江南藤まつり2018の開花状況!アクセスに駐車場や屋台情報も公開

レスポンシブ(文字広告)

知県江南市。

愛知県の北部に位置するこの都市にある曼荼羅寺公園。

この公園は14世紀、後醍醐天皇の命により建てられた曼荼羅寺に隣接します。

曼荼羅寺公園は「藤の名所」として有名。

毎年、藤の開花時期になると、紫・紅・白と様々な色の美しい花を咲かせます。

そして、ちょうどこの時期に合わせて開催されるのが『江南藤まつり』

開催期間中にはイベントの開催や屋台の出店もあり、例年かなりの賑わいを見せる人気のイベントとなっています。

そこで今回は、この江南藤まつりに関する情報をまとめていきます。

題して
『江南藤まつり2018の開花状況!アクセスに駐車場や屋台情報も公開』

スポンサーリンク

江南藤まつり2018の基本情報

開催日程:現在のところ、未発表。発表され次第、追記致します。

開催場所:曼陀羅寺公園

江南藤まつりは例年、曼陀羅寺公園で開催されます。

近郊にお住まいでも、曼陀羅寺境内で開催されると勘違いされている方もいらっしゃるようです。

屋台は境内にも出店されますが、藤まつり自体は公園で開催されますのでご注意くださいネ♪

まぁ、お寺は公園の隣にありますから、間違っても大して問題ではありませんが 笑

詳細は下記連絡先までお問い合わせください。
【江南藤まつり運営協議会事務局 0587-54-1111】

江南藤まつり2018のアクセス

電車をご利用なら
江南藤まつりが開催される曼陀羅寺公園は最寄り駅から若干距離があります。

最寄り駅は3つ
犬山線江南駅
名鉄本線名鉄一宮駅
JR尾張一宮駅

江南駅から
名鉄バス【江南団地行き】約15分。
「曼荼羅寺」バス停下車 徒歩約2分。
※バスは約15分毎の運行

名鉄本線名鉄一宮駅・JR尾張一宮駅から
名鉄バス【江南団地行き】約30分。
「曼荼羅寺」バス停下車 徒歩約2分。
※バスは約1時間毎の運行

また、藤まつり開催期間中は例年、無料のシャトルバスが運行されます。

詳細は現在のところ、公開されていませんが例年、土日限定の運行のようです。

運行ルートは曼陀羅寺公園~音楽寺~フラワーパーク江南。

どうやら江南駅へは行かないようです。

お車をご利用なら

関西方面から
東海北陸自動車道 一宮木曽川IC ⇒ 約30分

東京方面から
名神高速道路 小牧IC ⇒ 約30分

名古屋市内から
県道名古屋江南線 ⇒ 江南市内 ⇒ 曼荼羅寺公園

江南藤まつり2018の開花状況

江南藤まつりが開催される曼陀羅寺公園の藤の見頃は例年、4月中旬~5月上旬 。

例年、藤の開花時期になると、12種60本あると言われる藤が美しい花を咲き誇ります。

早咲きから遅咲きまで揃った園内の藤棚では紫・紅・白など様々な色の藤の花が楽しめます。

また、この時期は園内では藤のほかにツツジもちょうど開花時期を迎え、園内は別世界にいるような錯覚を覚えるかもしれません。

尚、曼陀羅寺公園の藤の開花状況は例年、下記サイトで定期的に更新されます。

江南藤まつりを100%楽しみたいアナタは事前に確認してみてください。
↓  ↓  ↓  ↓
江南市観光協会公式サイト

スポンサーリンク



江南藤まつり2018の駐車場

曼荼羅寺公園周辺には観光協会指定の駐車場が完備されています。

場所は14カ所。料金は3時間/500円との事。

駐車場案内図のダウンロードはこちらから
↓  ↓  ↓  ↓
観光協会指定駐車場

詳細が知りたいアナタはこちらからどうぞ
【江南市観光協会 0587-54-1111】

曼荼羅寺公園周辺には駐車場が完備されています。

しかし、藤まつり期間中は周辺は大変混雑する可能性が高いです。

よって、最寄り駅周辺の駐車場を何件かピックアップしてみました。

名鉄協商江南駅南

収容台数:40台
利用料金:30分/100円
営業時間:24時間

スペースECO 江南駅前第5

収容台数:20台
利用料金:1日/500円
営業時間:24時間

名鉄協商一宮第2

収容台数:52台
利用料金:60分/200円
営業時間:24時間

名鉄協商一宮第8

収容台数:26台
利用料金:40分/200円
営業時間:24時間

江南藤まつり2018の屋台

江南藤まつり開催期間中には多くの屋台が出店します。

曼陀羅寺公園や曼陀羅寺参道に屋台が居並び、かなり盛り上がるようです。

田楽
タケノコご飯
イカ焼き
ビール etc…

近年お祭りになると、屋台が減る傾向にあります。

しかし、江南藤祭りでは屋台の数も種類も豊富なようですね。

また中には、こんなものも味わえるみたいですヨ。
↓     ↓     ↓     ↓

これは屋台じゃないかもしれませんが、しそ饅頭とはなかなか風流なものを味わえるお祭りなようです。

まとめ

今回は『江南藤まつり2018の開花状況!アクセスに駐車場や屋台情報も公開』について書いてきました。

江南市は愛知県北部にあり、観光名所である犬山市からもほど近い都市です。

藤を楽しんだ後は、ちょっと足を延ばして犬山観光も楽しんでみてはいかがでしょうか?

犬山城天守閣から眺める木曽川が最高の景色です!

一見の価値ありですから是非足を運んでみてくださいネ

スポンサーリンク



関連コンテンツ広告コード
SNS上

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る