足利花火大会2018の穴場!屋台や交通規制に駐車場情報

レスポンシブ(文字広告)

木県足利市

足利氏ゆかりの土地であり
日本遺産に認定された足利学校があるこの街で

毎年8月に開催されるのが足利花火大会

足利花火大会は1903年から開催され
今年で104回目を迎える歴史ある花火大会です

仕掛け花火や大ナイアガラなど合計2万発の花火が
豪快に打ち上げられる様は圧巻の一言!

この伝統ある花火大会を観るために
毎年約50万人もの人々が足利の街を訪れます。

そこで今回は栃木県の人気花火ランキング1位のこの花火大会について

『足利花火大会2018の穴場!屋台や交通規制に駐車場情報』と題して情報をまとめていきます。

スポンサーリンク

足利花火大会2018の基本情報

開催日程2018年8月4日(土)予定
開催時間
開催場所:田中橋下流渡良瀬運動公園及び河川敷
アクセス
公共交通機関をご利用なら
両毛線 足利駅より徒歩約5分
東武伊勢崎線 足利市駅より徒歩約10分

お車をご利用なら
東北自動車道 佐野藤岡ICから約30分
北関東自動車道 足利ICから約10分

足利花火大会2018の穴場

足利花火大会は量・質ともに関東トップクラス。

当日は有料席も用意されますが
混雑を避け無料でみたいと思っている方は多いのではないでしょうか?

そこで気になるのが『穴場』ですよね?!

穴場①アピタ足利店

花火会場の最寄り駅から徒歩圏内にあるスーパーです。

ここの屋上から花火を眺める事ができます。

スーパーですから当然、買い出しにも便利ですし
トイレもありますから便利ですネ。

穴場②ヨークベニマル足利店

花火大会当日は、ここの屋上が例年、無料で開放されるようです。

アピタ足利店より花火会場から離れてしまいますが
花火を体感するには問題ない穴場。

ここを利用する場合、
花火会場の最寄駅よりは伊勢崎線東武和泉駅を利用したほうが便利ですヨ。

穴場③織姫公園

花火会場の北側

会場からの直線距離が約1.7kmと若干遠くなってしまいますが、

小高い場所にある為、花火観賞には最適の穴場です。

穴場④足利税務署付近

花火会場が真ん前にありながら税務署付近にある
渡良瀬川の土手が意外な穴場スポット。

関東トップクラスの花火を間近で眺める事ができます。

足利駅からも近い為、花火終了間近に駅に向かい始めれば帰りの混雑も避けられるかもしれません。

会場から近いため、移動しながらでも十分花火を楽しめますネ。

足利花火大会2018の屋台

足利花火大会の例年の屋台の出店数は
驚愕の500店舗!!

近年、イベント事での屋台の出店数が減少している中
この出店数は驚異的です。

例年、屋台が出店される場所は
足利駅南口~田中橋北交差点
永楽町交差点~安土木事務所付近
ニューミヤコホテル足利本館~別館(渡良瀬川沿い)

※図の青線の部分です。

例年の屋台の営業時間は16:00頃~21:00頃

500店舗も出店していますから
焼きそば
イカ焼き
唐揚げ
じゃがバタ
かき氷
ぶどう飴 etc…

選ぶのに困るくらい屋台の種類が豊富ですヨ♪

スポンサーリンク



足利花火大会2018の交通規制

率直に言って、現在のところ2018年の交通規制の情報はまだ未公開です。

しかし、毎年、規制場所や時間帯に大きな変化はみられない模様です。

そこで、2017年の規制情報を調べてみました。

<2017年足利花火大会の交通規制>

ご覧通り、規制時間は17:30~22:00
打ち上げ会場北側の田中橋~庁舎付近にかけては
16:30から交通規制が敷かれるようですね。

打ち上げ会場周辺は渡良瀬川の両岸でかなり広いエリアで交通規制が敷かれるイメージです。

尚、2018年の規制情報は分かり次第、追記しますので
それまでしばしお待ち下さい。

足利花火大会2018の駐車場

足利花火大会当日は例年、無料駐車場が用意されています。

公共施設を含めた仮設駐車場が約6300台分、無料開放されます。

こちらも2018年の情報は現在のところ未発表ですが
先ほどの図の中にもあったように

2017年では結構多く仮説駐車場が設置されるようです。

しかしながら、50万もの人々が集結するビッグイベントですから、当日は満車になる可能性も否定はできませんよね!?

そこで「パークアンドライド方式」の考え方
近隣で使えそうな駐車場を何件かピックアックしてみました。

佐野市万町駐車場

収容台数:48台
利用料金:入庫後2時間/無料
次の3時間/108円
     以降1時間/54円
営業時間:24時間

さのまちなか駐車場

収容台数:36台
利用料金:1日/500円

タイムズドン・キホーテ太田店

収容台数:373台
利用料金:60分/200円
営業時間:24時間

太田市役所駐車場

収容台数:318台
利用料金
8:00~18:00 入庫後1時間/無料
以降1時間/100円
18:00~8:00 3時間/100円
営業時間:24時間

アップルパーク館林駅前第1

収容台数:147台
利用料金:60分/100円
営業時間:24時間

アップルパーク館林駅前第2

収容台数:182台
利用料金:60分/100円
営業時間:24時間

数駅離れた場所に駐車すれば帰りの渋滞にもハマる可能性が低くなるので

車で参加予定の方は参考にしてみてください。

まとめ

今回は『足利花火大会2018の穴場!屋台や交通規制に駐車場情報』について書いてきました。

足利花火大会は花火の規模も屋台の数も他を圧倒するサイズのようです。

70万もの人々が集まるにはそれだけの魅力があるからに他なりません。

まだ行った事がないアナタ
以降かどうか迷っているアナタ

是非、参加してみてはいかがでしょうか?
決して損はしないと思いますヨ!!

スポンサーリンク



関連コンテンツ広告コード
SNS上

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする