赤川花火大会2018の穴場!駐車場や交通規制に升席チケット情報

レスポンシブ(文字広告)

形県鶴岡市

江戸時代に荘内藩の城下町として発展し
現在は日本有数の稲作地帯にあるこの街で

毎年8月に開催されるのが赤川花火大会

赤川花火大会は全国屈指の花火大会として有名で
『日本の花火100選』でベスト10に入ったほど

日本各地から選ばれたトップクラスの花火師が
技を競い合う打ち上げ花火は圧倒的!

合計約1万2000発の花火を観るために
例年、30万人もの人々が県内外から詰めかけます。

そこで今回は日本屈指の花火大会について

『赤川花火大会2018の穴場!駐車場や交通規制にチケット情報』と題して情報をまとめていきます。

スポンサーリンク

赤川花火大会2018の基本情報

開催日程:8月18日
開催時間:19:15~
開催場所:赤川河川敷(羽黒橋〜三川橋間)
アクセス
JR鶴岡駅より徒歩約30分
山形自動車道 鶴岡ICより車で約15分
日本海東北自動車道 鶴岡西ICより車で約20分

赤川花火大会2018の穴場

当日は、有料席の販売の他、無料観覧席の用意もあるようです。

しかし、こちらの席が混雑する事は必至。

ここで気になるのがイベント事に「付き物」の穴場ですよね?!

穴場①羽黒町側の土手

花火打ち上げ会場となる鶴岡駅側が混雑しますが
その対岸の羽黒町の川沿いの土手は鶴岡側に比べると混雑が少ない穴場となっています。

至近距離から花火の迫力が体感できそうです。

穴場②鶴岡東公園

花火会場から直線距離で約300m

こちらも至近距離から花火を体感できるスポット

会場から近くにありながら
意外にも穴場となっている場所

公園なのでシートを敷いてスペースを確保し
まったり花火鑑賞してみてはいかがでしょうか?

穴場③三川橋周辺

花火会場の北側、赤川に架かる橋

この辺は会場から近いにも関わらず
比較的人出は少ない穴場

遮るものがないのでバッチリ花火鑑賞できます

穴場④ブルボン羽黒工場近辺

花火会場から直線距離で約800m

若干、会場から離れてしましますが
花火の迫力を感じるには十分の距離です。

会場対岸にある為、人出もまばらですから
ゆっくりと花火鑑賞できそうです

穴場⑤鶴岡市立朝暘第五小学校

鶴岡東公園の北側に位置する公園

花火会場からも至近距離にあり、ほぼ真正面に花火を観賞できる穴場スポット

穴場⑥羽黒橋周辺

花火会場の南側、赤川に架かる橋

ブルボン羽黒工場同様、会場からは若干離れてしまいますが

河川敷から打ち上げられる豪快な花火が良く観える穴場となっています。

赤川花火大会2018の駐車場

赤川花火大会では例年、無料の駐車場が用意されます。

現在のところ2018年の情報は未公開ですが
参考までに過去のものを調べてみました。

<2016年赤川花火大会無料駐車場>

<2017年赤川花火大会無料駐車場>

ご覧の通り、無料駐車場が用意される場所は変更はありません。

2016年と比較して2017年の方が収容台数が増えている事が分かりますが

一般無料駐車場の収容台数は2017年の方が減少しています。

これはあくまで予測になりますが
2018年も同じような傾向になる可能性が高いのではないでしょうか?

よって、チケットを購入せず一般無料駐車場を利用するなら、出来るだけ早めに到着した方が良さそうです。

因みに各年の収容台数の内訳は以下の通り。

2016年
一般:2320台
桝席用:515台

2017年
一般:1835台
桝席用:1125台

尚、2018年の情報は分かり次第、追記しますのでしばしお待ち下さい。

また情報によると、これらの無料駐車場はすぐに満車になってしまうようです。

そこで、周辺に使えそうな駐車場がないか調べてみました。

銀座第二パーキング

収容台数:39台
利用料金
8:00~20:00 60分/200円
20:00~24:00 60分/250円
00:00~ 8:00 60分/150円
営業時間24時間

鶴岡公園中央駐車場

収容台数:59台
利用料金
平日 8:30~22:00 無料
土日祝 00:00~24:00 無料

鶴岡公園南駐車場

収容台数:41台
利用料金
平日 8:30~22:00 無料
土日祝 00:00~24:00 無料

鶴岡公園西駐車場

収容台数:54台
利用料金
平日 8:30~22:00 無料
土日祝 00:00~24:00 無料

これらの駐車場は花火会場まで徒歩で約30分ていどの距離にあります。

準備される無料駐車場と同じくらいの時間がかかりますので、

どちらを利用しても良いと思います。

スポンサーリンク



赤川花火大会2018の交通規制

花火大会当日は会場周辺で交通規制が敷かれます。

2018年の規制情報は現在のところ、未公開です。

しかしながら、こちらも過去のものを調べてみたところ、大幅な変更はないようでした。

よって、参考まで2017年の情報を記載します。

<2017年赤川花火大会の交通規制>

尚、2018年の交通規制は分かり次第、追記しますので、しばしお待ち下さい。

赤川花火大会2018の升席チケット情報

2018年のチケット情報は現在のところ未定。

そこで開催日から販売開始日を予測してみました。

2018年の開催は8月18日です。

2017年の開催は8月19日
2016年の開催は8月20日 でした。

過去2年の升席を含めたチケットの一般販売開始日は
7月1日。

よって、開催日が同時期である事から
2018年の一般販売も7月1日からのスタートになる可能性が高いのではないでしょうか?

因みに、過去2年間のチケット詳細は以下の通り

<2016年>

<2017年>

2016年と比べて2017年の方が席の種類が増えています。

料金は若干お高めですが、種類が増えているという事は人気がある証拠ですね。

今年はどうなるのか?
今から楽しみにしている方も多いのではないでしょうか?

尚、2018年の情報は分かり次第、追記しますので
しばしお待ち下さい。

まとめ

今回は『赤川花火大会2018の穴場!駐車場や交通規制に升席チケット情報』について書いてきました。

過去に参加した方々のクチコミを見ていると
「絶対言って欲しい」
「裏切らない!」
「素晴らしい!」 etc…

称賛の言葉しか見当たらないくらいでした。
さすが100選のベスト10ですね!

当日はかなり混雑すると思いますが
電車の臨時便やシャトルバスも運行されて
公共交通機関を使えば比較的スムーズに移動できる、との声もありました。

うまく移動手段を活用して
最高の時間を過ごしてきてください!!

スポンサーリンク



関連コンテンツ広告コード
SNS上

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする