木下紗佑里の経歴や年収は?彼女と潜る方法を調査!

今度の「情熱大陸」にフリーダイバーの木下紗佑里さんが登場するようですね。

フリーダイビングについて簡単に説明すると
「スキューバダイビングのように酸素ボンベなどの装置を身につけずに、一呼吸でどれだけ深く潜れるか?」だそうです。

俗にいう「素潜り」というやつですね

木下紗佑里さんはこのフリーダイビングで一番過酷とされるCNFで日本人として初めて世界新記録を達成した人物です。

これってとんでもない快挙ですよね?!
そこで今回は木下紗佑里さんは一体どのような人物なのか?

『木下紗佑里の経歴や年収は?彼女と潜る方法を調査!』について情報をまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

木下紗佑里の経歴

生年月日:1988年12月31日(28歳)
出身地:長崎県大村市
在住地:沖縄県読谷村
最終学歴:日本女子体育大学
所属:ウォーターメイツスイムクラブ長崎

実家がスイミングスクールを経営していた事から、幼い頃から姉と妹と一緒に水泳に慣れ親しんだ木下さん。

長崎県立諫早商業高校を卒業するまで競泳の選手と活動
卒業後は日本女子体育大学に進学して中高体育教諭免許を取得しています。

大学卒業後はこれまでの経年を生かして、スイミングスクールに就職しインストラクターとして活躍。

そして、在職中の2013年2月、フリーダイビングと運命的出会いを果たします。

フリーダイバー・廣瀬花子選手の指導下で初心者講習を受講。
その後の参加した記録会でとんでもない事をやってのけます。

STA(息止め競技)で当時の日本記録に迫る6分28秒を達成
そして、いきなり同年の世界選手権日本代表に選出

木下さんは天性の才能があると言わているようですが、この当時からその片鱗が見て取れますね。

因みにこの時の世界大会では決勝まで進み7位の記録を残しています。

これがきっかけとなって、フリーダイビングの世界にハマった木下さん。

10月には沖縄で本格的に練習をスタートさせこの世界で生きていくことを決断。

2014年10月に沖縄に移住。

2014年12月 バハマ国際大会
CNFで-56m
FIMで-68mの日本新記録を2つうちたて、女子総合準優勝

2015年5月 バハマ国際大会
CNFで-60m(世界歴代4位)
FIMで-80m(日本記録を更新)でアジア人初の女子総合優勝を達成。

さらには
2016年4月に開催されたバハマ国際大会ではCNFで-72mを達成し、アジア人で初めて世界新記録を樹立しています。

このように競技開始から約2年で日本記録を更新。
また、約4年で世界新記録を達成するなど、木下さんは驚異的なペースで成長を遂げてきたフリーダイバーなんです。

競技としてはマイナーな競技ですが、これくらいの偉業を達成してきたんですから、世間的にももっと注目を集めても良いかもしれませんね。

木下紗佑里の年収

さて、これくらいの業績を持っている木下さんですから、フリーダイビングの世界では知らない者はいないでしょう。

ここで気になるのがどのくらいの年収を稼いでいるのか?です。

そこで、調べてみたところ、何とフリーダイビングの大会で優勝しても賞金などは出ないことが判明しました。

これは驚きですね。
ある意味命を懸けてやっていると訳ですから、それなりの賞金があっても良いのでは?と思ってしまいました。

因みに、選手への大会開催地への交通費や滞在費などは主催者から出してもらえるようです。

このように木下さんは競技者としての収入はほとんどナイに等しいようです。

では、木下さんは収入源はどこにあるのか、というと
まず第一にスポンサー収入が挙げられると思います。

木下さんには

狩野ジャパン
㈱FUSION
FAVRE-LEUBA

と現在のところ3社がスポンサーとして協力してくれているようです。

これは木下さんにとってはかなり心強い味方なのではないでしょうか?

さらに、過去にはこんなプロジェクトを打ち出していた事も確認できました。

目標額を大きく上回る金額が集まっている事が確認できます。

さらに、木下さんといっしょにダイビングができるワークショップの他に、トークイベントなども開催している模様です。

木下紗佑里と「潜る」方法

ちょっとでもダイビングに興味のある人間なら、木下さんのような人物と潜れたら、と思うのではないでしょうか?

そこで、木下さんといっしょにダイビングできる方法を調べてみました。

木下さんは自身の公式ホームページ以外にもFacebookのアカウントを持っていて、そこで定期的にイベントの紹介を行っている事が分かりました。

まとめ

今回は『木下紗佑里の経歴や年収は?彼女と潜る方法を調査!』について書いてきました。

競技開始して僅か数年で頂点に立ってしまった木下紗佑里さん。これからどこまで記録を伸ばしていくのでしょうか?
年齢もまだ若いですし、これからまだまだ記録の更新に期待ができそうですね♪

スポンサーリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る