高安晃と沖縄の関係と両親画像!従兄弟はあのバンドのドラマー?!

7月2日放送予定の『行列のできる法律相談所』に大相撲の高安晃さんが出演されるそうですね。
この『行列』は毎回、多彩なゲストが登場して、そのぞれの悩みをお馴染みの弁護士の面々に打ち明けるという番組

高安関はこの番組に登場してどのような悩みを打ち明けるのか?

力士の人って、普段の生活が結構謎な部分が多いので、結構ぶっちゃけ話が展開されますから 笑
それだけに非常に関心が湧いてきます。

そこで番組を見る前に、高安晃さんの事について私なりにちょっと調べてみました。

題して
『高安晃と沖縄の関係と両親画像!従兄弟はあのバンドのドラマー?!』

スポンサーリンク

高安晃と沖縄の関係と両親画像

結論から申し上げると、高安晃さんと沖縄との関係性ははっきり分かりませんでした。汗
高安さんの出身は茨城県水戸市。

日本人のお父さんとフィリピン人のお母さん間に生まれています。
そのご両親の画像がこれです。
↓   ↓   ↓     ↓

確かに、高安関の顔が沖縄出身っぽいので、沖縄との関係が噂されているのも事実です。
そう言われてみると、お父さんが沖縄の方のような気がしないでもないですネ。

もしくは、日本人とフィリピン人の方とのハーフという事で生まれてつき沖縄っぽい顔に成長したのかもしれません。
いずれにせよ、詳細は不明です。。。

これは既にご存知かもしれませんが、あのAKB48秋元才加さんと同級生という事で有名ですよね。
秋元さんもお母さんが高安関と同じくフィリピン人の方という事で母親同士が仲が良いらしく、それがきっかけとなって、幼少期からの知り合いだという事です。

高安関のお父さんが経営していたレストランに秋元さんが家族でよく食事をしにやって来ていたとか。
あんな美人と幼馴染なんて、何だか羨ましいですね。。。

また、高安関は次男坊で、お母さんから怒られたことがなかったそうです。
教育上いいのか悪いのか、と思ってしまいましたが 笑
それにしても、今の体格からは想像もつかないくらい、高安関はかなりの甘えん坊だったようです。

高安晃の従兄弟は某バンドのドラマーだった!

そんな沖縄っぽい高安関の従兄弟は人気ビジュアル系ロックバンドのドラマーのようです。
その従兄弟の名前はSATOち。(本名:高安悟史さん)

画像元:SATOちtwitter

このバンドは1997年に結成。
情報によると、現在までシングル36枚アルバム13枚をリリース。
13枚目のアルバムはオリコンの週間アルバムチャートで初登場17位を記録しています。

残念ながら、私はこのバンドのについて知りませんでした。
しかし、ビジュアル系バンドファンの中では結構有名なバンドのようです。

因みに6月9日は『ムックの日』として、毎年何らかのイベントを開催している、との事。
この試みは何だか面白いですネ。

また、2017年にはメンバーの地元である茨城県水戸市と石岡市との「ふるさと大使」にダブルで任命されています。

高安関は『脱走常習犯』だった?!

甘えん坊だった高安関は土浦第一中学卒業後、進路で迷っていました。
しかし、「身一つで稼ぐ方が性に合う」と決断。
お父さんの勧めもあって、中学卒業と同時に鳴戸部屋に入門しています。

入門時で180cm・120kgという、とても15・16歳とは思えない体格で筋肉の質も良かった為、親方から将来有望な力士として、早くから期待されていたそうです。

しかし、この高安関は何と、かなりの『脱走常習犯』だったようです。
その合計は脱走する事、合計7回!

特に4回目の脱走時には、連れ帰られる車が赤信号で停車中に、車から飛び出して逃げようとしたほど・・・
そうとう部屋の稽古が厳しかったんでしょうネ。

そんな高安関の改心するきっかけとなったのは2006年。
お父さんが腎臓がんなってしまい、腎臓を1個摘出する大手術を受けた事。
この時は、結果として経営していた飲食店を手放してしまったそうです。

でも、この事で高安関は「ウカウカしていられない!」とスイッチが入ったようです。

まとめ

今回は『高安晃と沖縄の関係と両親画像!従兄弟はあのバンドのドラマー?!』について書いてきました。

高安関の今があるのは、お父さんの事がきっかけとなっている訳ですが、
さらに、「脱走常習犯」だった高安関に対して今は亡き鳴戸親方はただの一度も怒る事なく、高安関を見放さなかったそうです。

人間、出会いが大事とよく言われますが、高安関の場合も、その言葉がぴったりと当てはまるようですね。
恵まれた出あいと共に大関までのし上がった高安関。

これから横綱昇進に向けてどのような相撲を魅せてくれるのか?
非常に楽しみにな力士ですネ♪

スポンサーリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る