杉本和隆の評判や病院の場所は?膝の名医の経歴やスケジュールを調査!

毎週月曜日、その分野の一流を紹介する『プロフェッショナル』
世間ではあまり知られることはないものの、その道の関係者の中では知る人ぞ知る人物が登場することで人気の番組です。

今回の『プロフェッショナル』に登場するのは杉本和隆医師(48)。

杉本和隆医師は膝の人工関節のオペでその名を轟かせている第一人者。

今回は、そんな杉本医師について
『杉本和隆の評判や病院の場所は?膝の名医の経歴やスケジュールを調査!』と題して情報をまとめていきます。

スポンサーリンク

杉本和隆の評判

まず気になるのは杉本医師の評判でしょう。

杉本医師は「ベストドクターズ」に2度も選ばれている医師。
これは医師が優秀な医師を選ぶもの。
つまり、「医者の中の医者」を選出するものを言っても過言ではないでしょう。

それに2度も選ばれているだけでも杉本医師が優秀なドクターである事が分かりますよね!?

杉本医師の名前が最近になって一気に広まったのは大相撲横綱・白鵬関の躍進を支えた事でしょう。

一時期成績が伸び悩んでいた白鵬関に対して切れていた右足指の腱と靭帯の手術を勧めて実行。

その結果、「強い白鵬関」が復活しました。

杉本医師は白鵬関の主治医を約2年前から務めているそうです。

杉本医師は白鵬関だけではなく、角界関係者の治療に約15年前から関わっているとか。

また、角界だけではなく、スポーツ整形医師として
格闘技
ゴルファー
ラグビー
東京ヴェルディ-1969チームドクター
バレエダンサー など

様々なアスリートの治療で成果を上げている医師なんです。

また、杉本医師はその経験を生かして本も出版されているようです。
ひざ痛は自分で治せる! [ 杉本和隆 ]

杉本和隆の病院の場所

次に気になるのが杉本医師が勤める病院の場所。
杉本医師が勤めるのは苑田会人工関節センター病院。

その場所は東京都足立区保木間1-21-10

この病院は2010年3月に「関節の専門病院」として
東京都で初めての人工関節とスポーツ整形の専門施設として開院。

執刀医とホームドクターが協力して加療を行うオープンシステムを取り入れている事で評判の病院のようです。

杉本医師はこの病院で病院長として活躍されています。

膝の名医の経歴やスケジュール

杉本医師の経歴

生年月日:1969年1月31日(48歳)
出身地:静岡県
役職:苑田会人工関節センター病院 院長

杉本医師の幼少期は「悪ガキ」だったようです。
中学高校とヤンチャばかりしていたとかww

大学は日本大学医学部に入学したもののちょうどバブルの最中であった事から一時期は実業家を目指していたそうです。

しかし、20歳で医療の道に目覚め1995年同医学部を卒業。

その後は
1995年 日本大学整形外科入局
2000年 日本大学整形外科学教室助手
2000年 川口市立医療センター駿河台日大病院整形外科
2003年 独立行政法人国立災害医療センター

とキャリアを積み上げ

2010年 苑田会人工関節センター病院の院長に就任。

また、2016年からは首都大学東京の客員教授
2017年からは九州医療スポーツ専門学校の顧問も兼任されているようです。

杉本医師は『MIS QS』という現在の医療で考えられる最高の人工関節手術を行える日本でも稀有な専門医師

『MIS QS』とは筋肉や皮膚などの負担が出来るだけかからない新しい手術の事。

この手術は特徴としては

①手術痕が小さくて済む
②術後の痛みが軽減
③術後の早期リハビリが行えるから、入院が短期で済む

などを挙げられます。

杉本医師のスケジュール

これほどのキャリアを持っている杉本医師。
かなり忙しい事が予想できますが、そのスケジュールはどのようになっているのでしょうか?

こうやって見てると、忙しいながらもかなりスケジュールを管理されていて、ご家族との時間も大事にされている事が分かりますね。

ひざ痛は自分で治せる! [ 杉本和隆 ]

まとめ

今回は『杉本和隆の評判や病院の場所は?膝の名医の経歴やスケジュールを調査!』について書いてきました。

日本人の5人に1人が悩まされていると言われる膝の関節痛。
この痛みを解決するために、尽力している杉本医師。

スポーツ選手だけではなく、膝の痛みを訴える方は加齢とともに増えてきます。

これから少子高齢化社会になりつつある日本にとって、杉本医師のような医師は非常に貴重な存在になってくるのではないでしょうか?

スポンサーリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る