熱田祭り2018の花火穴場スポット!花火打ち上げ場所や時間も公開

レスポンシブ(文字広告)

知県熱田区

名古屋駅から電車で10分ほどの場所に位置するこの場所にあるのが熱田神宮

熱田神宮は創祀1900年を超えるとされる由緒ある神社

この熱田神宮で毎年6月5日に開催されるのが『熱田祭り』

このお祭りは熱田神宮における一番荘厳な祭り。

武道芸能が奉納される一方で
夕刻からはまきわらが点灯され1000発の花火が豪快に名古屋の夜空を彩ります。

そこで今回は名古屋の初夏の名物行事である熱田祭りについて

『熱田祭り2018の花火穴場スポット!花火打ち上げ場所や時間も公開』と題して情報をまとめていきます。

スポンサーリンク

熱田祭り2018の花火穴場スポット

熱田祭りの花火観戦の鉄板スポットは白鳥公園
その南にある白鳥庭園も人気のスポットです。

しかし、これらは混雑が予想されます。

どうせ見るなら穴場スポットが良いですよね?!

オススメの穴場スポットは7つ

①サンシャインKyoraku南
②名古屋国際会議場
③コジマ×ビックカメラ 熱田店
④イオンモール熱田店
⑤神宮東公園
⑥イオンモール新瑞橋
⑦ANAクラウンプラザホテルグランコート名古屋

①サンシャインKyoraku南

打ち上げ会場の南に位置する知る人ぞ知る穴場スポット。

ここは打ち上げ会場から結構距離があるので
至近距離で見るより迫力には欠けるかもしれません。

しかし、花火自体を楽しむには全く問題はないと思います。
混雑を避けてゆっくり花火を楽しみたい場合は最適ですヨ。

②名古屋国際会議場

ここは鉄板の白鳥公園の北側に位置する場所。

鉄板スポットに隣接しながら案外穴場のスポットになっているようです。

堀川を挟んで花火の打ち上げ会場からも近いため、
花火の迫力を十分に体感する事ができそうです。

③コジマ×ビックカメラ 熱田店

国際会議場のすぐ近くに位置し、周囲に高い建物もないので、花火見物には最適。

500台以上の駐車場が完備されていて、営業時間も21:00。

さらに、当然ながらトイレもありますので
お子さん連れでも安心して花火鑑賞できそうです。

スポンサーリンク



④イオンモール熱田店

花火打ち上げ会場から若干離れてしまいますが
花火を観戦するには問題なさそうです。

また、イオン熱田店で2000円以上の買い物をすると5時間まで駐車場が無料になります。
よって、車で来店して食料など買って花火見物に備えるのもアリですネ。

さらに、金山総合駅南口から無料のシャトルバスも出ていますので、車以外での来店も可能ですヨ。

⑤神宮東公園

ここは地元民しか知らない花火観戦スポット
特に、公園北側が穴場となっているようです。

熱田駅からも徒歩10分程度ですからアクセスもしやすそうです。

⑥イオンモール新瑞橋

ここはかなり打ち上げ会場から離れてしまいますが屋上から花火観戦ができるようです。

例年、18:00から屋上駐車場が花火観戦用に開放されるみたいです。

詳細はお店にご確認ください。
【イオン新瑞橋店(総合スーパー)052-857-3100 】

⑦ANAクラウンプラザホテルグランコート名古屋

金山駅南口出てスグのところに位置するホテル
このホテルでは例年、『熱田まつり花火鑑賞特別ブッフェ』が開催されます。

ホテルの2階にあるダイニングでリッチな食事を味わった後、11階で優雅な花火鑑賞を楽しめます。

因みに2017年の情報はこちらからどうぞ
↓  ↓  ↓  ↓
2017年熱田まつり花火鑑賞特別ブッフェ

熱田祭り2018の花火打ち上げ場所・時間

熱田祭りでは柔道や弓道、さらには、俳句・神楽などの武道・文芸が開催されます。
しかし、一番盛り上がるのは花火大会。

これら武道や文芸が開催されるのは熱田神宮内ですが
熱田祭りの花火の打ち上げられるのは熱田神宮ではありあません。

花火の打ち上げ場所は熱田神宮公園。

意外にも、これは勘違いされてる方が毎年、結構いらっしゃるようですのでご注意くださいネ。

また、花火の打ち上げ時間は現在のところまだ発表されていません。

しかし、毎年大きな変更はないようです。
よって、2017年の情報を記載しておきます。

2017年の熱田祭りの花火打ち上げ時間は19:40~20:30

熱田神宮のホームページを見てみると、
打ち上げ時間は19:30~との記載がありますが

昨年の打ち上げ時間は19:40~だったようです。

尚、2018年の情報は分かり次第、追記致しますので
しばしお待ち下さいネ。

まとめ

今回は『熱田祭り2018の花火穴場スポット!花火打ち上げ場所や時間も公開』について書いてきました。

愛知県民に初夏の訪れを告げる熱田祭りの花火は
毎年かなりの盛り上がりを見せます。

調べてみると、意外と穴場スポットはありそうです。

鉄板スポットで場所どりをして至近距離から体感するも良し
穴場スポットで楽しむも良し

今年は平日開催になりそうですから
週末開催に比べると混雑しないかもしれません。

思う存分初夏の花火を堪能してくださいネ!!

スポンサーリンク



関連コンテンツ広告コード
SNS上

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする