名古屋港まつり花火2018の穴場スポット!駐車場や交通規制に屋台情報

レスポンシブ(文字広告)

知県名古屋市

尾張徳川家の城下町として栄え
中京圏の中枢都市として発展してきた大都市

この街で毎年7月に開催されるのが
『名古屋港まつり』

中でも一番人気を誇るのが
祭りの「とり」を飾る花火大会

10号玉をはじめとした大玉連発や
芸術性高い創作スターマインなど

合計約3000発の花火が
名古屋の夏空に豪快に打ち上げられます。

「人気花火ランキング東海第3位」にも選ばれ
例年の人出は約40万人!

そこで今回は東海屈指の人気花火について

『名古屋港まつり花火2018の穴場スポット!駐車場や交通規制に屋台情報』と題して情報をまとめていきます。

スポンサーリンク

名古屋港まつり花火2018の基本情報

開催日程2018年7月16日(祝)
開催時間:19:30~ ※予定
開催場所:名古屋港ガーデンふ頭
アクセス
名古屋港駅 徒歩スグ
築地口駅 徒歩約10分

名古屋港まつり花火2018の穴場スポット

穴場① ガーデン埠頭2号・3号岸壁

花火打ち上げ場所の真ん前にありながら
穴場的スポットになっています。

埠頭2号で場所取りできなかった場合は
3号岸壁は17:00頃から解放されるようです。

早めに乗り込めば
超至近距離から花火を体感する事ができます。

穴場② バナナセンター埠頭

花火会場から中川運河を挟んだ場所にある穴場スポット

海に突き出た場所なので陸上から見る花火とは違った雰囲気を味わえるかも!?

穴場③ 中川口緑地

名古屋湾に流れ込む中川運河にある穴場スポット

花火会場からは若干距離がありますが
運河上にある為、邪魔になるものがなく
花火見物する事ができます。

穴場④ イオン名古屋みなと店

こちらも花火会場からは若干距離がありますが
花火鑑賞するには全く問題ありません。

離れている分人混みを避けて花火見物する事ができそうです。

ショップが多く揃っていますから
早めに出かけてショッピングをして時間を過ごした後、腹ごしらえして花火鑑賞、

こういう流れも良いかもしれません。

穴場⑤ 荒子川公園

ここは先ほど紹介したイオンに隣接する公園。

この公園からも花火を観賞する事が可能です。

花火は小さくなるかも?!ですが
花火を楽しむには十分な穴場です。

スポンサーリンク



名古屋港まつり花火2018の駐車場

名古屋港まつりにおいて
専用の駐車場は設置されません。

人気のイベントだけに公共交通機関での来場がおすすめですが

車での参加者がいらっしゃるのが現実でしょう。

そこで、周辺で使えそうな駐車場を調べてみました。

タイムズ中部ろうさい病院第2

収容台数:87台
利用料金:30分/300円
営業時間:24時間

タイムズ南十番町ショッピングプラザ

収容台数:829台
利用料金:60分/200円
営業時間:10:00~20:00

タイムズイオン金山店

収容台数:42台
利用料金:30分/200円
営業時間:7:30~23:30

タイムズ新尾頭第2

名古屋港まつり花火2018の交通規制

これだけの規模のお祭りですから
当然ながら交通規制が敷かれます。

2018年の情報はまだ発表されていませんが
近年、多きは変更はないようです。

そこで、2017年の交通規制情報を
下記に記載しておきます。

<2017年名古屋港まつり交通規制>

例年、金城ふ頭線以南は
広範囲に渡って車両通行禁止になります。

時間帯は場所によって違いますが
築地口交差点~ガーデンふ頭交差点にかけては
15:00~22:00まで全面通行止めになります。

尚、2018年の交通規制は分かり次第追記致します。

それまでお待ち下さいネ。

名古屋港まつり花火2018の屋台情報

名古屋港まつりでは屋台が充実しているようです。

屋台が出店される場所
築地口交差点~ガーデンふ頭交差点にかけて

例年、この道路を全面通行止めにして
多くの屋台が軒を並べます。

屋台の出店数は約600店ともいわれており
かなりの賑わいを見せます。

これだけ屋台の出店があるお祭りは
現在では珍しいのではないでしょうか?

年々、イベント事での屋台出店が減少している中でこれは嬉しいですネ。

屋台の出店時間帯は
例年、15:00頃~21:00頃

交通規制が敷かれる時間帯に連動しているようです。

花火開始時刻が近づくにつれて
屋台も混雑し始めますから

混雑を避けたい場合は
早めに屋台グルメをゲットした後
穴場スポットに移動する、といった行動をとる人も結構多いようですヨ

まとめ

今回は『名古屋港まつり花火2018の穴場スポット!駐車場や交通規制に屋台情報』について書いてきました。

名古屋港まつりの花火では花火自体もさることながら

屋台がかなり魅力的なようです。

ツイッターにもあるように
かなり「盛って」くれそうなので
お腹が寂しくなることはなさそうです。

アクセスもしやすい場所なので
行こうかどうか迷っているアナタは
今年こそ参加してみはいかがでしょうか?

決して損はしないと思いますヨ♪

スポンサーリンク



関連コンテンツ広告コード
SNS上

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする