良いくらいに花火の素晴らしさが際立っていると感じました。

私は寒いのが大の苦手ですが、この花火なら

「ぜひとも見に行きたい!! 」

そう思わされました。

今年はさすがに予定がつきませんが、来年こそはぜひ参戦したいと思っています。

スポンサーリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る