小倉祇園太鼓2018の日程とアクセス!交通規制や駐車場情報

レスポンシブ(文字広告)

九州市小倉

工業地帯の中心地として栄え
森鴎外が軍医時代に過ごしたこの街で

毎年7月に開催されるのが『小倉祇園太鼓』

小倉祇園太鼓は
小倉八坂神社の対例祭として
江戸時代から続く由緒あるお祭りです

その歴史は約400年!

京都の祇園祭・博多祇園山笠とともに
『全国三大祇園』にも数えられるほど

この祭典を見るために毎年約30万もの人々が小倉の街を訪れます。

そこで今回は小倉の一大イベントである
『小倉祇園太鼓』について

『小倉祇園太鼓2018の日程とアクセス!交通規制や駐車場情報』と題して情報をまとめていきます。

スポンサーリンク

小倉祇園太鼓2018の日程とアクセス

開催日程2018年7月20日(金)~22日(日)
開催場所:小倉城・小倉市街地

スケジュール
7月20日(金) 宵祭
7月21日(土) 71回競演大会
7月22日(日) 30回据え太鼓競演会
44回太鼓広場「廻り祇園」

アクセス

電車をご利用なら
JR小倉駅 徒歩約15分
JR西小倉駅 徒歩約10分

お車をご利用なら
都市高速大手町出口 約5分

小倉祇園太鼓の一番の特徴は
「両面打ち」

これは全国でも非常に珍しい打ち方。

『ヤッサヤレヤレ』の掛け声とともに
山車に据えられた太鼓を表裏から
打ち鳴らし、小倉の街を練り歩く様は
迫力満点です!!

また、小倉祇園太鼓には「心得」が存在します。

太鼓の練習期間・時間帯
稽古作法
望ましい衣装 etc…

これらを読んだとき
私は、この祭りに対する小倉の人々の『誇り』を感じました。

伝統と品格を重んじるお祭り。
何だかカッコいいですね!

スポンサーリンク



小倉祇園太鼓2018の交通規制

小倉祇園太鼓開催期間中は県内外から大勢に観光客が訪れます。

よって、安全面から交通規制が敷かれます。

2018年の交通規制情報は現在のところ公表されていません。

しかし、例年、大きな変更はないようです。

よって、参考になると思いますので
2017年の規制状況を記載しておきます。

<2017年小倉祇園太鼓の交通規制>

宵祭が開催される初日は
大々的な規制が敷かれる事はないようです。

しかし、祇園太鼓が街を練り歩く土日には小倉城周辺並びに、小文字通り・ちゅうぎん通りを中心に交通規制が敷かれる模様です。

2日目と最終日とでは規制が敷かれる場所と時間帯も異なる点にご注意ください。

尚、2018年の交通規制は分かり次第、追記致します
それまで、しばしお待ち下さい。

小倉祇園太鼓2018の駐車場

先ほどの説明したように、祭り開催期間中はかなり混雑します。

よって、可能な限り公共交通機関を利用しての参加がオススメです。

しかし、例年、車で参加する方がいるのも事実です。

そこで、使えそうな駐車場をピックアップしてみました。

タイムズ小倉浅野

収容台数:119台
利用料金:30分/200円
最大料金
平日:24時間/700円
土日祝:24時間/1000円

タイムズみくに大手町パーキング

収容台数:85台
利用料金:40分/200円
最大料金:24時間/500円

タイムズ三萩野1丁目

収容台数:16台
利用料金:60分/100円
最大料金:24時間/500円

タイムズ門司駅前

収容台数:37台
利用料金:30分/100円
最大料金:24時間/600円

タイムズイオン戸畑ショッピングセンター

収容台数:1943台
利用料金:最初の60分/無料
以降 60分/100円
最大料金:24時間/400円

市営勝山公園地下駐車場は
小倉城から至近距離にあり便利に見えます。

しかし、お祭り開催期間中は利用可能時間に規制がかかるようです。

因みに2017年の規制時間帯

2日目:15:00~19:30
最終日:17:30~21:00

詳細が知りたい方はこちらからDLできます
↓  ↓  ↓  ↓
2017年勝山公園駐車場規制情報

まとめ

今回は『小倉祇園太鼓2018の日程とアクセス!交通規制や駐車場情報』について書いてきました。

約4000年もの歴史を誇り
小倉の夏の風物詩ともなっている
『小倉祇園太鼓』

「太鼓祇園」と呼ばれ、平成28年には
無形民俗文化財にも認定されています。

1年の中で小倉の街が一番盛り上がるこの祭典に是非、参加してみてください!

決して損はしないと思いますヨ♪

スポンサーリンク



関連コンテンツ広告コード
SNS上

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする