細川護煕の陶芸師匠は誰?工房の住所と茶碗料金・個展を調査!

毎週金曜日の夜、放送される『爆報フライデー』
有名人著名人の意外な過去や現在を暴露する事で大人気の番組ですよね?!

そんな『爆報』に次回、細川護煕さんが登場するそうです。

細川氏は名家を祖先として持つ人物であり、55年体制を崩壊させた総理大臣として一時期は時の人として注目を浴びた人物。

そんな細川さんは政界を引退後は陶芸家に転身されていると聞いた驚きました。

そこで、今回は細川さんの陶芸家としての周辺情報が気になったので、私なりに調べて記事を書いていきたいと思います。

題して
『細川護煕の陶芸師匠は誰?工房の住所と茶碗料金・個展を調査!』

スポンサーリンク

細川護煕の陶芸師匠は誰?

細川さんが政治家から陶芸家へと転身したのは政界を引退後の還暦の時。

かなりの遅いスタートで全くの未経験からの出発でしたが、現在ではかなりの腕前のようです。

そんな細川さんの陶芸の師匠は辻村史朗さん。

細川さんが自ら作成したい陶芸作品を探していた経緯で辻村さんに辿り着いたそうです。

基本的に弟子はとらない辻村さん。
細川さんは結構しつこく通い詰めたようで
辻村さんからは『しつこいおっさんやな』と言われたとか・・・

辻村さんは自分で教える事は一切なかったそうです。
言われることは
『あかん、ほかせ(捨てろ)』
『あほなおっさんやな』

かなり強烈なキャラのようです 苦笑

しかし、最終的には弟子入りし、教わる事約1年半。
ある日、突然『もう来んでええやろ』と言わて免許皆伝となったそうです。

細川護煕の陶芸師匠の工房の住所

かなり個性的な方のような辻村史朗さん。
そんな辻村さんの工房の住所はどこにあるのでしょうか?

先ほどの発言から関西だと予想している方が多いと思います。

辻村さんの工房の住所は奈良県奈良市。
奈良市中央から車で東へ約10キロ。
東大寺などで有名な若草山の向こうにある農村地帯に存在するそうです。

因みに、辻村さんには同じく陶芸家の息子さんが2人いらっしゃいます。

その内1人の名前は唯さん。

高卒と同時に、本格的に陶芸の世界に入り、2009年には細川護煕らと共に共同で個展を開催されています。

細川護煕の陶芸師匠の茶碗料金と個展

茶碗料金

気になる辻村史朗さんの茶碗の料金は
数万円~数十万円と幅広い価格帯で販売されているようです。

画像元:ぎゃらりい栗本

因みに失礼ながら、ヤフオクで検索してみると、料金はこんな感じでした
↓       ↓      ↓       ↓

ヤフオクでも結構なお値段しますね。。。

辻村さんは賞や名誉に全く興味を示さない陶芸家のようですが、その人気は抜群のようですから、値段が下がらないのではないでしょうか?

個展

それでは、最後に辻村さんが過去に開催した個展の情報についてご紹介します。

1978年 大阪三越にて個展開催。
1983年 日本橋三越にて個展開催。
1984年 名古屋丸栄にて個展開催。
1933年 フランクフルト・ジャパンアートにて個展開催。
1994年 ロンドン、ギャラリーベッソンにて個展開催。
1995年 日本橋三越にて個展開催。
1996年 大阪阪急にて個展開催。
1999年 表千家茶道資料館にて「辻村史朗 壺と茶碗展」開催。 erc…

国内外問わず、結構多くの個展を開催されているようです。

さらに、2017年1月には阪急うめだ本店で開催されたのは個展『Wabi Sabiの世界展』

この時の入場は無料だったようですね。

そしてこの時、展示されていた作品の中で100万円のものがこれ
↓    ↓    ↓     ↓

この壺の作品目は「伊賀大壺」
その料金は1,080,000円!!

買う人いるんでしょうか?
私にはとても手が出る値段ではないですが・・・ 笑

まとめ

今回は『細川護煕の陶芸師匠は誰?工房の住所と茶碗料金・個展を調査!』について書いてきました。

元総理にも全く物おじしない強烈なキャラを陶芸師匠に選んだ細川さん。

現在の陶芸の実力からその慧眼は相当なものだったようです。

これから師匠と同様にさらに陶芸家として有名になって欲しいものですね!

《関連記事》
細川佳代子の実家両親と高校は?娘の結婚と職業が気になった!
細川護煕の現在の陶芸作品がヤバい!息子の職業と経歴を調査

スポンサーリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る