琴剣淳弥のイラスト(漫画)と経歴・年収がスゴイ!嫁や自宅や本名は?

5月2日に放送される『マツコの知らない世界』に

漫画相撲家の琴剣淳弥さんが出演します。

番組には現役力士の琴奨菊関や嘉風関などが登場。
琴剣淳弥さんがプレゼンターになって「相撲メシ」について語りまくるという企画。

琴剣淳弥さんは相撲部屋45ヶ所を回り
「相撲めし」をデータベース化したというんですから
どれだけ「相撲めし好き」なんだ!とツッコミ入れたくなってしまいましたが・・・

しかし、この琴剣淳弥さん
私は正直、この人誰?と思ってしまいました。

そこで今回は
この琴剣淳弥さんについて調べてみました。

題して
『琴剣淳弥のイラスト(漫画)と経歴・年収がスゴイ!嫁や自宅や本名は?』

スポンサーリンク

琴剣淳弥のイラスト(漫画)と経歴

まずは琴剣淳弥さんの経歴についてご紹介していきましょう。

画像元:Naverまとめ

本名:宮田 登(みやた のぼる)
生年月日:1960年7月6日
出身地:福岡県田川郡香春町
初土俵:1976年3月場所
引退:1986年9月場所
(公財)日本相撲協会公認相撲絵師。
(公財)日本漫画家協会会員。

経歴

まず琴剣淳弥さんは本名が宮田登さんというんですね。
中学卒業と同時に佐渡ヶ嶽部屋に入門。
初土俵は1976年3月場所


画像元:中日新聞プラス
当時の佐渡ケ嶽部屋は
期待の若手・琴風関(現尾車親方)をはじめ5人の関取衆幕下以下は

40人もいる大規模の相撲部屋だったそうです。

ですから稽古開始時間も早朝5時前からしないと追っつかない状態だったとか。

当時の相撲部屋には気合い入れの竹刀や棒切れが必ずあったらしく
これでバシバシ気合をいれられたそうです。
(今だったら問題になりそうですね)

本場所中の稽古はこれまた
現在ではほとんどの相撲部屋で行われていないようですが
当時は本場所中もガンガン稽古をしていたそうです。

琴剣淳弥さんは当時を振り返って
現在の稽古風景を見ると
「何か物足りない・・」と思うそうです。

そんな琴剣さんは四股名を
本名→琴九州→琴剣登と変えながらも相撲を取り続けるものの
残念ながら力士としては大成できず

1986年9月場所をもって引退
因みに最高位は三段目46枚目。

イラスト(漫画)

琴剣淳弥さんは子供の頃の趣味が絵を描く事だったようで
現役時代からスポーツ紙にイラストを提供するほど有名だったそうです。

そこで引退後はこの腕前を生かして
1990年から本格的に漫画家として活動。
それまでの経験を元に数多くの相撲漫画を書いています。

画像元:琴剣の部屋

画像元:琴剣の部屋

画像元:琴剣淳弥Imgrum

さらに力士の化粧まわしのデザインも手掛けていて
過去の作品としては

琴錦関
琴欧洲関

最近のものでは琴奨菊関の化粧まわしをデザインしています。

画像元:mimizun

このように相撲漫画家として成功を収めている 琴剣淳弥さんの年収なんですが
噂によると2000万円を超えているとか・・


あくまで噂なので本当のところは定かではありませんが
ジャポニカ学習帳にも採用されていますし
力士の化粧まわしのデザインも任される位ですから
それくらい稼いでいても不思議じゃないのではないでしょうか?

琴剣淳弥の嫁と自宅は?

琴剣淳弥さんは既にご結婚されており
お子さんも2人いらしゃいます。

お嫁さんの名前は鈴代さんというそうです。

画像元:北脇貴士のブログ

相撲場所がある時は
琴剣さんのグッズを販売しているお店を時々手伝っているようです。

因みに
2人のお子さんは息子さん1人と娘さんが1人いらっしゃるようです。
ご家族との間にはこんなエピソードも
2011年3月11日発生したあの東日本大地震の時には
相撲部屋の取材を終えて自宅にいた琴剣さんは

出勤していた娘さんからの連絡で
お嫁さんと息子さんとともに娘さんを迎えに行ったそうです。

そんな琴剣さんの自宅なんですが
現在は船橋市にあるようです。

画像元:琴剣淳弥facebook

まとめ

今回は
『琴剣淳弥のイラスト(漫画)と経歴・年収がスゴイ!嫁や自宅や本名は?

について書いてみました。
力士としては成功できなかった琴剣淳弥さんですが
自分の才能を生かして漫画家イラストレーターとして

相撲界に貢献している事は素晴らしいと思います。

これからの更なるご活躍を期待しましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る