葵祭2018のルートと穴場!交通規制に駐車場は?

レスポンシブ(文字広告)

都府京都市

古くから日本の中心として発達してきた歴史あるこの街で
毎年5月に開催されるのが『葵祭』

葵祭は祇園祭・時代祭と並び「京都三大祭」の1つ
加えて、京都最古の祭として京都の人々に親しまれてきました。

平安時代の装束を身にまとった500名以上の行列が
京都の街を練り歩く様は壮観

この優雅な行列を見物する為に、日本全国から毎年2万人もの観光客が京都に集結します。

そこで、今回は京都並びに、
日本を代表する歴史ある祭典の1つ『葵祭』について

『葵祭2018のルートと穴場!交通規制に駐車場は?』
と題して情報をまとめていきます。

スポンサーリンク

葵祭2018の基本情報

開催日程2018年5月15日(火) ※雨天の場合は翌日に順延
開催時間:【午前】10:30~11:40
【午後】14:20~15:30
※時間帯は状況により左右する事があります。

葵祭2018のルート

2018年の葵祭の行列ルートは現在のところ、発表されていません。

~追記~

2018年の葵祭の行列のルートが判明しましたので、記載致します。

<2018年葵祭行列ルート>

京都御所出発(10:30) ⇒ 堺町御門 ⇒ 丸太町通(10:50) ⇒
河原町通 ⇒ 出町橋(11:15) ⇒ 下鴨神社到着(11:40)

下鴨神社出発(14:20) ⇒ 洛北高校前(14:40) ⇒ 北大路通 ⇒
北大路橋(14:55) ⇒ 賀茂川堤 ⇒ 上賀茂神社到着(15:30)

葵祭の行列は「本列」と「斎王代列」に分類されます。

「本列」は天皇の使いである「勅使」を中心とした行列
「斎王代列」は「斎王代」を中心とした行列

「斎王代列」は「女人列」と呼ばれ
平安時代の「女官」や「巫女」などの姿に扮した女性が練り歩く様は優雅の一言に尽きます。

この行列の中心である「斎王代」には現在
市民の中から未婚女性が選ばれるようです。

十二単を身に纏った「斎王代」が神輿に乗った姿は必見でしょう。

上賀茂神社、下鴨神社両社に到着後行われる
『社頭の儀』にも注目!

『社頭の儀』は葵祭で最も重要な儀式の1つ。
勅使が御祭文を奏上した後、「神馬の牽き回し」や舞人による「東遊」の舞が行われます。

葵祭への参加者はこの儀式を目当てに参加する方が多くいらっしゃるようですネ。

葵祭2018の穴場

葵祭には2万人もの人々が集まる為混雑は必至ですが
行列が練り歩く範囲が広い為、案外、穴場は存在するようです。

河原町通東側

京都御所を出発した行列一行が丸太通りの次に通過するのが河原町通
この通りは丸太町通と比較すると例年、人出が少なく案外穴場となっています。
特に、通りの東側は狙い目のようです。

賀茂街道
この道も他のスポットに比べると人出が少ないようです。
賀茂川沿いを走る一車線を行列が練り歩くため、至近距離で行列を見物するチャンスですネ

上賀茂神社
下鴨神社と比較すると行列を見物スペースが広く
また、有料席がない為、下鴨神社よりもゆったりと行列を堪能する事ができます。

また、参道には芝生席もあり
「走馬の儀」では参道を疾走する馬を見物する事もできます。
もちろん、芝生席は無料ですヨ。

スポンサーリンク



葵祭2018の交通規制

葵祭は京都を代表する季節の行事の1つ。

安全面から当然ながら、当日は交通規制が敷かれます。

しかし、現在のところ、2018年の交通規制情報は公開されていませんでした。

先ほども書きましたが、行列ルートが大幅に変更される可能性が低い事から、規制区域も同様に大きな変更はされないと考えられます。

そこで、2017年に敷かれた交通規制の状況をご紹介します。

<2017年葵祭の交通規制>

尚、行列ルート同様に、2018年の交通規制情報も発表され次第、追記致します

もうしばらくお待ち下さい。

~追記~

2018年の葵祭における交通規制が分かりましたので追記致します。

<2018年葵祭交通規制>

ご覧の通り、例年通り、2018年も規制状況は変化ない模様ですネ。

葵祭2018の駐車場

葵祭開催当日には、日本全国から観光客が集まります。

よって、参加するには公共交通機関のご利用を強くオススメします。

しかしながら、自家用車で参加される方が一定数存在するのも事実です。

そこで、ここからは、葵祭に参加する為に
使えそうな駐車場を何カ所かピックアップしてみました。

混雑が避けられる可能性が高い為、
行列の最寄り駅から若干離れた駐車場を選んでみました。

車で参加予定の方は是非参考にしてみてください。

タイムズコジマ×ビックカメラ高野店

収容台数:105台
利用料金:30分/200円
入出庫可能時間:24時間

タイムズ京阪三条駅北

収容台数:24台
利用料金:8:00-00:00 40分/200円
00:00-08:00 60分/100円
入出庫可能時間:24時間

タイムズ北山駅前2

収容台数:19台
利用料金:8:00-22:00 40分/200円
22:00-08:00 60分/100円
入出庫可能時間:24時間

タイムズ四条大橋第2

収容台数:14台
利用料金:15分/200円
入出庫可能時間:24時間

まとめ

今回は『葵祭2018のルートと穴場!交通規制に駐車場は?』について書いてきました。

今年の葵祭の開催日は平日ですが、例年通り、かなり多くの人出が見込まれます。

しかし、行列が長距離を練り歩く為、案外、穴場スポットも存在します。

古の装束を身に纏った優雅な行列が見られる貴重なチャンスです。

参加しようかどうか?迷っているなら
是非参加してみてください。

有意義な時間が過ごせることは間違いないと思いますヨ♪

スポンサーリンク



関連コンテンツ広告コード
SNS上

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする