関門海峡花火大会2018の穴場!渋滞や電車に駐車場情報

レスポンシブ(文字広告)

門海峡花火大会

実行委員会のほとんどがボランティアで
まさに民間主体の花火大会

毎年8月に関門海峡を挟んで
下関と北九州門司との両岸で同時開催される
日本有数規模の花火大会です。

関門海峡を挟んで打ち上げられる花火の数は
15000発!

例年の人出は驚きの120万人!!

毎年、この花火と観るために、遠方から観光客が大勢訪れるほどの人気です。

そこで今回は日本を代表するこの花火大会について

『関門海峡花火大会2018の穴場!渋滞や電車に駐車場情報』と題して情報をまとめていきます。

スポンサーリンク

関門海峡花火大会2018の基本情報

開催日程2018年8月13日(月)
※雨天決行・荒天中止
開催時間19:50~20:40 予定

開催場所
<下関側>あるかぽーと及び22号岸壁
<門司側>門司区西海岸埋立地

アクセス
<下関側>JR下関駅より徒歩約15分
<門司側>JR門司港より徒歩約5分

<下関側>

<門司側>

関門海峡花火大会2018の穴場

西日本の花火大会では最大級と言われるだけあって当日は混雑します。

花火を観覧するのに、一番のおススメは有料席。

席をゲットするに越したことはありません。

しかし、やはりイベントごとでどうしても気になるのが『穴場』ですね。

【下関側】

穴場①海峡ゆめタワー


花火会場から直線距離で約2km

下関会場に向かう途中にある花火会場を一望できる穴場スポット。

タワーから眺める花火は絶景!!

下関駅から徒歩で10分程度に位置しますから
アクセスも良好です。

穴場②火の山公園

花火会場から直線距離で約2km

地元では夜景スポットして有名な公園。

当然、関門海峡も一望できますから
花火を観覧するにも最適な穴場です。

山頂まで車でもロープウェイを使ってでも行くことができます。

因みに、ロープウェイの料金は
大人:(往復) 500円(片道)300円
小人:(往復) 250円(片道)150円

駐車場の収容台数は276台

また、参考までにこんな情報もあります。

しかし、展望デッキは利用可能なので
花火鑑賞には支障ありませんヨ

穴場③巌流島展望地

花火会場から直線距離で約3km

歴史ファンには堪らない巌流島

この島の向こう側に花火を眺望する事ができます。

真正面は海しかないので花火をキレイに観られそうです。

穴場④唐戸市場

花火会場から至近距離にありながら
意外に穴場となっているスポット。

海沿いにあるウッドデッキから眺める花火には圧倒される事間違いなし!

豪快で美しい花火を至近距離で体感する事ができます。

【門司側】

穴場①門司港レトロ展望室

黒川紀章氏が設計した高層マンション『レトロハイマート』の31階にある展望室

入場料金は必要ですが、花火会場から距離も近く、関門海峡を眼下に一望できる穴場です。

因みに、
料金は大人300円 小中学生150円
営業時間は10:00~22:00

穴場②片上海岸

花火会場から直線距離で約2.5km

地元では釣りの名所として知られる海岸

子森江駅から徒歩で20分くらい

ただ会場の最寄り駅から一駅の場所なので
早めの到着をオススメします。

穴場③風師山

ここは地元民には有名な穴場
ここの展望台からの関門海峡の眺めが抜群

当日は、当日の関門海峡の夜景と花火のコラボ
は感動モノです。

穴場④日明港

花火会場から直線距離で約8km

会場からは距離がありますが
その分、強烈な混雑を避ける事ができそうです。

映像をよく観ると、停車している車が多い為
早めのスペース確保がカギになってきそうですネ。

スポンサーリンク



関門海峡花火大会2018の渋滞

当日は120万もの人が集結する花火大会。

花火大会の最中の混雑もさることながら
帰りの渋滞は凄まじいものがあるようです。

高速も駅もそこここで人だらけ・・・
電車内も通勤ラッシュ並みの混雑のようです。

花火大会のホームページによると
高速は12:00頃から
会場周辺道路は15:00頃から

それぞれ渋滞が始まる模様です。

尚、当日の渋滞の情報はネクスコ西日本のホームページから確認できます。

車で参加予定の方は参考にしてください
↓  ↓  ↓  ↓
ネクスコ西日本道路交通情報

渋滞を避ける方法を探している方が多いようですが

よほどうまく立ち回らないと無理だと思われます。

渋滞を避ける一番の方法は
ズバリ宿泊!だと思います

ホテル取って泊ってください 笑

関門海峡花火大会2018の電車情報

花火大会当日は臨時電車が随時運行されます。

2018年の情報は現在のところ明らかになっていませんが

2016年のものを発見しましたので
参考までにご覧ください。

2016年JR西日本臨時列車運転計画

尚、2018年の情報は分かり次第、追記しますので、しばしお待ちください。

関門海峡花火大会2018の駐車場

例年当日は、臨時駐車場などの準備はありません。

出来るなら公共交通機関の利用がおすすめですが

車で参加される方々が多いのも現実です。

そこでオススメなのが「パークアンドライド」

数駅離れた駅周辺で駐車場を見つければ渋滞が避けられます。

新下関駅時間制駐車場

収容台数:119台
利用料金
最初の20分まで無料
20分~1時間/210円
1時間~2時間/410円
2時間~24時間/720円
営業時間:5:15-0:30

タイムズ新下関駅前

収容台数:23台
利用料金:60分/200円
営業時間:24時間

ポステ2

収容台数:328台
利用料金
30分/150円
2時間30分~24時間/800円
営業時間:24時間

あるあるCity2号館駐車場

収容台数:912台
利用料金:30分/200円
最大料金
平日:24時間/600円
土日祝:24時間/900円
営業時間:24時間

小倉駅北口自動車整理場

収容台数:112台
利用料金:40分/200円
最大料金:24時間/2000円
営業時間:24時間

AIM地下駐車場

収容台数:427台
利用料金:30分/150円
最大料金:800円 ※営業時間内
営業時間:7:30~24:00

まとめ

今回は『関門海峡花火大会2018の穴場!渋滞や電車に駐車場情報』について書いてきました。

当日の混雑は強烈なものがありそうですが
それが分かっていても毎年大勢の観光客が日本全国から訪れるには理由があるはず。

それだけ魅力がなければそんなに人は集まりません。

西日本最大級の花火大会

少しでも興味があるアナタ

是非、参加してみてはいかがでしょうか?

間違いなく損はしないと思いますヨ

スポンサーリンク



関連コンテンツ広告コード
SNS上

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする