豊田おいでんまつり花火2018の穴場!駐車場に交通規制

レスポンシブ(文字広告)

知県豊田市

いわずとれた世界のトヨタが本社を置く企業城下町

Jリーグ・名古屋グランパスの本拠地でもあるこの街で毎年7月下旬土日に開催されるのが『豊田おいでんまつり』

土曜夜に行われる『おいでんファイナル』では
地元市民の「おどり連」が市街地を踊り歩き
幅広い年齢が参加しかなりの盛り上がりを見せます。

しかし、これ以上の盛り上がりを見せるのが
日曜に開催される花火大会。

おいでんまつりのフィナーレを飾るこの花火大会では

メロディ花火・地上30mのナイアガラ大瀑布など大迫力の花火が豊田の夜空を彩ります。

この花火を一目見ようと県内外から例年36万人もの人々が訪れます。

そこで今回は愛知を代表する花火大会について

『豊田おいでんまつり花火2018の穴場!駐車場に交通規制』と題して情報をまとめていきます。

スポンサーリンク

豊田おいでんまつり花火2018の基本情報

開催日程:2018年7月下旬 ※予定
開催時間:19:10~21:00 ※予定
開催場所:矢作川河畔 白浜公園一帯  ※予定
アクセス
名鉄豊田市駅/愛環新豊田駅より徒歩約10分

※おいでんまつり開催期間は名鉄・愛知環状鉄道ともに
電車の増便が行われます。

花火大会当日の名鉄豊田市駅ではチャージ機が非常に混雑します。
よって、事前のチャージを強くオススメします。

因みに、愛知環状鉄道ではICカードは利用できませんので、切符を購入してくださいネ。

豊田おいでんまつり花火2018の穴場

愛知屈指の花火大会である「おいでんまつり」の花火

せっかく見るのですから、混雑を避けて鑑賞したいものです。

そこで「穴場スポット」を調べてみました。

穴場① 桜城址公園

花火会場からも近く
付近には高い建物がない為
ほぼ真正面に花火を観る事ができる穴場スポット

穴場② 毘森公園

新豊田駅近くにある見晴らし良い公園

花火会場からは少し離れてしまいますが
人混みを避ける事ができます。

穴場③ 八幡公園
花火会場から至近距離にありながら
意外にも人出が少ない公園

花火の迫力を体感できる穴場となっています。

穴場④ 矢作緑地川端公園

花火会場の北側にある矢作川沿いの公園

川沿いなので花火を遮る建物もなく
バッチリ花火を観賞する事ができます。

利用する場合は、会場最寄駅ではなく
隣の梅坪駅を利用すると便利。

最寄駅とは異なる駅を利用する事で
混雑を避けられますネ。

スポンサーリンク



豊田おいでんまつり花火2018の駐車場

花火会場周辺では例年、臨時駐車場が設置されます。

因みに、昨年の臨時駐車場は以下の通り。

元城小学校
寺部小学校
高橋中学校
加茂川公園グラウンド
挙母小学校
スカイホール豊田

これら以外にも最寄り駅周辺には駐車場がありますが

人気のイベントだけに当日の混雑ぶりはハンパないようです。

そこで、『パークアンドライド方式』を採用
混雑を避けるため、近隣駅周辺の駐車場を調べてみました。

車で参加予定のアナタは参考にしてくださいネ。

タイムズ竜泉寺の湯 豊田浄水店

収容台数:280台
利用料金:60分/100円
営業時間:24時間

名鉄協商浄水第2

収容台数:125台
利用料金:60分/100円
営業時間:24時間

ニッシンパーク三河豊田駅駐車場

収容台数:35台
利用料金:60分/100円
営業時間:24時間

タイムズ三河豊田駅南

収容台数:37台
利用料金:60分/200円
営業時間:24時間

名鉄協商上豊田

収容台数:78台
利用料金:60分/100円
営業時間:24時間

豊田おいでんまつり花火2018の交通規制

当日は35万もの人々が集結しますから
当然ながら交通規制が敷かれます。

2018年の規制情報は今のところ公表されていません。

しかしながら、例年大きく変更される事はないようです。

よって、参考になると思いますので
2017年の情報を記載しておきます。

<2017年豊田おいでんまつり交通規制>

おいでん踊り当日と花火大会当日とでは
規制が敷かれる場所が異なるので注意が必要になりそうです。

また、豊田市駅から豊田スタジアムへのルートは「緊急対策エリア」に指定されます。
よって、座り込みなどの場所取りはしないようにしてくださいネ。

尚、2018年の交通規制は分かり次第、追記致します。

それまでしばしお待ち下さい。

まとめ

今回は『豊田おいでんまつり花火2018の穴場!駐車場に交通規制』について書いてきました。

花火会場周辺の複数個所では屋台の出店のあり
当日はかなりの熱気に包まれます。

情報によると
関西からわざわざ鑑賞に来る方もいるとか・・

最寄駅からのアクセスも良いので
行こうかどうか迷っている方は、是非参加してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク



関連コンテンツ広告コード
SNS上

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする