岩柳麻子の店の特徴と場所はどこ?経歴や現在地にオープンした理由とは?

毎週火曜日、輝いてる女性をピックアップ、その女性のこだわりのルールを紹介していく『セブンルール』

今回はピックアップされるのは人気パティシエール岩柳麻子さん。

岩柳さんのお店にはその芸術的な絶品スイーツを求めて連日長蛇の列ができるそうですね。

今回はそんな岩柳さんについて
『岩柳麻子の店の特徴と場所はどこ?経歴や現在地にオープンした理由とは?』と題して情報をまとめていきます。

スポンサーリンク

岩柳麻子の店の特徴

長蛇の列が出来る事からも超人気店であることが簡単に想像できる岩柳さんのお店。

一体、どのようなお店なのでしょうか?

岩柳さんがオーナーを務めるお店の名称は
『Pâtisserie Asako Iwayanagi』

現在の地にオープンしたのが2015年12月11日

情報によると
季節のフルーツを使った「月替りのパフェ」
「パルフェビジュー」の2種類を提供。

「月替りのパフェ」は
シェフの義理のご実家である「宿沢フルーツ農園」から旬のフルーツを取り寄せているようです。

また、パフェのレシピについては

そのフルーツを食べた時
岩柳さんご自身が「一緒に何を食べたいと思ったか?」
で合わせる食材を選択しているとか。。。

見た目では色の組み合わせを意識。

パフェをいろんな角度から観察。
見た目の色がバランスよくなるように意識さえているようです。

「パルフェビジュー」については
元々、は雑誌の企画で「究極のフルーツパフェ」をオーダーされた事がきっかけだそうです。

それまで創作してきたパフェとの違いはというと・・・

「その人だけのためのパフェをつくりたい」という思い

それだけに予算を気にする事なく、最高級のフルーツや希少なフルーツをふんだんに使用した超豪華な仕上がりになっているとか

コンセプトは

“美術館に並べられるような一品”

インスタ

* 【リニューアルオープン・10月のパルフェのご案内】 1ヶ月半もの間お休みを頂き、本日2017年10月11日にリニューアルオープンいたしました。 厨房設備の増強、イートインスペースの拡張、拡充によりお客様に新たな価値をお届けできる店舗として生まれ変わりました。 シェフ岩柳始めスタッフ一同、総力をあげてお客様のご要望にお応えできる体制を整えると共に、皆様に愛される店舗づくりに邁進していく所存です。 皆様のご来店を心よりお待ち申し上げます。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 『マロン パルフェ』 10月限定のパフェは当店人気の“峠モンブラン”をパフェにしました。 サクサクのシュトロイゼル生地、ミルキーな練乳ブラマンジェ、和栗のジェラートと芳ばしい香りのほうじ茶ジェラート、ほうじ茶のゆべしとともにお楽しみください。 ・ 2,500円(税別・ドリンク込み) コーヒー、紅茶、ハーブティー、ワインからお好きなお飲み物をお選び頂けます。シェフおススメは辛口の赤、白ワイン、もしくはアールグレイです。 こちらは10月末までの期間限定でのご提供とさせて頂きます。 ※トッピング及び内容はシェフの気分により変わることがございます。ご了承下さい。 photo by Yohei Otobe #パフェ #10月のパフェ #parfait #ジェラート #マロン #モンブラン #ほうじ茶 #sweets #dessert #cafe #patisserie #patisserieasakoiwayanagi #PÂTISSERIEASAKOIWAYANAGI #asakoiwayanagi #等々力 #尾山台 #リニューアルオープン #スタッフ募集中

PÂTISSERIE ASAKO IWAYANAGIさん(@patisserie.asakoiwayanagi)がシェアした投稿 –

【新作スペシャリテのご案内】 『パルフェビジュー ペシュ 〜カモミールミルクジェラートとともに〜』 ”Parfait Bijou pêches” ・ 「パルフェビジュー」とは「宝石のパフェ」の意味。 PÂTISSERIE ASAKO IWAYANAGIのスペシャリテです。 今回は8月末までの期間限定、山梨県甲州市・宿沢フルーツ農園、一宮町・マルトウ農園の『白桃』が主役の「桃パフェ」です。 ・ 桃は高級品種「白鳳」「浅間白桃」「川中島白桃」を中心に旬のものを使用致します。 完熟の高級品種の白桃をフレッシュ、ソルベ、白ワイン煮、白ワインジュレ等で贅沢に、カモミールミルクジェラート、ヨーグルトはちみつ入りフロマージュブランとともにお楽しみ頂けます。 ご予約はお受けしておりません。1日台数限定でご提供させて頂きます。 ・ パフェの構成は上層より ・飴細工 ・山梨県甲州市産もしくは一宮産フレッシュ皮付き白桃 ・自家製白桃ソルベ ・自家製カモミールミルクジェラート ・白桃白ワインジュレ ・山梨県甲州市産もしくは一宮産フレッシュ角切り白桃 ・カシスラズベリーソース ・ヨーグルトはちみつ入りフロマージュブラン ・白桃白ワイン煮 ・レモンジュレ ・カシスラズベリーソース となっております。 ・ 2,800円(税別)ドリンク付き 販売期間:8月末まで 平日:1日限定20台 休日:1日限定40台 ※ドリンクは珈琲、紅茶、ハーブティー、ワインの中からお選び頂けます。シェフおススメはカモミールティーか白ワイン、白のデザートワイン、白の微発泡ワインです。 ※トッピング及び内容はシェフの気分により変わることがございます。ご了承下さい。 photo by Yohei Otobe #パフェ #パルフェビジュー #パルフェビジューペッシュ #parfait #parfaitbijou #宝石のパフェ #桃 #白桃 #patisserie #patisserieasakoiwayanagi #pâtisserieasakoiwayanagi #asakoiwayanagi

PÂTISSERIE ASAKO IWAYANAGIさん(@patisserie.asakoiwayanagi)がシェアした投稿 –

【新作スペシャリテのご案内】 『パルフェビジュー スリーズ 〜ピスタチオジェラートとともに〜』 ”Parfait Bijou cerises” ・ 「パルフェビジュー」とは「宝石のパフェ」の意味。 PÂTISSERIE ASAKO IWAYANAGIのスペシャリテです。 ・ 今回は6月末までの期間限定、山梨県甲州市『宿沢フルーツ農園のさくらんぼ』が主役の「さくらんぼパフェ」です。 シェフ岩柳の義理の両親が営む宿沢フルーツ農園より、木の上で完熟になるまで大切に育てられたさくらんぼが日々直送されて参ります。 ・ さくらんぼの品種は3種類。 品のある酸味が他の素材を引き立たせる『高砂』 甘みと酸味のバランスがよい『佐藤錦』 しっかりとした食感があり大粒で酸味が少なく糖度の高い『紅秀峰』。 ・ それぞれの品種の旬をお届けできるよう、6月前半は『高砂と佐藤錦』、6月中旬は『高砂と佐藤錦と紅秀峰』、6月後半は『佐藤錦と紅秀峰』の組み合わせとなる予定です。 ・ ルビー色に輝く最高品質のさくらんぼとピスタチオジェラートの緑の補色の色合いが美しい初夏のパルフェとなっております。 ・ 品種により味わいの異なるさくらんぼをピスタチオジェラート、フィユティーヌフレーズ、クレームエペス、グリオットの葛ジュレ、ハイビスカスジュレとともに爽やかにお楽しみ頂けます。 ・ ご予約はお受けしておりません。1日台数限定でご提供させて頂きます。 ・ パフェの構成は上層より ・山梨県甲州市産さくらんぼ ・自家製ピスタチオジェラート ・山梨県甲州市産さくらんぼ ・フィユティーヌフレーズ ・クレームエペス(生クリームを乳酸菌で発酵させた乳脂肪分30%以上のクリーム) ・グリオット(フランス産黒さくらんぼ)の葛ジュレ ・山梨県甲州市産さくらんぼ ・ハイビスカスジュレ ・グリオットとイチゴのソース となっております。 ・ 2,800円(税別)ドリンク付き 販売期間:6月末まで 平日:1日限定20台 休日:1日限定40台 ※ドリンクは珈琲、紅茶、ハーブティー、ワインの中からお選び頂けます。シェフおススメは赤のデザートワインか赤の微発泡ワインです。 ※トッピング及び内容はシェフの気分により変わることがございます。ご了承下さい。 ・ photo by Yohei Otobe #パフェ #パルフェビジュー #パルフェビジュースリーズ #parfait #parfaitbijou #宝石のパフェ #さくらんぼ #ルビー #ピスタチオジェラート #patisserie #patisserieasakoiwayanagi #PâtisserieAsakoIwayanagi #asakoiwayanagi #dessert #sweets #宿沢フルーツ農園 #等々力 #尾山台

PÂTISSERIE ASAKO IWAYANAGIさん(@patisserie.asakoiwayanagi)がシェアした投稿 –

尚、
「パルフェビジュー」は完全予約制
店頭もしくは電話にて予約することができるそうです。

詳しくは店舗にご確認ください♪

また、岩柳麻子さんの店『Pâtisserie Asako Iwayanagi』は、
つい最近の2017年10月11日にはリニューアルオープンされたようですよ。

岩柳麻子の店の場所はどこ?

そんな岩柳さんのお店『Pâtisserie Asako Iwayanagi』の場所はどこにあるのでしょうか?

東京都世田谷区等々力4-4-5

営業時間:10:00~19:00
お休み:月曜日

最寄り駅は
東急大井町線等々力駅
東急大井町線尾山台駅

両駅から5分以内にたどり着ける絶好の場所にあるようですね。

岩柳麻子の経歴

このような素敵なお店のオーナーである岩柳さん。
一体どのような経歴の持ち主なのでしょうか?

出身地:東京都大田区
年齢:40歳
出身校:玉川聖学院

岩柳さんは自由が丘にある玉川聖学院を卒業後、桑沢デザイン研究所に入学

桑沢デザイン研究所はデザイン界の先駆的な専門学校

デザイナーである桑澤洋子さんによって設立され、そのレベルはかなり高く、多摩美大や武蔵美大と並ぶレベルだとか

同校を2000年に卒業された岩柳さん。
卒業後は、フランスなど活躍するパティシエから学びながら、何と独学でパティシエールになっちゃいます。

そして、2005年
東京都武蔵小山に「patisserie de bon coeur(パティスリィ ドゥ・ボン・クーフゥ)」をオープン。

そこで10年間、シェフ・パティシエとして活躍。
この店を人気有名店に成長させています。


2015年には現在の等々力の地に
『Pâtisserie Asako Iwayanagi』をオープン。
芸術的なパフェを創作提供することで、連日混雑する超人気店となっています。

岩柳麻子が現在地にオープンした理由

等々力と同じく、東急線の武蔵小山でで10年間シェフ・パティシエとして活躍されていた岩柳麻子さん。

東急線沿線と言えば、知る人ぞ知るスイーツの激戦区

岩柳さんは当然、その事はご存知だったと思います。
では、なぜこの地に自分の店をオープンさせたのでしょうか?

オープンに合わせて過去に受けたインタビューによると

その理由は
『一生続けていくお店は「地元」で開きたい』

この思いが強かったそうです。

岩柳さんの地元は大田区
中学・高校と自由が丘にある玉川聖学院に通学していた岩柳さん。

この辺りには現在も親戚や友人が多く住んでいるそうです。

まとめ

今回は『岩柳麻子の店の特徴と場所はどこ?経歴や現在地にオープンした理由とは?』について書いてきました。

私は男ながらスイーツ好きなんですが、並ぶのはどうも苦手。
しかし、この岩柳さんの創作するパフェを見ていると、並んででも食べたくなってきました。

それほど魅力的なスイーツを提供できる岩柳さん。
本当に素晴らしい女性だと感じました。

スポンサーリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る