板橋花火大会2017のおすすめ場所!混み具合と交通規制

2017年も4分の1が過ぎ、もうすぐ夏がやってきます。

夏の風物詩と言えば、祭りともに思い浮かぶのが花火大会です。

今年も例年通り、日本各地で数多くの花火大会が開催される事でしょう。

その中の一つ、板橋花火大会は毎年夏の荒川の恒例行事。

対岸に位置する戸田市で行われる花火大会と合わせて

合計12000発以上の花火が打ちあがる大規模な花火大会です。

さらに、都内最大の大玉関東最大クラスの仕掛け花火

「大ナイアガラの滝」など見どころ満載の花火大会として人気を誇っています。

今回はそんな板橋花火大会の情報について

オススメ場所や込み具合、さらには交通規制について書いていきます。

題して

『板橋花火大会2017のおすすめ場所!混み具合と交通規制について』

スポンサーリンク

板橋花火大会2017のおすすめ場所

板橋花火大会は例年、戸田市の花火大会と共催され

2倍の花火が鑑賞できることもあって人気のスポットです。

当然、かなりの人出が予想されますが

どうせ花火鑑賞するならゆっくり見たいですよね?

そこで、ここではおすすめの場所をご紹介したいと思います。

おすすめ場所①高島平駅北の河川敷

浮間船渡駅方面はかなり混雑するようですが

高島平駅の方はそちらと比較するとそれほどでもないようです。

ゆっくり花火鑑賞するなら、どうせなら混まない方が良いですよね(^^)

おすすめ場所②戸田市側の河川敷

板橋区の対岸に位置する戸田市の戸田公園付近の河川敷。

この花火大会は名前だけ見ると東京の花火大会というイメージですが

荒川で実施される訳ですから、当然、対岸からも鑑賞できます。

案外、盲点になってるかも、ですねww

オススメ場所③北とぴあ

北区王子駅にある北とぴあ。

ここは花火会場からは若干距離がありますが

北トピア自体が高層の建物ですから花火鑑賞にはもってこいの

おすすめスポットです。

オススメ場所④笹目橋

花火会場からは若干の距離がありますが

荒川にかかる橋の上から花火を鑑賞する事ができるオススメ場所です。

橋の上からですから当然、遮るものはありません。

板橋花火大会2017の混み具合と交通規制

関東最大級の仕掛花火「大ナイアガラ」が都内で見られるという事もあって

かなりの混み具合が予測されます。

例年でも約52万人の人出があるようです。

河川敷で実施されることもあって

すし詰めという感じではないようですが・・・

主な最寄り駅は

JR埼京線 浮間舟渡駅

都営三田線 高島平駅・西台駅・蓮根駅

先ほども書きましたが

この中でも浮間舟渡駅は例年、かなり混むようです。

また

西台駅は花火会場中心から近い場所にあるため

こちらの駅もかなりの混み具合のようですね。

どの駅からも徒歩で20分ほどはかかるので

ご紹介した穴場に行くにもアクセスしやすい高島平駅を利用されることをオススメします。

と、ここまでは花火開始前の話でしたが

当然、終了後も「混み」ます。

これはどのイベントも同じかもしれませんが

どちらかというと鑑賞中より終了後の方が大変のようですね。

交通規制も当然あります。

去年を例にとってみると

17:00~21:45まで

会場周辺は当日、車両乗り入れ禁止になります。

因みに去年はこんな感じです。

さらに、

周辺に駐車場の用意はされないみたいなので

お車での参加が断念された方が賢明かと・・・

車で行っても大渋滞が起こるのは簡単に予想がつきます。

車の渋滞ほど、ストレスが溜まるものはないですし

いくら混んでいても電車は前に進んでくれますから

公共の交通機関で参加されてくださいね♪

まとめ

今回は『板橋花火大会2017のおすすめ場所!混み具合と交通規制』

について書いてきました。

例年で50万以上の人でが見込まれることもあって

かなりの混雑が予測されますが

都内で関東最大級の仕掛け花火がみられる板橋花火大会は

魅力的なイベントですよね。

今回ご紹介したオススメ場所が楽しい夏の思い出作りに貢献できれば

幸いです♪

スポンサーリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る