長野えびす講煙火大会2017の撮影穴場はどこ?気になるトイレの場所も調査!

花火大会は夏に開催される事が多いのは事実です。

しかし、日本各地には冬に開催される花火大会も結構あるのをご存知でしょうか?

長野えびす講煙火大会はそんな冬花火の内、日本トップクラスの花火大会として注目を集めています。

新幹線開通の影響もあって、例年30万人以上の観覧者がこの花火見たさに日本各地から集結してきます。

観覧者はその花火の迫力や美しさに感動して涙を流す方もいるとか・・・

そこで、今回は
『長野えびす講煙火大会2017の撮影穴場はどこ?気になるトイレの場所も調査!』と題して情報をまとめていきます。

スポンサーリンク

長野えびす講煙火大会2017

開催日
11月23日(木・勤労感謝の日) 雨天決行

時間帯
18:00~20:00

会場
犀川第二緑地公園(長野大橋西側)

今年で112回を迎える長野えびす講煙火大会
1899年に第1回が開催されて以降、120年の歴史を持つ由緒ある花火大会です。

その起源は地元西宮神社のご祭礼で、商売繁盛や五穀豊穣を祈願するお祭りだったそうです。

現在では、例年30万人以上の人出で賑わう大人気の花火大会になっています。

花火参戦のホテルを探してる貴方へ楽天トラベル

長野えびす講煙火大会2017の撮影穴場

穴場① 長野大橋

花火の打ち上げ場所の東側にある長野大橋。
この橋は打ち上げ場所の近くにある為、迫力満点の花火を十分に体感できます。

因みに、橋上の車両駐車は禁止されています。

穴場② 丹波島橋

こちらの橋は打ち上げ場所の西側に架かっている橋。
この橋も同じく打ち上げ場所から至近距離にある為、花火を間近に感じる事ができる穴場スポットです。

長野大橋と同じく、橋上の車両駐車は禁止です。

穴場③ エムウェーブ臨時駐車場

ここは打ち上げ場所から距離が離れる為、臨場感が減少するものの、周辺に高い建物はナイに等しいので、花火を観覧するには問題ないでしょう。

もし、車で参戦するならば、車内で花火鑑賞するのも良いかもしれませんね♪

穴場④ 日赤病院周辺

長野日赤病院は会場近辺にある病院です。
その日赤病院付近にある堤防道路も花火鑑賞の穴場スポットになっています。

穴場⑤ 欅屋びくら

こちらは長野駅前にある居酒屋さん。
店内からは長野市が一望できるつくりになっている為、花火会場が見える窓際に陣取れば、食事を味わいながら花火を観戦する事ができるでしょう。

長野駅善光寺口ウェストプラザ長野10階
<営業時間> 16:30~23:00

穴場⑥ ホテル国際21

こちらは長野駅から徒歩約15分の場所にあるホテル。
このホテルの最上階にあるレストランからも花火を観戦する事ができるようです。

ホテルの最上階で優雅にディナーを味わいながら花火観戦というのも、お洒落で良いかもしれません。

長野えびす講煙火大会2017会場のトイレは?

この花火大会は冬に行われる事もあって、やはり気になるのはトイレの場所、ではないでしょうか?

特に、長野は土地柄とても冷え込むことが予想できます。

情報によると、11月23日の長野市の気温
例年最高で10℃。最低で1℃まで下がるようです。

過去には雪が降った事もあるようなので、『完全防寒』で花火大会に参戦してください。笑

そして、気になるトイレの場所ですが
花火大会当日、会場に設けられるトイレは3カ所

①大黒シート横
②堤防西案内所横
③団体バス用駐車場内

①のトイレは大黒シートやえびすシートなど有料座席の横に設けられています。
よって、有料座席を確保しているアナタにはこちらのトイレが利用しやすいでしょう。

②のトイレは一般観覧エリア近くに設けられている為、このエリアで観戦されるなら、こちらのトイレが一番利用しやすいと思います。

しかし、一般観覧エリアで花火を観覧する方の方が圧倒的に多いでしょうから、混雑する可能性は高いと思われます。

③こちらのトイレは花火の打ち上げ場所から若干離れてしまいますが、その分、上記2つのトイレに比べると、混雑は少ないかもしれせん。

しかし、考えることは皆同じなので、混雑しないとは言い切れませんね 汗

因みに、こちらのトイレは男女別になっているようです。

花火参戦のホテルを探してる貴方へ楽天トラベル

まとめ

今回は『長野えびす講煙火大会2017の撮影穴場はどこ?気になるトイレの場所も調査!』について書いてきました。

日本トップクラスの花火師が携わっている事でも有名な長野えびす講煙火大会。
全国から花火師が鑑賞に訪れるくらい素晴らしい花火が長野冬の空を彩る様は圧巻の一言でしょう。

長野新幹線が開通したこともあって、関東などからも日帰りで参戦できる環境は整っています。
少しでも興味がある方は一度参戦してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る