浜松まつり2018の交通規制や駐車場!屋台の種類と場所はどこ?

レスポンシブ(文字広告)

岡県浜松市

東海道の宿場町として栄えたこの街でGWに開催されるのが『浜松まつり』

普段は静かな浜松の街が開催期間中は人々の熱気で包まれます。

まつりメインは「凧揚げ合戦」と「御殿屋台」

その熱狂ぶりはマスコミで報道されるほどで、そのおかげで海外からの参加者も増加しているとか・・・

そこで今回は浜松の一大イベントである浜松まつりについて

『浜松まつり2018の交通規制や駐車場!屋台の種類と場所はどこ?』と題して情報をまとめていきます。

スポンサーリンク

浜松まつり2018の基本情報

開催日程2018年5月3日~5日
開催時間中之島会場(凧揚げ) / 10:00〜15:00
     浜松市街地会場(御殿屋台) / 18:30〜21:00

中之島会場

浜松市街地会場

浜松まつりの歴史は古く
記録の残っているもので寛政年間(1789~1800年)

初子の誕生を祝う「初凧」を大空にあげる事で、子供の健康や成長を願う事が起源となっています。

凧揚げ会場で行われる「凧揚げ合戦」真剣勝負!

最期まで勝ち残った凧の子供は出世が確約される、と伝わっているそうです。

浜松まつり2018の交通規制

浜松まつりは浜松の街を挙げてのビッグイベント。

国内外から観光客が集結するので、当然ながら、交通規制が敷かれます。

2018年の浜松まつりの交通規制情報は現在のところ未発表です

しかし、例年大幅な変更はないようです。
よって、昨年の交通規制の情報を記載しておきます。

~追記~

2018年の浜松祭りの交通規制が公開されましたので、記載致します。

<2018年浜松まつり交通規制>

◆市中心部会場(浜松駅周辺)◆

規制期間:5月3日~5日
規制時間帯:17:00~21:00

◆凧揚げ会場(中田島会場)◆

規制期間:5月3日~5日
規制時間帯:9:00~16:00

凧揚げ会場には駐車場はありませんので
会場にお越しの際には、シャトルバスかタクシーをご利用ください。

タクシー発着場から凧揚げ会場までは徒歩約1分。
シャトルバス乗降場はから凧揚げ会場までは徒歩で約15分です。

詳細は以下のリンク先からダウンロードしてご覧ください
↓  ↓  ↓  ↓
2018年浜松祭り交通規制

スポンサーリンク



浜松まつり2018の駐車場

浜松まつり開催期間中には臨時駐車場が飯田公園に設けられます。

収容台数は約1200台。
料金は無料。

そして、ここからも凧揚げ会場へのシャトルバスが運行されます。
よって、凧揚げ会場へ向かう方は、このバスをご利用ください。

臨時駐車場は1200台収容できるとは言え
人気のイベントだけにこの駐車場もすぐに満車になるようです。

そこで、周辺で使えそうな駐車場をピックアップしてみました。

車での参加を予定されてる場合は、参考してください。

タイムズアミカ磐田店

収容台数:55台
利用料金:平日/60分 100円
土日祝/60分 100円
入出庫可能時間:24時間

タイムズ磐田駅南口

収容台数:38台
利用料金: 7:00~22:00 60分 200円
22:00~ 7:00 60分 100円
入出庫可能時間:24時間

スペースECO 磐田駅前

収容台数:38台
利用料金: 300円(入庫から24時間まで)
入出庫可能時間:24時間

スペースECO 高塚駅前

収容台数:20台
利用料金:400円(入庫より24時間まで)
入出庫可能時間:24時間

スペースECO 舞阪駅前第2

収容台数:25台
利用料金:700円(入庫より24時間まで)
入出庫可能時間:24時間

浜松まつり2018の屋台の場所

浜松まつりの屋台は2種類に分類できます。

①御殿屋台
②世界の屋台

①御殿屋台
御殿屋台の曳き回しが行われる舞台は浜松駅周辺市街地。

メインは広小路通り・鍛治町通りで
時間帯は18:30~21:00です。

浜松まつりでは、神輿を担ぐのではなく「御殿屋台」という巨大な屋台を曳き回すのが特徴。

御殿屋台のド派手さとスケールの大きさは毎年、参加者を圧倒します。

御殿屋台をじっくりと見学したい場合
最適な場所はソラモです。

普段は見る事ができない大凧や屋台を至近距離で見学する事ができます。

写真撮影もOKなので、ゆっくりと眺めたい方はこちらが最適ですヨ。

②世界の屋台
お腹を満たすならこちら。
祭りと言えば、やはりフード屋台は欠かせませんよね!?

場所はアクトシティサンクンプラザ

様々な味の屋台がズラっと軒を連ねているので、どれを味わうか迷ってしまうくらいですヨ。

まとめ

今回は『浜松まつり2018の交通規制や駐車場!屋台の種類と場所はどこ?』について書いてきました。

昼間は真剣勝負の「凧合戦」
夜は豪華絢爛な「御殿屋台」

2つの楽しみ方ができる浜松まつり。

人でごった返す事は避けられないとは思いますが、それを
上回る魅力がありますよね?!

まだ参加刺したことがない方は、今年こそは参加してみてはいかがでしょうか?

5月の連休を満喫するにふさわしいイベントだと思いますヨ!!

スポンサーリンク



関連コンテンツ広告コード
SNS上

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする