大石まどかは義足?経歴と結婚相手に挙式の模様が気になった

各回で出演者が過去の反省をしたり、カミングアウトをしたりと毎回、笑わせてくれる『有吉反省会』。
勿論、私もよく見させてもらっています。

そんな番組に反省人として山川恵里佳さんと共に出演される大石まどかさん。

大石まどかさんは「演ドル」としてデビュー。
その後も多くの演歌をリリースしている演歌歌手です。

そんな特に「反省」する事がないように見える大石さんですが、ちょっと彼女の事が気になったので調べてみました。

題して
『大石まどかは義足?経歴と結婚相手に挙式の模様が気になった』

スポンサーリンク

大石まどかは義足なの?

大石まどかさんについて調べてみると、かつて「義足の噂」が流れていたようです。

しかし、ハッキリ言ってこれは「ガセ」。
大石さんは義足ではありません。

なぜそんな噂が流れたかと言うと・・・
演歌歌手に真木ことみさんという方がいらっしゃいます

画像元:真木ことみオフィシャルブログ

この真木さんが大石さんがデビューした1992年、左足膝下を切断し義足を付けるオペを行ったようなんです。

真木さんは左足に動静脈瘤ができたもののその後も
松葉杖をつきながらのコンサート公演を行った事で話題になった歌手さん。

この真木さんと大石さんが混同されて「大石まどかは義足なの?」という噂が流れてしまったようです。

お二人は所属が同じになった事は一度もなく、個人的には特に顔も似ているようには見えないんですが・・・

大石まどかの経歴

画像元:大石まどかアメブロ

本名:大石円
出身地:北海道函館市
生年月日:1972年9月8日(44歳)
最終学歴:函館白百合学園高校
事務所:サンミュージックプロダクション

北海道生まれの大石さん。
卒業されている高校は函館市にある私立の中高一貫高校で卒業生にはタレントの芹那さんなどもいるようです。

高校卒業後に上京。
1992年。19歳の時に「演ドル」としてデビューしています。
大石さんのデビュー曲は、『恋のしのび雨』
そもそも演歌歌手を目指すきっかけはお父さんが地元で民謡の教室を運営していたから、だそうです。

やはり身近な人物の影響というのは大きいですよね。
普通、演歌歌手目指そうとはなかなか思わないですから。

因みに、この「演ドル」というのは「演歌を歌うアイドル」の事。

本科的には使われ始めたのは、1992年に歌謡新人賞で演歌系の若い女性歌手が多かった事が理由だとか。

1992年と言えば、大石さんがデビューされた年ですね。

デビュー後は、今田耕司・東野幸治が司会をされていたフジテレビの深夜番組「天使のU・B・U・G(ウブゲ)」にも出演されていた事も。

さらに、フジテレビの「ものまね王座決定戦」にも工藤兄弟らとともにとユニットでレギュラー出演していた経験もあるようです。

現在も日本全国を回って歌謡ライブなどで活躍中。
2016年にはデビュー25周年を記念して『命、燃えて』をリリースされています。

大石まどかの結婚相手と挙式の模様が気になった

そんな大石さんですが、実はご結婚されていました。
結婚されたのは2008年3月
気になるお相手は八鍬大介(やくわ・だいすけ)さん。
証券会社にお勤めの方だそうです。

知り合ったきっかけは共通の趣味であるゴルフ。
趣味が同じだった事から意気投合し→交際→結婚と発展していったそうですが、なかなかプロポーズの言葉を言ってくれなかったそうでですね。

そこで、焦れた大石さんの方から「何か言ってよ」と催促。
その後、明治神宮でプロポーズという形になったみたいです。

挙式が行われたのは、プロポーズがあった明治神宮

画像元e:eltha

明治神宮で挙式っていいですね。
私は地方の人間なので何だか憧れます。笑

挙式の後行われた披露宴では3度のお色直しが行われ、紫のウェディングドレスも披露されています。

画像元e:eltha

因みに、このドレスをデザインされたのは、ベッキーさんだそうです。

残念ながら、お子さんの情報は探し出すことができませんでした。汗
2013年に「子供が欲しい」と発言されています。

2013年というと、大石さんは40歳。
女性としてはそろそろ欲しいという気持ち分かるような気がします。

それから4年立っていますから、もしかしたら、お子さんがいらっしゃかもしれませんね。

まとめ

今回は『大石まどかは義足?経歴と結婚相手に挙式の模様が気になった』について書いてきました。

今回『有吉反省会』に出演されるという事で、まさかのカミングアウトがあるかもしれない大石まどかさん。

一体、どんな発言をしてくれるのでしょうか?
注目したいと思います。

スポンサーリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る