幸手夏祭り2018の日程は?交通規制や駐車場に屋台情報

レスポンシブ(文字広告)

玉県幸手市にある権現堂堤は

「日本桜の名所100選」にも選出され

毎年春になると美しい光景を見る為に
多くの行楽客が訪れます。

そんな街の夏の風物詩になっているのが
幸手夏祭り

300年以上の伝統を誇り
関東三大神輿に数えられる豪快な神輿が
幸手の街を練り歩く様は圧倒的!

毎年、この神輿を見る為に
多くの人々が幸手の街に集結します。

そこで今回は幸手夏祭りについて

『幸手夏祭り2018の日程は?交通規制や駐車場に屋台情報』と題して情報をまとめていきます。

スポンサーリンク

幸手夏祭り2018の日程

開催日程7月8日(日)~12日(木)・14日(土)・15日(日)
開催時間:各日によって異なる
開催場所:幸手市中央通り周辺
アクセス:幸手駅下車スグ

所要時間:約60分 料金:731円
東京駅⇒北千住駅【JR上野東京ライン】
北千住駅⇒幸手駅【スカイツリーライン】

所要時間:約75分 料金:968円
新宿駅⇒御茶ノ水駅【中央線】
御茶ノ水駅⇒錦糸町駅【総武線】
錦糸町駅⇒幸手駅【半蔵門線】

所要時間:約80分 料金:834円
池袋駅⇒西日暮里駅【山手線】
西日暮里駅⇒北千住駅【千代田線】
北千住駅⇒幸手駅【スカイツリーライン】

幸手夏祭り2018プログラム

幸手夏祭り2018の交通規制

関東屈指の神輿が街を練り歩く夏祭りですから、当然ながら開催期間中の交通規制はあります。

現在のところ、2018年の規制情報は明らかになっていませんが。

参考までに過去の情報を調べてみました。

<2016年幸手夏祭り交通規制>

<2017年幸手夏祭り交通規制>


初日:16:00~22:00
2日目:14:00~22:00

このように規制される場所・時間共に
変更は見られません。

この事からも2018年も同じ場所・時間で
交通規制が敷かれる可能性が非常に高いのではないでしょうか?

尚、2018年の情報は分かり次第、追記致します。

それまでしばしお待ち下さい。

追記

2018年の幸手夏祭りの交通規制をお伝えします。

ご覧の通り、臨時駐車場の場所や規制が敷かれる場所。

さらに、規制時間帯も例年と特に変化はなさそうですネ♪

スポンサーリンク



幸手夏祭り2018の駐車場

幸手夏祭りでは見事な神輿を一目見ようと
県内外から多くの観光客が訪れます。

出来るなら公共交通機関の利用が望ましいです。

しかし、車で参加を予定している場合
混雑を避ける方法があります。

それは「パークアンドライド方式」

最寄駅の幸手駅から数駅離れた駅周辺に駐車すれば帰りの渋滞に巻き込まれる可能性も低くなります。

そこで使えそうな駐車場を調べてみました。

TOBU PARK南栗橋駅西口第1駐車場

収容台数:90台
利用料金:60分/100円
最大料金:12時間/300円
     24時間/400円

TOBU PARK南栗橋駅西口第2駐車場

収容台数:128台
利用料金:60分/100円
最大料金:12時間/300円
     24時間/400円

タイムズ匠大塚春日部本店

収容台数:519台
利用料金:60分/200円
最大料金:24時間/400円
営業時間;24時間

タイムズ春日部駅東口第2

収容台数:20台
利用料金
平日: 9:00~15:00 20分/100円
   15:00~ 9:00 60分/100円
土日祝:60分/100円
営業時間:24時間

幸手夏祭り2018の屋台

幸手夏祭り当日、屋台の出店はあります!

そんなに数は多くありませんが
例年、約20~50店の屋台が中央通りに出店されます。

屋台グルメを片手に関東を代表する神輿や山車の曳き回しをじっくりご堪能ください!

まとめ

今回は『幸手夏祭り2018の日程は?交通規制や駐車場に屋台情報』について書いてきました。

神輿もさることながら、7台の山車が連なって
幸手の町中を曳き回される姿は壮観!

この時期だけは普段は静かな幸手の街が
異様なくらい盛り上がります。

参加予定のアナタは思う存分、祭りの熱気を体感してきてください!!

スポンサーリンク



関連コンテンツ広告コード
SNS上

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする