葛飾納涼花火大会2017のおすすめ場所と屋台!混雑と交通規制は?

2017年の夏到来まであと数ヶ月。

夏のイベントが待ち遠しい方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

夏のイベントの恒例と言えば「花火大会」

花火は今や世界中で愛されているイベントですよね。

今年も例年通り日本国内でも全国各地で

多くの花火大会が実施される事は間違いないでしょう。

葛飾納涼花火大会は見物客から打ち上げ場所が近い事で知られる

臨場感満点の花火大会です。

柴又の帝釈天近くで実施されるため

東京下町の情緒も味わえることで有名です。

さらに

一か所で打ち上げられる花火の数では都内最多を誇るとなれば

イベント好きなら行かない手はないかと。

今回はこの葛飾納涼花火大会についておすすめ場所や屋台。

さらには、混雑状況や交通規制について書いていきます。

題して

『葛飾納涼花火大会2017のおすすめ場所と屋台!混雑と交通規制は?』

スポンサーリンク

葛飾納涼花火大会2017のおすすめ場所

葛飾納涼花火大会は江戸川の河川敷が会場となっています。

この河川敷はかなりの広さですから

他の花火大会に比べると比較的ゆっくりと

会場近辺でも花火見物を楽しめるのではないでしょうか。

オススメ場所① 江戸川河川敷(千葉県側)

名前の通り開催場所は葛飾区側ですが

江戸川河川敷で行われるため当然ながら千葉県側でも花火見学は可能です。

しかも、葛飾側よりも混雑度は少ないとなれば

対岸に渡ってでも行く価値はあるのではないでしょうか

オススメ場所② 新葛飾橋

橋の上からという事で

河川敷のように座って花火見物という訳にはいきませんが

打ち上げ場所からもそんなに距離はありませんから

花火の迫力を味わうのには十分にオススメできる場所といえます。

オススメ場所③ 柴又街道(帝釈天近辺)

河川敷からは若干離れてしまいますが

帝釈天付近で花火見物するのもありではないでしょうか?

例年この辺りは花火大会当日には交通規制が敷かれる場所ですから

車の心配をすることはないでしょう。

この周辺は今でも高層建造物がないので

絶好のポイントも比較的簡単に探し出す事ができそうですから

オススメです♪

オススメ場所④北総線付近河川敷

こちらの場所は新柴又駅から徒歩で20分ほど歩きますが

混雑を避けてゆっくりと花火見物をしたいあなたにオススメ。

花火会場からは離れていますが

高い建物がないので花火を味わうだけなら十分な場所ではないでしょうか?

葛飾納涼花火大会2017の屋台

花火と言えば花火そのもの意外に楽しみなのが屋台です。

屋台は通常、花火会場付近を連想するかもしれませんが

葛飾納涼花火大会の場合、それが当てはまらないようです。

近年は会場周辺には他の花火会場に比べて

屋台らしき店が少なくなってきているようです。

ですがご安心ください。
会場の近くには東京でも選りすぐりの観光スポット帝釈天があります!

この参道のお店で買い食いして花火と一緒に楽しんじゃいましょう!

葛飾納涼花火大会2017の混雑と交通規制

例年通りならば、混雑してくるのは17:00前後です。

こちらの例年通りなら開始時間が19:20ですから

結構早めに待機しておいた方が無難ですね。

まぁ帝釈天など会場付近には観光スポットが多いですから

その辺をブラッとするのも有りかもしれません。

さらに混雑と言えば一番大変なのが花火終了後です。

葛飾の花火大会の主な最寄り駅は

・柴又駅

・新柴又駅

・金町駅

中でも一番混雑するのは柴又駅です。

ご覧の通りかなりの混雑っぷりです。笑

帰りの混雑を避けたいなら河川敷付近で花火鑑賞をする場合は

若干早めに撤収を開始して

フィナーレは駅近辺で迎える、というのも一つの手かもしれません。

また、例年通り、開催されるなら

周辺の安全確保のため、交通規制は当然かかることが予測できます。

因みに去年の場合

当日17:00~22:00頃にかけて

花火会場付近は車両通行禁止になっています。

車両と言えば真っ先に思いつくのは自動車ですが

上の図にもあるように

原付を含め自転車の乗り入れも禁止される事が予想できます。

まとめ

今回は

『葛飾納涼花火大会2017のおすすめ場所と屋台!混雑と交通規制は?』

について書いてきました。

風情ある下町帝釈天から眺める花火。

考えただけでもイイ感じです。

先ほどは書きませんでしたが

東京スカイツリーからも当然見れそうですネww

まあ、こっちはかなりあっという間に埋まってしまいそうで

怖いですが・・・

いずれにせよ

下町の花火大会、ご興味がおありならば

是非、一度参加されてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る