足立の花火2017のおすすめスポット!屋台の場所や屋形船を調査

2017年ももうすぐ夏がやってきます。

毎年、夏になると数多くのイベントが開催されますが

その中でも花火大会を楽しみにしている方も多いのではないでしょうか?

足立の花火大会

河川改修工事によって1959年を最後に幕を閉じた「千住の花火大会」に対し

足立区民から花火大会復活を望む多くの声が寄せられた事から

開催されるようになったイベント。

毎年13000発を超える花火が1時間以内で打ち上げられる為

短い時間で大迫力の花火が楽しめる都内でも人気のイベントです。

そこで今回は足立の花火大会のおすすめスポットや屋形船情報

さらには、屋上の開放場所について予測してみたいと思います。

題して

『足立の花火2017のおすすめスポット!屋台の場所や屋形船を調査』

スポンサーリンク

足立の花火2017のおすすめスポット

例年、付近の花火大会の先陣を切って開催される足立の花火大会は

隅田川や東京湾の花火大会よりもゆっくり見物できる事で人気になっていますが

ここではそんな足立の花火大会のおすすめスポットをご紹介していきます。

おすすめスポット①扇大橋

打ち上げ会場から若干距離がありますが、その分、混雑はさけられます。

離れている分、足立名物のナイアガラが若干見えづらいかもしれませんが
その他の花火は十分に堪能する事ができるのでオススメのスポットです。

おすすめスポット②西新井橋緑地・尾竹橋通り

千住駅側の河川敷は毎年、かなり混雑しますが
対岸の河川敷はどの駅からも若干距離があるため
意外に混雑しなかったりします。

おすすめスポット③千住新橋野球場周辺

こちらも打ち上げ会場からは若干の距離がありますが
花火の迫力を感じるには十分なスポットです。

会場に比べ、最寄り駅の北千住駅からも近いですし
周辺に高い建物もありませんので、おすすめスポットです。

足立の花火2017の屋形船

先陣を切って開催される足立の花火の風物詩になっているのが屋形船です。
毎年、数々の目撃情報があり、羨望の的になっています。

花火大会当日は基本的に船上からの花火見物は禁止なんですが
許可を受ければ問題ありません。

花火見物するための屋形船は貸切りのみ
予算の相場は大体20000円前後を見とけば良いかと思います。

貸切りになってしまうので値ははりますが
その分、船上で食事をしながら優雅に花火見物できると考えると
良い買い物かもしれませんね♪

以下、屋形船の情報です。
ご興味ある方は参考にしてください。

あみ達
三浦屋
網さだ

足立の花火2017の屋台

花火大会には欠かせない屋台。
足立の花火大会にも勿論、屋台を楽しむことができますが

会場の河川敷は原則屋台が禁止なので

屋台を楽しむとすれば打ち上げ会場から離れた場所になります。

例年だと、屋台が出店している場所
最寄り駅から会場の荒川河川敷にかけて

特に屋台が密集している場所は
やはり北千住駅から花火会場へのルートです。

今年も花火会場の変更はないでしょうから
屋台が集中する場所も変わらないと思いますので
屋台を楽しむとしたら、北千住駅からのルートがオススメです。

まとめ

今回は『足立の花火2017のおすすめスポット!屋台の場所や屋形船を調査』
について書いてきました。

足立の花火は当日、かなりの人出が予測できますが
隅田川の花火大会に比べると穴場的スポットになっているようです。

東京でも上位の人気スポットですし、都心からも近いので
是非、足を運んでみてください。

スポンサーリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る