神宮外苑花火大会2017の穴場や混雑具合は?屋台の時間も!

2017年の今年ももうすぐ夏がやってきます

毎年、夏到来を待ち望んでいる方も多いのではないでしょうか?

そして、夏の風物詩と言えば、その一つに花火が挙げられます。

神宮外苑花火大会は毎年大人気の東京で有数の人気スポット。

毎年12000発もの花火が東京のど真ん中で打ち上げられるほか、

大物ゲストが登場するライブパフォーマンスが人気で

隅田川花火大会や東京湾大華火祭と並んで

東京三大花火大会の1つに数えられていますよね。

今回はそんな大人気の神宮外苑花火大会の穴場や混雑状況

さらには、屋台について書いてみたいと思います。

題して

『神宮外苑花火大会2017の穴場や混雑具合は?屋台の時間も!』

スポンサーリンク

神宮外苑花火大会2017の穴場

東京の真ん中で開催されアーティストのライブもあるため
かなりの人出が予想されますが
どのイベントでも必ず穴場というものは存在します。

そこでここからは超人気スポットである神宮外苑花火大会の穴場をご紹介します。

穴場スポット① 恵比寿ガーデンプレイス

38・39階には展望レストランがありますが
ここには無料の展望スペースがあり、花火鑑賞に最適です。

打ち上げ会場からは結構距離がありますが

花火の迫力を感じるには十分な穴場スポットとなっています。

穴場スポット② 聖徳記念絵画館前広場

神宮外苑の中にあるにも関わらず、穴場的スポットになっているのがココ。
絵画館の前の広場から奇麗に花火を眺めることができそうです。

穴場スポット③ 新宿高島屋屋上テラス

こちらは打ち上げ場所から距離がありますが
屋上テラスからの眺めは抜群です。

当日も神宮外苑から打ち上げられる花火の魅力を感じられる事は
間違いないでしょう。

穴場スポット④ 南青山ブルーノート近くの陸橋

この辺りはオシャレなお店も多いですし
花火見物がてら食事を楽しむのも有りではないでしょうか

穴場スポット⑤ 新宿都庁展望台

こちらも打ち上げ会場からは距離がありますが
東京タワーなどに比べて入場も無料ですし花火見物には最適な穴場です。
ただ、それだけに競争になる可能性もありますね 汗

神宮外苑花火大会2017の混雑

神宮外苑花火大会は東京三大花火大会の1つで

当日の人出は100万人以上とも言われていますから
混雑するのは当然、お覚悟ください。

ただし
東京のど真ん中で開催されるイベントだけに
利用できる最寄り駅はたくさんあります。

JRだと千駄ヶ谷駅 信濃町駅
東京メトロだと外苑前駅 青山一丁目駅
大江戸線だと国立競技場駅 などが挙げられますが

これらの駅は会場から近いため混雑する事が当然予測できます。

そこで少し離れた駅まで歩いて帰るのも一つの手段ではないでしょうか

例えば

表参道駅・北参道駅
これらの駅は会場から徒歩で15分程度の距離ですし

もっと歩いても平気、というあなたは代々木駅
この駅から会場までは徒歩で20分程度の距離です。

会場近辺で花火見物をされる予定の場合は
ぜひ、参考にしてみてください♪

神宮外苑花火大会2017の屋台

花火大会の屋台は例年数が少なくなる傾向にありますが
神宮外苑の花火大会はスポンサー各社のブースなどもあり
そこそこ出店が見込めます。

ですが屋台を楽しむのなら外苑の中よりも

最寄りの外苑前駅から神宮球場までの道のりが一番のスポットです。

そして気になる屋台の出店時間ですが
例年、開場が16:00なので
この時間より若干早めに出店している屋台を多いようです。

中には15:00頃からやっている屋台もあるみたいですね。

ただし、先ほども書きましたが
屋台の数は年々少なくなってきていますし
会場周辺の飲食店も店頭販売を実施しているみたいですので
こちらで買い食いして花火見物するのもいいかもしれませんね♪

まとめ

今回は『神宮外苑花火大会2017の穴場や混雑具合は?屋台の時間も!』

について書いてきました。

花火ありライブありと例年通り今年も大混雑が予想されます。

それででも尚、その人気度は衰える気配がありません。
あなたも混雑承知で足を運んでみてはいかがですか?

スポンサーリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る