川越百万灯夏まつり2018の屋台出店は?交通規制や駐車場

レスポンシブ(文字広告)

玉県川越市

小江戸の別称をもち
江戸時代から城下町として発展

歴史的建造物が多く、海外から年間で700万もの観光客が訪れるこの街で

毎年7月に開催されるのが川越百万灯夏まつり

カラフルな提灯が川越の街並みを彩り
川越藩ゆかりの時代行列
通りゃんせKAWAGOE など

さまざまなイベントが行われ
県内外から毎年多くの人々が訪れます。

そこで今回は川越の一大イベントである
この祭りについて

『川越百万灯夏まつり2018の屋台出店は?交通規制や駐車場』と題して情報をまとめていきます。

スポンサーリンク

川越百万灯夏まつり2018の基本情報

開催日程:7月下旬
開催場所
本川越駅前~札の辻
連雀町交差点~松江町交差点及び周辺商店街

アクセス
本川越駅より徒歩約5分
川越駅より徒歩約10分

川越百万灯夏まつり2018の屋台出店

川越百万灯夏まつりでは例年多くの屋台が出店されます。

屋台の出店場所は川越市街地の各商店街

初日と2日目では屋台が出店される商店街に追加があるようですが

屋台の内容自体に変更はなさそうです。

出店時間帯は各商店街によって異なりますが

早いところで12:00から
他は14:00から 又は 15:00からの出店になりそうです。

参考までに2017年の屋台出店情報を記載しておきます。

<2017年屋台出店状況>

初日

2日目

スポンサーリンク



川越百万灯夏まつり2018の交通規制

2018年の交通規制は現在のところ発表されていません。

しかし、例年、大幅は変更はなさそうです。

そこで、参考になると思いますので
2017年の交通規制情報を記載しておきます。

<2017年川越百万灯夏まつり交通規制>

2017年の場合は図の赤い場所で
初日:14:00~21:00
2日目:14:00~20:00

上記の時間帯で交通規制が敷かれていました。

車の通行量の多いエリアで交通規制が敷かれます。
この影響は周辺にも及ぶでしょうから

当日は、川越には車で近づかない方が無難のようです。

尚、2018年の交通規制は分かり次第、追記致します。

それまでしばしお待ち下さい。

川越百万灯夏まつり2018の駐車場

例年、川越百万灯夏まつり開催中、
臨時駐車場など祭り専用の駐車場の準備はないようです。

開催期間中は、かなり混雑しますから
出来るなら公共交通機関での参加をオススメします。

しかし、中にはお車で参加予定の方もいると思いますので

周辺で使えそうな駐車場を調べてみました。
参考にしてみてください。

らくだプラザ新狭山2

収容台数:61台
利用料金: 7:00-17:00 30分/100円
              17:00- 7:00 60分/100円
営業時間:24時間

タイムズココネパーキング

収容台数:128台
利用料金: 8:00-00:00 30分/100円
              00:00- 8:00 60分/100円
営業時間:24時間

タイムズ上福岡第12

収容台数:18台
利用料金
平日   9:00~17:00 30分/200円  
       17:00~ 9:00 30分/100円
土日祝 30分/100円
営業時間:24時間

ナビパーク 鶴ケ島第1

収容台数:198台
利用料金: 8:00-22:00 30分/100円
              22:00- 8:00 60分/100円
営業時間:24時間

タイムズ鶴ヶ島第2

収容台数:133台
利用料金:30分/200円
最大料金:24時間/600円
営業時間:24時間

まとめ

今回は『川越百万灯夏まつり2018の屋台出店は?交通規制や駐車場』について書いてきました。

実は、筆者は今年の百万灯夏まつりに参加予定です。

埼玉在住ながらこれまで参加した事なかった為
今年こそは!と今から楽しみにしています。

参加予定のアナタも是非楽しい時間を過ごしてくださいネ!

スポンサーリンク



関連コンテンツ広告コード
SNS上

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする