古河花火大会2018の穴場に屋台!駐車場や混雑状況

レスポンシブ(文字広告)

城県古河市

古くは万葉集にその風景は登場し
江戸時代には日光街道の宿場町かつ古河城の
城下町として発展してきました。

そんな古河市で毎年8月に開催されるのが
古河花火大会

重さが約300kgある三尺玉をはじめ
メロディー付きスターマインなど、見どころが満載!

総打ち上げ数は約2万発!
例年の人出は55万人!!

豪華絢爛でド迫力の花火を観るために県内外から大勢の観光客が訪れます。

そこで今回は古河市が誇る一大イベントについて

『古河花火大会2018の穴場に屋台!駐車場や混雑状況』と題して情報をまとめていきます。

スポンサーリンク

古河花火大会2018の基本情報

開催日程2018年8月4日(土)予定
開催時間19:20~20:30 予定
階催場所:古河ゴルフリンクス
アクセス
宇都宮線 古河駅西口より徒歩約20分
東武日光線 新古河駅東口より徒歩約5分

古河花火大会の一番の注目は
何といっても、三尺玉です。

この三尺玉の開花時の直径は驚愕の650m!

他の花火大会と比較してもダントツのスケールです!!

これは花火ファンなら見るしかない?!

古河花火大会2018の穴場

花火大会当日は圧倒的なスケールの花火を観ようと50万を超える人々が集結します。

混雑するには間違いないですが
どうせならゆっくりと花火見物したいもの。

そこで、気になるのが『穴場スポット』ではないでしょうか?

穴場①イトーヨーカドー古河店

例年、花火大会当日には屋上が無料開放されます。

花火会場から直線距離で約1.8km

若干の距離は有りますが
周囲に花火鑑賞を邪魔するものもありません。

買い物を済ませてからの花火鑑賞というのもアリです。

穴場②イオン古河店

花火会場から直線距離で約2.5km

イトーヨーカドーからやや距離がありますが
ここの屋上からも迫力ある花火を観賞する事ができる穴場です。

「築地銀だこ」や「ケンタッキー」もありますので、小腹が空いた時も困りませんネ。

駐車場も1000台以上のスペースがありますから
車で出かけるにも便利です。

穴場③渡良瀬川の土手(新古河駅周辺)

花火会場の最寄り駅である新古河駅出てすぐにある渡良瀬川の土手

会場から至近距離ながら以外にも穴場となっているようです。

至近距離なので花火のド迫力がバッチリ体感できますネ。

穴場④渡良瀬遊水地

最寄駅からは若干歩きますが
遊水地を挟んだ場所にある穴場スポット。

夜空に打ちあがる花火は水面に映る様は
幻想的でイイ感じです

古河花火大会2018の屋台

古河花火大会では例年
約100店の屋台が出店されます。

屋台出店場所は古河駅から会場へのルートにかけて道沿いにズラっと屋台が軒を連ねます。

加えて、花火会場周辺にも多くの屋台が出店しています。

フライドポテト
電気ソーダ
かき氷
ビール
焼きそば etc…

100店舗もありますから、いろんな種類の屋台グルメが堪能できそうです♪

因みに、新古河駅から会場に向かうルートには屋台の出店はほとんどないようです。
屋台を楽しみたい方はご注意くださいネ。

スポンサーリンク



古河花火大会2018の駐車場

結論から言うと、2018年の駐車場情報はまだ発表されていません。

因みに、2017年は無料の駐車場が約1600台分準備されていました。

場所は
古河第一小学校
古河第二小学校
古河第三小学校
古河第六小学校
古河市役所古河庁舎
古河総合公園
福祉の森会館

の合計7カ所でした。

しかし、当日は50万人以上の人出がありますから、これらの駐車場は昼過ぎには満車になってしまうようです。

もし駐車できたとしても、帰りの渋滞が恐怖です。

そこで、周辺で使えそうな駐車場を調べてみました。

車で参加予定のアナタは参考にしてみてください。

栗橋東口駐車場

収容台数:114台
利用料金:60分/100円
営業時間:24時間

SANパーク栗橋3

収容台数:87台
利用料金:60分/100円
営業時間:24時間

SPS久喜駐車場

収容台数:184台
利用料金: 8:00~22:00 30分/100円
    22:00~ 8:00 60分/100円
営業時間:24時間

タイムズ久喜駅東口

収容台数:29台
利用料金:60分/100円
営業時間:24時間

タイムズ幸手駅前

収容台数:83台
利用料金:60分/100円
営業時間:24時間

タイムズ幸手駅前第2

収容台数:38台
利用料金:60分/100円
営業時間:24時間

古河花火大会2018の混雑

例年、55万もの人々が訪れますから混雑するのは当然です。

これは人によって感じ方が異なるとは思いますが、

都心と花火大会と比較するとそれほど混雑は感じないという意見もあるようです。

しかしながら、やはり帰りの電車の混雑ぶりはかなりのものがあるようです

これを見る限り
どうやら帰りの電車は通勤ラッシュ並みの混雑を覚悟しておいた方が良さそうです・・・

しかし、都心まで約1時間程度で到着しますので
それ位我慢できる方は問題なさそうですネ。

まとめ

今回は『古河花火大会2018の穴場に屋台!駐車場や混雑状況』について書いてきました。

注目の三尺玉が開いた時は、近くで見物する場合は

ビリビリと衝撃波を感じるくらいのド迫力のようです。

古河市は新宿から約1時間。
都心からもアクセスも良好で余裕で日帰りできます。

都心の花火大会の人混みを避けたい場合
狙い目のイベントかもしれませんヨ!

スポンサーリンク



関連コンテンツ広告コード
SNS上

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る