万博記念公園桜祭り2018の開花情報や見頃!駐車場と屋台情報も公開

レスポンシブ(文字広告)

博記念公園

日本万博博覧会が開催された跡地にあるこの公園は桜の名所として有名な場所でもあります。

園内にはソメイヨシノ・八重桜など9種・5500本もの桜が管理されています。

毎年、桜の見頃になると、園内の各所に植えられてた桜が各々の魅力をアピールするかの如く、美しい花を咲き誇ります。

桜のシーズンには例年、「万博記念公園桜まつり」が開催。

関西有数のお花見スポットになっており、例年約20万人の人出があります。

そこで今回は、この万博記念公園の桜に関する情報をまとめていきます。

題して
『万博記念公園桜祭り2018の開花情報や見頃!駐車場と屋台情報も公開』

スポンサーリンク

万博記念公園桜祭り2018の基本情報

開催日程:例年、3月下旬~4月中旬。詳細にっては公開され次第、追記致します。
開園時間9:30~21:00 ※桜まつり期間中に限り、21:00まで延長
入場料金大人/250円 小中学生/70円
開催場所:万博記念公園 東大路

アクセス
電車をご利用なら
大阪モノレール線万博記念公園駅 徒歩約5分

お車をご利用なら
中国自動車道中国吹田IC 車でスグ

例年、桜まつり開催中は開園時間を21:00まで延長(普段は17:30)

また、桜まつり開催中には東大路の桜並木でライトアップも行われます。

ライトアップ時間は18:00~21:00。

桜まつりやアクセスなど詳細な情報は下記連絡先までお問い合わせください。
【万博記念公園総合案内所 06-6877-7387】

万博記念公園桜祭り2018の開花情報や見頃

万博記念公園の桜の見頃は例年、3月下旬~4月上旬。

因みに、2017年の開花状況や見頃は以下の通り。

咲き始め:3月30日
三分咲き:4月 4日
五分咲き:4月 5日
七分咲き:4月 6日
満開 :4月 7日
散り始め:4月11日
葉桜 :4月24日

万博記念公園内には複数の桜の見処があります。

せせらぎ広場ではシダレザクラ
東の広場・日本庭園州浜では八重桜
東大路には500本の桜並木

各場所では品種の違った桜の花が咲き乱れ、それぞれの異なる魅力を楽しむ事ができます。

特に、東大路の桜並木は夜間ライトアップが実施されます。

昼間とは違った雰囲気の中夜桜をお楽しみください♪

ここで昨年訪れた方々のツイートをご覧ください。

尚、万博記念公園の桜の開花情報や見頃は以下のリンク先で定期的に更新されています。

見頃が気になるアナタは万博へ桜観賞に出かける前に確認してみてくださいネ
↓  ↓  ↓  ↓
万博記念公園公式サイト 桜の開花状況

スポンサーリンク



万博記念公園桜祭り2018の駐車場

万博記念公園には野球場やガンバ大阪のホーム・吹田スタジアムもある事から駐車場は充実しています。

園内にある駐車場は計6カ所。

東駐車場(収容台数:998台)
南駐車場(収容台数:1218台)
中央駐車場(収容台数:971台)
西第1駐車場(収容台数:691台)
日本庭園前駐車場(収容台数:616台)
EXPOCITY(収容台数:4070台)

総収容台数は約8500台。

各駐車場の利用料金は以下の通り。(料金は普通車と二輪車のみ記載します)

EXPOCITY以外の駐車場

普通車
2時間まで/400円
3時間まで/600円
4時間まで/800円
4時間超/1,000円
二輪車
1日/200円

これらの駐車場の利用状況は公式サイトにて随時更新されます。

桜まつり開催中は混雑が予想されますから、重宝すると思いますヨ。
↓  ↓  ↓  ↓
万博記念公園駐車場利用状況

EXPOCITY駐車場

基本料金:30分:200円

※こちらの駐車場はEXPOCITYでショッピングをした場合、お買い上げ金額によって無料サービスが受けられます。

詳しい情報は下記リンク先よりご確認下さいネ
↓  ↓  ↓  ↓
ららぽーとEXPOCITY 駐車場情報

万博記念公園桜祭り2018の屋台

万博記念公園では桜祭り開催中、多くの屋台で賑わいます。

中には、桜の見頃以前から出店している屋台もあるとかないとか。。。

これらの屋台では

お好み焼き
唐揚げ
ホルモン焼き
ビール etc…

鉄板の屋台グルメを中心にいろんな味が食せるようです♪

まとめ

今回は『万博記念公園桜祭り2018の開花情報や見頃!駐車場と屋台情報も公開』について書いてきました。

万博記念公園の桜は「日本桜の名所100選」にも選ばれており、かなり人気のある桜のスポット。

情報によると、桜祭り開催期間とガンバ大阪のナイトゲームが重なった場合
昼間:桜のお花見 ⇒ 夜:ガンバのゲーム

といった流れの人々が結構いるようです。

このケースでは、園内は普段以上の賑わいを見せるようです。

1カ所でこのような楽しみ方ができる公園があるのは結構羨ましく感じます。

1日通して桜で楽しむも良し。

違う楽しみを味わうも良し。

2018年の桜のシーズンに吹田に行かれる予定のアナタは、今から待ち遠しいのではないでしょうか?

スポンサーリンク



関連コンテンツ広告コード
SNS上

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る