刈谷わんさか祭り2018の花火の穴場は?屋台や駐車場に交通規制

レスポンシブ(文字広告)

知県刈谷市

あの世界のトヨタの発祥の地であり
現在もトヨタグループ主要企業の本社・工場が集結

日本有数の自動車工業都市として知られます。

そんな刈谷市で毎年8月に開催されるのが
刈谷わんさか祭り

刈谷の夏の風物詩として市民に親しまれており
毎年約15万人の人々がお祭りに参加します。

中でも盛り上がるのが花火大会

トヨタ自動車の発祥の地
特大スターマイン など

見どころ満載の花火が刈谷の夜空を彩ります。

そこで今回は

『刈谷わんさか祭り2018の花火の穴場は?屋台や駐車場に交通規制』と題して情報をまとめていきます。

スポンサーリンク

刈谷わんさか祭り2018の基本情報

開催日程:2018年8月中旬
開催時間
開催場所:刈谷市総合運動公園
アクセス
名鉄富士松駅(一ツ木駅)より徒歩約20分

市内各所

刈谷わんさか祭り2018の花火の穴場

わんさか祭りのフィナーレを飾る花火大会

毎年多くの人々が鑑賞しますが
混雑を避ける為、一番気になるのはやっぱり『穴場』ではないでしょうか?

穴場①刈谷ハイウェイオアシス

花火会場から直線距離で約4.5km

会場から距離はありますが
ここにある観覧車から綺麗に花火を観賞する事ができます。

会場から離れている分、混雑が避けられますし
観覧車の上から眺める花火は地上で見るのとは
違った雰囲気が味わえますヨ。

穴場②富士松南小学校

花火会場から直線距離で約900m

会場からの近くにありながら穴場となっています

小高い場所にあるので花火鑑賞には最適。

富士松駅からも徒歩で10分程度の場所にあるので
アクセスも抜群です。

地元では知る人ぞ知る場所のようです。

穴場③かりがね小学校

花火会場から直線距離で約1.1km

こちらも高台にある為、花火を観やすいスポット。

一ツ木駅から徒歩約15分の場所にあるので
こちらもアクセスは良い穴場です。

穴場④逢妻川対岸

花火会場の北を流れる逢妻川の対岸

至近距離から花火の迫力を体感する事ができる穴場スポット。

刈谷わんさか祭り2018の屋台

刈谷わんさか祭りでは毎年200店以上の屋台が出店します。

ツイートを見ても分かる通り
かなりの賑わいを見せるようです。

200店舗も出店されていれば
どれを食べようか選ぶにも困るくらいの屋台グルメが揃っているのではないでしょうか?。

気になる屋台の出店時間帯は
初日(前夜祭)が17:00頃~20:30頃
2日目(本祭)が11:00頃~21:00頃

若干前後するかもしれませんが、例年大体この時間帯で出店されています。

スポンサーリンク



刈谷わんさか祭り2018の駐車場

会場周辺には臨時駐車場などの準備はありません。

また、会場周辺には例年、本祭当日のみ交通規制が敷かれます。

よって、花火大会に車で参加予定の方は会場最寄駅から離れた駅周辺で駐車場を探すのが無難だと思います。

そこで、使えそうな駐車場を調べてみました。

名鉄協商刈谷南口

収容台数:346台
利用料金:60分/200円
営業時間:24時間

リパーク刈谷駅前第4

収容台数:68台
利用料金
6:00~18:00 50分/200円
18:00~00:00 40分/200円
営業時間:24時間

名鉄協商知立駅前第2

収容台数:31台
利用料金:60分/200円
営業時間:24時間

スペースECO 知立駅前第3

収容台数:16台
利用料金:1日/400円
営業時間:24時間

名鉄協商豊明

収容台数:31台
利用料金
8:00~20:00 30分/100円
20:00~ 8:00 60分/100円
営業時間:24時間

タイムズ豊明駅前

収容台数:17台
利用料金
7:00~21:00 60分/200円
21:00~ 7:00 60分/100円
営業時間:24時間

前後駅南地下駐車場

収容台数:45台
利用料金
最初の30分/無料
以降30分/100円
営業時間:24時間

名鉄協商前後駅前南第5

収容台数:19台
利用料金:60分/100円
営業時間:24時間

前後駅前市営駐車場

収容台数:20台
利用料金
最初の30分/無料
以降30分/100円
営業時間:24時間

また、毎年、会場と市内各所を結ぶシャトルバスが運行されています。

シャトルバスをご利用の場合は、停留所がある市内各所周辺の駐車場を利用して会場へ向かう方が便利でしょう。

現在のところ、2018年の情報は未定ですが、
分かり次第ご紹介しますのでしばしお待ち下さい。

刈谷わんさか祭り2018の交通規制

先ほどもお伝えした通り、会場周辺には交通規制が敷かれます。

規制が敷かれるのは花火大会が開催される
本祭当日(2日目)のみです。

こちらも2018年の規制情報は現在のところ、未発表です。

しかし、例年、大幅な変更はないようなので
2017年の情報を記載しておきます。

<2017年刈谷わんさか祭りの交通規制>

ご覧通り、会場周辺の南側が地元の方を除き
ほぼ1日中、車両進入禁止となる模様です。

これを見ても、本祭当日は、会場には車で近づかな方が良いみたいです。

まとめ

今回は『刈谷わんさか祭り2018の花火の穴場は?屋台や駐車場に交通規制』について書いてきました。

最近はお祭りへの屋台出店が減少傾向にあるなか
200店もの屋台が出店されるのは少々驚きです。

花火を楽しむのは当然の事ながら、屋台グルメを楽しみしている方も結構多いのではないでしょうか?

参加予定のアナタは
花火と屋台で眼もお腹も満腹になって
楽しいひと時を過ごしてくださいネ!

スポンサーリンク



関連コンテンツ広告コード
SNS上

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る