新田原基地航空祭2017のシャトルバスや臨時駐車場はあるの?

レスポンシブ(文字広告)

新田原基地航空祭は、宮崎県の航空自衛隊入田原基地で毎年開催されている航空機のお祭りです。

2013年からはブルーインパルスも登場し、今年も飛行することが決まっています。
ここではそんな新田原基地航空祭の日程やシャトルバス、臨時駐車場などの情報をお伝えしていきたいと思います!

題して
『新田原基地航空祭2017のシャトルバスや臨時駐車場はあるの?』

スポンサーリンク

新田原基地航空祭2017の日程

イベント名は「新田原エアフェスタ2017」で、開催概要は次の通りとなっています。

開催日:2017年12月3日(日)
開催時間:8時25分〜15時00分 ※開門は7時00分
開催場所:航空自衛隊新田原基地(宮崎県児湯郡新富町大字新田19581)及び同周辺空域
入場料:無料

新田原基地航空祭2017のシャトルバス・臨時駐車場

会場までのアクセス方法

電車を利用する場合、最寄駅はJR日豊本線の日向新富駅です。
しかし、最寄り駅とはいえ、そこから新田原航空基地まで徒歩だと1時間程度かかります。

車だと約5分で着きますので、タクシーや自分の車で向かうのが良いでしょう。

なお、自動車を利用する場合は、以下の通りです。
東九州自動車道 西都IC下車 約20分
新富町役場前から約5分
JR高鍋駅から約20分

新田原基地までのシャトルバスについて
当日は会場までの有料シャトルバス及び臨時バスが運行されます。
シャトルバスは当日設置される各臨時駐車場から発車します。
各バスの詳細については宮崎交通のホームページを参照してください。

臨時バス:宮崎市内、西都バスセンター、高鍋駅〜新田原基地
シャトルバス:各特設駐車場〜新田原基地
往復運賃 大人600円/子ども300円

※宮崎交通ホームページURL:
http://www.miyakoh.co.jp/bus/extra/1232017.html

自衛隊グッズ ブルーインパルス SP (Blue Impulse SP) ソーラー

新田原基地航空祭 臨時駐車場

新田原基地には一般来場者用の駐車場はありません。
当日は会場周辺に臨時の駐車場が数カ所設置されますので、そちらに車を停めることになります。

新田原基地航空祭が発表した2017年の臨時駐車場は以下の通りです。

小丸川河川敷(木城町役場周辺) 約400台
小丸川河川敷(高鍋町) 約1900台
神楽酒造西都工場(アグリ館) 約750台
このはな館・西都原運動公園周辺 約1400台
清水台運動公園 約1300台
向陵の丘・児湯クリーンセンター 約500台
サテライト宮崎場外車券売場 約300台
三納代 約600台
富田浜公園 約500台
新富町役場(二輪車限定) 約400台

二輪車は新富町役場駐車場のみ利用可能です。

また、小丸川河川敷(高鍋町)のみ午前3時から開門
その他の駐車場は午前6時開門予定となっています。

かなり多くの車を停めることができるようになっていますが、それでもどの駐車場も朝早くから車が並びます。

昨年も開門したばかりの駐車場にたくさんの車が入っているという状況でしたので、早めに到着することをおすすめします♪

自衛隊グッズ ブルーインパルス ウインドブレーカー 黒

まとめ

今回は『新田原基地航空祭2017のシャトルバスや臨時駐車場はあるの?』について書いてきました。

新田原基地航空祭は人気のイベントですので、当日はかなりの混雑が見込まれます。

ブルーインパルスの飛行も予定されていますので、早め早めに行動したほうが良いかもしれません。

戦闘機というと男性ばかり?と思われるかもしれませんが、小さいお子さんから女性まで、たくさんの方に楽しんでいただける内容となっています。

この機会に足を運んで1年の良い思い出にしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク



関連コンテンツ広告コード
日本newsch記事下

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る