長谷寺の紫陽花2018の整理券情報!配布終了や再入場可能時間は?

レスポンシブ(文字広告)

倉市は昭和以降、日本を代表する観光地として世界的にも有名な街。

そんな鎌倉の中でも紫陽花の名所として有名なのが『長谷寺』

境内には日本有数の観音像が安置され、通称「長谷観音」と呼ばれています。

長谷寺には「長谷潮騒」などのお寺自ら命名した紫陽花の他に、40種以上の紫陽花がシーズンに咲き乱れる光景は圧巻です。

紫陽花の見頃には日本全国から観光客が殺到するスポットでもあり、例年、非常に混雑するようです。

そこで今回は
『長谷寺の紫陽花2018の整理券情報!配布終了や再入場可能時間は?』と題して情報をまとめていきます。

スポンサーリンク

長谷寺の紫陽花2018の整理券、配布は?

整理券が配布されるのは混雑してきた時のみです。

人の渋滞が起こり安全面などを配慮して入場規制を敷くために配布されます。

入場規制が敷かれる場所は『あじさい路』のみ

とは言え、長谷寺は紫陽花の名所として有名なスポットですから、

紫陽花のシーズンは間違いなく混雑すると思います。

シーズン中は例外なく整理券の配布は実施されると思っておいて間違いないでしょう。

因みに、入場規制が敷かれるのは「あじさい路」のみですから

観音堂や阿弥陀堂など境内にある他の場所にお参りに向かうのに規制はかかりません。

長谷寺の紫陽花2018の見ごろや開花状況!混雑を避けるポイントは?

長谷寺の紫陽花2018の整理券配布場所は?

「あじさい路」が混雑した場合に配布される整理券。

この整理券を受け取る場所は『入山口』です。

因みに、長谷寺は「下境内」と「上境内」に分かれていて『入山口』は「下境内」にあります。

整理券には通し番号の記載があって
自分の番号が来れば入場ができるシステムになっています。

基本的に1つの番号につき15分程度で順番に案内されるようです。

しかし、中にはこんな情報も・・・

さすが日本有数の紫陽花の人気スポット。
その混雑ぶりはハンパないようです。

スポンサーリンク



紫陽花の名所in関東<神奈川>七変化を観るならココがおすすめ

長谷寺の紫陽花2018の整理券の配布終了時間

シーズンになると例年、配布されることになる整理券。

この整理券は一日中配布される訳ではありません。

整理券が配布されるのは16:00まで

それ以降の配布はありません。

案外、この情報を知らない方が多いようで
整理券を受け取れず、入場を断念した、なんてことも結構多いようです。

整理券があれば再入場は可能!最終時間は?

「あじさい路」へは整理券と拝観券を持っていれば
当日に限り再入場が可能です。

ですから、長谷寺到着後、混雑していた場合

整理券を受け取ったら、自分の整理券番号が来るまで
他の観光地を巡るのもアリです。

幸いにも鎌倉は観光するスポットは無数にあります。

あり過ぎてどこに行こうか困っちゃうくらいありますから、観光地を探すのには困らないのではないでしょうか?

但し、再入場にも最終時間があります。

再入場の最終時間は以下の通り。

平日:17:00まで
土日:18:00まで

この時間以降の受け入れはありませんので
時間帯にはくれぐれもご注意くださいネ♪

紫陽花の名所in関東<東京都>八仙花を観るならココがおすすめ

まとめ

今回は『長谷寺の紫陽花2018の整理券情報!配布終了や再入場可能時間は?』について書いてきました。

どうやら紫陽花のシーズンの混雑ぶりは予想を超えるものがありそうです。

訪れる人々は混雑するのは分かっているはず。

にも関わらず、毎年多くの観光客が訪れる訳ですから、
その魅力がどれほどのものか想像できますよね!?

鎌倉が誇る長谷寺の紫陽花。
まだ訪れた事がないなら、是非今年こそは鑑賞してみてはいかがでしょうか?

長谷寺の紫陽花2018の見ごろや開花状況!混雑を避けるポイントは?

スポンサーリンク



関連コンテンツ広告コード
SNS上

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする