高崎まつり2018!花火の穴場は?屋台や駐車場に交通規制情報

レスポンシブ(文字広告)

馬県高崎市

江戸時代から城下町として栄え
かつ、交通の要所として宿場町としても発展を遂げてきた高崎市

現在、県内で最大の人口を擁する都市でもあるこの街で毎年8月に開催されるのが
高崎まつり

高崎まつり開催期間中は
北関東最大級の花火大会と含め神輿渡御など多くのイベントが行われます。

開催期間中の人出は例年70万人を超えるなど
高崎最大の祭典として人々に親しまれています。

そこで今回はこの高崎の一大イベントについて

『高崎まつり2018!花火の穴場は?屋台や駐車場に交通規制情報』と題して情報をまとめていきます。

スポンサーリンク

高崎まつり2018の基本情報

開催日程2018年8月4日(土)・5日(日)予定
開催場所:高崎市中心市街地・鳥川河川敷
アクセス
<高崎市中心市街地>
高崎駅より徒歩約15分

<鳥川河川敷>※花火会場
高崎駅より徒歩約40分

高崎まつり2018の花火の穴場

高崎まつりの花火大会は北関東最大級と言われ
当日はかなり混雑します。

花火会場周辺には有料席や無料観覧席が設けられるようです。

しかし、無料観覧席の場合、混雑状況によっては、入場制限がかかるケースもあるとか・・・

そこで混雑を避けられそうな穴場スポットを調べてみました。

穴場①高崎公園

花火会場から直線距離で約1.7km

やや距離があるように感じますが
会場方向に高い建物がない為、花火鑑賞には支障ありません。

高崎駅からも徒歩で15分程度なので
十分徒歩圏内ですネ。

穴場②高崎市城南運動公園

高崎公園の南に位置し
高崎駅から徒歩で約15分の距離にある公園。

高崎公園よりは花火会場から若干離れてしまいますが、こちらからも花火を観賞する事ができます。

敷地が広いので混雑は感じない穴場です。

穴場③高崎タカシマヤ

高崎駅前にある高島屋
ここの6階レストランから花火を観賞する事ができます。

6階なので花火を遮るものもなく花火を眺める事ができます。

因みに、当日は、屋上ではビアガーデン開催期間中にあたるので、

屋上からビール片手に花火鑑賞というのもアリでしょう。

穴場⑤ニトリ高崎

花火会場から直線距離で約1.7kmと
高崎公園とほぼ同距離

会場の北側に位置し周辺に花火を遮る建物もない為、花火を観賞する事が出来ます。

駐車場にトイレも完備されていますので
この辺を気にすることもなさそうです。

穴場⑤高崎観音山

花火会場から直線距離で約2.3km

会場からはやや距離がありますが
ここからの眺めは最高。

北関東最大級の花火を小高い丘の上からバッチリ眺める事ができます。

とにかく眺めが良い場所なのでカップルで行くには最適かもしれませんネ♪

高崎まつり2018の屋台情報

高崎まつりでは例年、多くの屋台が出店します

主な屋台の出店場所は
慈光通り~大手前通り
もてなし広場

また、屋台が出店される時間帯
例年、13:00頃~21:00頃 です

屋台では鉄板の屋台グルメからタイ料理
さらには、高崎の地元グルメまで

いろんな味が食せるみたいで、屋台は毎年かなり盛況しますヨ。

スポンサーリンク



高崎まつり2018の駐車場

例年、高崎まつり開催期間中には花火大会当日に限り、臨時駐車場が設置されます。

臨時駐車場の場所は花火会場周辺
料金は無料です。

これ以外にも高崎市内には多くの有料駐車場が点在しますが

祭り期間中は市内の渋滞が予測できますし
臨時駐車場も会場周辺なのですぐに満車になる可能性もあります。

そこで近隣で使えそうな駐車場をピックアップしてみました。

新前橋駅東口駐車場

収容台数:69台
利用料金:60分/100円
営業時間:24時間

ミスターPホテルラシーネ新前橋

収容台数:179台
利用料金:60分/100円
営業時間:24時間

スペースECO 新前橋駅前第1

収容台数:19台
利用料金:平日 1日/450円
     土日祝 1日/400円
営業時間:24時間

リパーク本庄駅北口第2

収容台数:60台
利用料金:60分/200円
営業時間:24時間

本庄駅前駐車場

収容台数:37台
利用料金:30分/100円
営業時間:24時間

スペースECO 神保原駅前

収容台数:40台
利用料金:平日 1日/400円
     土日祝 1日/600円
営業時間:24時間

尚、2018年の臨時駐車場の情報は分かり次第
ご紹介しますので、しばしお待ち下さい。

高崎まつり2018の交通規制

高崎まつりでは市街地と花火会場周辺で交通規制が敷かれます。

2018年の規制情報は現在のところ、未発表です。

2017年の交通規制状況は
<高崎市街地>
8月5日 13:00~22:00
8月6日 13:00~21:00

※駅前通りに関しては
8月5日 13:00~16:40
8月6日 13:00~16:00

<花火会場周辺>
8月5日 18:00~22:00

例年、交通規制に関しては大幅な変更はないようです。

尚、2018年の規制情報は公開され次第
追記しますので、しばしお待ち下さい。

まとめ

今回は『高崎まつり2018!花火の穴場は?屋台や駐車場に交通規制情報』について書いてきました。

2日間で70万もの人が集まるなんて
その人気度合いはハンパないですネ

高崎は東京から新幹線で1時間
JRを使っても2時間(約2000円)で行けちゃいます。

日帰りも十分可能なので
都心にお住まいで参加しようか迷っているなら
是非参加する事をオススメします。

都内の祭りとは違った雰囲気を味わう事ができて楽しい時間を過ごせますヨ!

スポンサーリンク



関連コンテンツ広告コード
SNS上

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る