菅家ゆかりの現在の年収や結婚や旦那・子供は?セミナー料金も紹介!

毎回、過去に起きた一大事件の詳細や裏話。過去に人気のあった人物の意外な現在などを公開することで人気を博している『爆報フライデー』

今週の放送では皇室番組で活躍した元祖女性キャスターとして菅家ゆかりさんが登場するようです。

正直、私はこの菅家ゆかりさんについてまったく知りませんでした。汗

そこで、この菅家さんについてとても気になったので私なりに彼女の情報を調べて記事をまとめてみました。

題して
『菅家ゆかりの現在の年収や結婚や旦那・子供は?セミナー料金も紹介!』

スポンサーリンク

菅家ゆかりの現在の年収

菅家さんは日テレを退社後、フリーアナウンサーに転身。そして、現在では
『表情アドバイザー』
『フェイスエクササイズ講師』
『声とことばの磯貝メソッド®正講師』
として多忙な日々を送っているようです。

菅家さんのセミナーはとても人気があるようで、噂によると開催されるたびに席が埋まってしまうほどのようです。

菅家さんは日テレのアナウンサーとして多くの番組で活躍されてます。

さらに、日テレ退社後も、日テレ学院や大学で講師を務めていますから、当然と言えば当然かもしれません。

そんな菅家さんですから、その年収は結構ある事が予想できますね。

情報によると、日テレアナウンサーの平均年収が800~1100万との事。

菅家さんは既に退社され、フリーになっていますからあくまで参考にしかなりませんが・・・

しかし、現在も日テレ学院のホームページにそのお名前がありますし、セミナーも大盛況との事です。

さらに、株式会社ビジヨンテツクでは執行役員としても活躍されていたようです。

これらの事から想像すると、一般サラリーマンと比較するとはるかに多くの年収を稼いでいるのではないでしょうか?

菅家ゆかりの結婚と旦那

着々とキャリアと積まれている菅家さん。
そんな菅家さんは既にご結婚されていました。
日テレを退社したのは旦那さんの一言がきっかけだったとか。

当初、菅家さんは出産から復帰してすぐだったそうなんですが、旦那さんから冗談半分に『海外行ってみる気ある?』と聞かれたそうです。

その際に、『そんな経験滅多にできないから良いわね』と軽い気持ちで返事したそうなんです。

すると、旦那さんがそれを本気にしてしまったようで海外転勤→日テレ退社となってしまったとか・・・笑

因みに、旦那さんの職業はパイロット。
2010年時点の情報では現役だったようですが、現在は現役かどうかは特定できませんでした。
ゴメンナサイ。

菅家ゆかりの子供の情報

意外な展開で海外転勤が決まってしまった菅家さん。
そんな菅家さんにはお子さんが長女と次女の2人のお子さんがいらっしゃるようです。

先ほど、「出産」とお伝えしましたが、これは長女の出産です。

菅家さんが旦那さんと海外赴任した先はアラスカ。
アラスカには2年間生活したようです。
旦那さんの帰国が決定した後も菅家さんは3ヶ月ほど長女と滞在し、アラスカの娘さんと共に満喫されています。

次女を出産したのは日本に帰国後の事。

これも2010年時点での情報ですが、その時点で長女が大学生・次女が高校生だったようです。

ですから菅家さんの子供は2017年現在は2人とも学生を卒業して社会人になっている可能性が高いのではないでしょうか?

ひょっとしたら次女の方は大学院に通学しているかもしれませんね♪

菅家ゆかりのセミナーの料金は?

2人のお子さんにも恵まれた菅家さん。
そんな菅家さんが開催する人気のセミナーについてですが、一番気になるのはその料金です。

これも過去の情報になってしまい恐縮ですが
菅家さんが開催してきた過去のセミナーの料金を調べてみました。

2013年
「口元から考える健康講座 『表情の決め手は口元、表情トレ-ニングで魅力アップ!』
受講料:5,000円

2014年
「あなたの声や表情は相手に伝わっていますか?」
受講料:6,000円

菅家さんのセミナーの料金はだいたい5000~6000円のものが多いようです。

セミナー時間は2~3時間ですが人気講師のセミナーですから料金的にはこんなものなのかな?という印象を受けました。

しかし、これは過去の情報なので、現在は若干の変化があるかもしれませんね。

まとめ

今回は『菅家ゆかりの現在の年収や結婚や旦那・子供は?セミナー料金も紹介!』について書いてきました。

今回の「爆報」で久々にメディアの前に姿を現すという菅家さん。

スタジオでも人気講師の講義を受けることができるでしょうか?

女性は必見かもしれませんね!

《関連記事》
永井美奈子の病気は若い頃と現在で悪化?旦那の破産や子供の学校も調査
小池裕美子の経歴や年齢に結婚を調査!出身高校大学はどこ?

スポンサーリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る