防府基地航空祭2018の駐車場やシャトルバス情報!ブルーは来る?

レスポンシブ(文字広告)

口県防府市

『花燃ゆ』の主人公である杉文が
晩年過ごしたことで知られるこの街にあるのが航空自衛隊防府北基地

防府北基地はパイロット養成部隊が配置される基地であり

パイロットの金の卵たちが日々訓練に励んでいます。

この基地で毎年6月に開催されるのが
防府基地航空祭

2015年から2年連続でブルーインパルスの飛行が行われたほか、アメリカ空軍のF16のアクロバット飛行など

航空ファンにとっては見処満載のイベントとなっています。

そこで今回は防府基地航空祭について

『防府基地航空祭2018の駐車場やシャトルバス情報!ブルーは来る?』と題して情報をまとめていきます。

スポンサーリンク

防府基地航空祭2018の基本情報

開催日程2018年6月3日(日)
開催場所:航空自衛隊防府北基地

アクセス
JR防府駅からタクシーで約15分
JR防府駅から徒歩で約40分

2018年のスケジュールは現在のところ
未公開

よって、2017年のスケジュールを参考までに記載しておきます。

<2017年のスケジュール>

尚、2018年のスケジュールは分かり次第、追記致します。
それまで、しばしお待ち下さい。

防府基地航空祭2018の駐車場

残念ながら基地内に一般向けの駐車場の設置はありません。

二輪用の駐車場はあるようですが
収容台数に限界があるので状況によっては
入場できないケースもあるようです。

基地内に一般駐車場がない為、
例年、航空祭当日には臨時駐車場が設置されます。

例年、臨時駐車場が設置される場所は
道の駅潮彩市場防府

防府駅から車で約10分。
料金は無料です。

このように臨時駐車場が設置されますが
仮に駐車できたとしても帰宅時渋滞する可能性が高いのではないでしょうか?

そこで、近郊で使えそうな駐車場を調べてみました。

タイムズイオン防府店

収容台数:1117台
利用料金:30分/100円
最大料金:8:00~00:00/500円
営業時間:6:30~24:00

タイムズ防府

収容台数:86台
利用料金:60分/200円
最大料金:24時間/700円
営業時間:24時間

スポンサーリンク



スペースECO 防府駅前第2

収容台数:47台
利用料金:1日/400円
営業時間:24時間

タイムズ防府八王子

収容台数:17台
利用料金:60分/200円
営業時間:24時間

防府基地航空祭2018のシャトルバス情報!

航空祭当日は例年
有料ながらシャトルバスが運行されます。

2017年のシャトルバスの情報は以下の通り。

JR防府駅(みなと口)~防府北基地
道の駅 潮彩市場防府~防府北基地
【防府北基地】行 7:40~
【防府駅】行 12:00~
【道の駅】行 11:00~

シャトルバスは随時運行されます。
オープニングセレモニーが8:50スタートなので
7:40は早いと思うかもしれません。

しかし、毎年、シャトルバス利用者で長蛇の列ができるそうです。

よって、シャトルバスを利用する場合
出来るだけ早めの到着がオススメです!

防府基地航空祭2018にブルーインパルスは?

毎年、航空祭の一番の目玉と言えば
ブルーインパルスです。

ズバリ、2018年の防府基地航空祭にブルーはやって来ます!!

当日は迫力あるアメリカ空軍のアクロバット飛行などもありますが

ブルーインパルスの飛行があるとなしとではテンションの上がり方も変わってきますよね?!

ブルーの参加が未定の航空祭がある中、
防府への参加が決定した事は参戦予定のファンには朗報ですネ。

これはファンならもう行くしかない!!
ですよね?

まとめ

今回は『防府基地航空祭2018の駐車場やシャトルバス情報!ブルーは来る?』について書いてきました。

昨年はブルーの参加がなかっただけに
防府近郊の航空ファンの皆さんは
今から待ち遠しいのはないでしょうか?

当日の混雑は間違いないでしょうが
間近に機体を体感できる貴重なチャンス。

当日は思う存分楽しんできてくださいネ!!

スポンサーリンク



関連コンテンツ広告コード
SNS上

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする