くらやみ祭り2018の交通規制や駐車場!屋台や山車情報も

レスポンシブ(文字広告)

京都府中市

古くは武蔵国の国府があったこの街で
毎年5月の連休中に開催されるのが大國魂神社の『くらやみ祭り』

その歴史は古く、室町時代の書物にも記録があるほどで
江戸時代には江戸中から大勢の見物客で賑わっていたそうです。

その人気は現在でも衰える事はなく
開催期間中には東京都内外から参加者が殺到するほど

因みに、開催期間中の人出は約70万人!

東京のみならず関東を代表する一大イベントとなっています。

そこで今回はこのビッグイベントである『くらやみ祭り』について

『くらやみ祭り2018の交通規制や駐車場!屋台や山車情報も』
と題して情報をまとめていきます。

スポンサーリンク

くらやみ祭り2018の日程・スケジュール

開催期間2018年4月30日~5月6日 
開催場所:大國魂神社

<スケジュール>
4月30日~5月2日までは「本番」に入るまで『身を清める』儀式が繰り広げられます。

そして、5月3日からはいよいよ『くらやみ祭り』のメインがスタート

一番のメインである「例祭」は5月5日の開催。

他には、
山車の巡業
駿馬を朝廷に献上するために執り行われてきた「競馬式」
太鼓の饗宴など数多くの見どころが満載です!

※詳細については現在のところ発表されていません。
よって、発表され次第、追記致します。
しばし、お待ちください。

くらやみ祭り2018の交通規制

これだけ大規模なお祭りですから、当然ながら交通規制は敷かれます。

しかし、交通規制についても現在のところ、発表されていません。
ですが、交通規制が敷かれる場所は例年大きな変化がないようです。

よって、参考になると思いますので、昨年の交通規制を記載しておきます。

2018年のくらやみ祭りの交通規制が発表されていましので、追記致します。

<2018年『くらやみ祭り』交通規制>

ご覧通り、交通規制が敷かれるのは祭りのメインとなる5月3日から。

また、各日ごとに交通規制が敷かれる場所と時間帯が異なるのでご注意ください。

加えて、上記以外の場所でも交通規制が敷かれる可能性もあるようです。

更に、毎週日曜日、祝・休日に実施されているけやき並木通りの交通規制も
普段通り、実施されます。

規制時間は12:00~18:00

詳細は以下のリンク先からどうぞ
↓  ↓  ↓  ↓
けやき並木通り交通規制

くらやみ祭り2018の駐車場

先ほどもお伝えした通り、祭り開催期間中は例年70万人もの人出があります。

さらには、交通規制も敷かれますので、参加するには公共交通機関のご利用を強くオススメします。

しかしながら、中には車での参加を考えてる方もいらっしゃると思います。

そこで、周辺の使えそうな駐車場を調べてみました。
車での参加をお考えの貴方は、是非参考にしてみてくださいネ。

タイムズドン・キホーテ府中店

収容台数:142台
出入庫可能時間:10:00~3:00
利用料金:10:00~00:00 400円/60分
00:00~10:00 100円/60分

タイムズMINANO分倍河原

収容台数:440台
出入庫可能時間:24時間
利用料金: 8:00-10:00 200円/30分
10:00-01:00 200円/30分
1:00-08:00 100円/60分

タイムズ南多摩

収容台数:29台
出入庫可能時間:24時間
利用料金: 8:00-22:00 100円/20分
22:00-08:00 100円/60分

タイムズ西国分寺ライフタワー

収容台数:25台
出入庫可能時間:24時間
利用料金: 8:00-00:00 150円/30分
00:00-08:00 100円/60分

最寄り駅の府中駅や府中本町駅から数駅離れた駅前に駐車する『パークアンドライド』を使うのも1つの手段だと思われます。

数駅離れた場所なら祭りの渋滞に巻き込まれる可能性も低くなります。

よって、お車で参加される場合は、考えてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク



くらやみ祭り2018の屋台

屋台が出店されるのは5月3日~5月5日

先ほどもお伝えした通り、『くらやみ祭り』がメインは5月3日から。

よって、屋台の例年、これに合わせて出店されます。

『くらやみ祭り』はその名の通り、夕方から開催されます。

中には朝から出店している屋台もあるようですが
屋台の出店がピークを迎えるのは例年16:30頃からのようです。

ベビーカステラ
あんず飴
キチンステーキ
たこ焼き
ビール♪ erc…

屋台の数約500店!!

その種類もかなりのものですから
祭りの雰囲気と相まってテンションが挙がる事は間違いないでしょう!

因みに、屋台の出店場所は大國魂神社の境内の中。
大鳥居をくぐるとズラっと屋台が居並びますヨ♪

くらやみ祭り2018の山車

『くらやみ祭り』開催期間中には府中市内の山車が勢ぞろいします。

大國魂神社の大鳥居前の旧甲州街道とけやき並木を中心に20台以上の山車が練り歩く様は圧巻の一言です。

山車は「西山車」と「東山車」に分かれ
それぞれ府中囃子目黒流(西山車)と府中囃子船橋流(東山車)の囃子に合わせて競演します。

また、この府中囃子は府中の「郷土芸能」となっており
このお囃子を楽しみに『くらやみ祭り』に参戦する方々もかなり多いようです。

このような伝統芸能が後世にうまく伝わっているのは喜ばしい事ですネ。

まとめ

今回は『くらやみ祭り2018の交通規制や駐車場!屋台や山車情報も』について書いてきました。

実は、私は昨年にこの『くらやみ祭り』に参戦する予定だったのですが、前日に風邪でダウンするという大失態を犯してしまい参戦できませんでした。

大國魂神社へは初詣で何度も足を運んだ事がありますが『くらやみ祭り』への参戦はまだ叶っていません。

よって、今年こそは必ず参戦しようと思っています。

まだ参戦したことがないアナタ、
少しでも興味があるならば、参戦して損はないと思います。
是非、参戦してみてはいかがでしょうか?

人が多いのが『玉に瑕』ですが楽しめる事は間違いないと思いますヨ!!

スポンサーリンク



関連コンテンツ広告コード
SNS上

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする