函館港まつり2018花火の穴場や時間は?交通規制に屋台情報

レスポンシブ(文字広告)

海道函館市

市町村の魅力度ランキングで1位を獲得するなど

毎年500万人以上の観光客が日本全国から訪れるほど人気の観光都市

そんな函館市で毎年8月に開催されるのが
函館港まつり

例年、5日間にわたって実施されるこのお祭りは
函館の短い夏を盛り上げる市民参加型の恒例行事。

中でも、注目を集めるのがオープニングを飾る花火大会

例年、7万人もの人々が花火を一目見ようと道内外から多くの観光客が訪れます。

そこで今回は函館の街が熱気に包まれるこのお祭りについて

『函館港まつり2018花火の穴場や時間は?交通規制に屋台情報』と題して情報をまとめていきます。

スポンサーリンク

函館港まつり2018の基本情報

開催日程:2018年8月上旬予定
開催時間
開催場所:函館市街地

2018年の情報は現在、未発表。
例年の開催は8月1日~5日。

昨年・2016年とこの期間の開催だった為
恐らく2018年も同じ時期の開催が予測できます。

尚、2018年の情報は分かり次第、ご紹介します。
それまでしばしお待ち下さい。

函館港まつり2018花火の穴場や時間帯

函館港まつりの花火大会は例年、祭りの初日に開催されます。

例年の開催日程や時間帯は以下の通り、

花火大会開催日程:8月1日
花火大会開催時間:19:45~21:00
花火大会開催場所:函館市緑の島

アクセス
JR函館駅から徒歩5分

尚、2018年の開催情報は現在のところ未公開なので分かり次第、公開します。

当日は、大勢の観光客が訪れ会場はかなりの混雑が予測できます。

そこで、気になる穴場スポットを調べてみました。

穴場①函館山

花火会場から直線距離で約1.5km

言わずと知れた「函館100万ドルの夜景」が一望できる場所。

人出が多い事は避けられませんので穴場というのは抵抗がありましたが

やっぱり『外せない』スポットです。

穴場②元町公園

花火会場から直線距離で約700m

会場からほど近くに位置するので花火の迫力を体感できそうな穴場。

園内には展望台もありますので
この辺りにスペースを確保してまったり花火鑑賞するのもアリでしょう。

穴場③八幡坂

花火会場から直線距離で約700m

こちらも函館の町並みが望める事で有名なスポット。

会場からも近いので、花火を観るには最適。

特に、函館西高校付近がオススメ

穴場④函館市企業局

花火会場から直線距離で約900m

例年、花火大会当日はここの屋上が開放されます。

会場方向には前方に建物があるので
水上花火を見るのは難しいかもしれませんが
打ち上げ花火を観賞するには全く問題ありません。

函館市電 十字街駅降りてすぐにあるので
アクセスも便利です。

因みに、2017年は工事期間中だった為、
屋上は解放されませんでした。

しかし、工事は昨年8月で終了しているようなので、今年は解放されると思いますヨ

穴場⑤函館市青函連絡船記念館

花火会場から直線距離で約700m

海を挟んで会場を望む場所にあるので
花火を遮るものは何もありません。

全てのプログラムを綺麗に眺める事ができそうですネ。

また、例年、花火大会当日は「花火の夜特別開館」と称して記念館が開かれています。

特別開館時間は19:00~21:15。
入館料は500円。

函館駅・函館駅前駅からも近いので
訪れやすいスポットです。

スポンサーリンク



函館港まつり2018の交通規制は?

函館港まつり開催期間中は函館市内各地で交通規制が敷かれます。

各日で踊りなどのイベント開催場所が異なる為
規制が敷かれるエリアも当然ながら変化します。

現在のところ、2018年の規制情報は公開されていません。

しかし、例年大幅な変更がないようなので
参考までに昨年の情報をご確認ください。
↓  ↓  ↓  ↓
2017年、函館港まつり交通規制

各日で規制エリアも時間帯も変化しますので
参加する日の規制情報を事前に確認しておいた方が良さそうです。

函館港まつり2018の屋台

函館港まつりでは開催期間と通して
多くの屋台が出店します。

屋台が多く出店している場所は
大門グリーンプラザ周辺

焼き鳥
おでん
ビール
トルネードポテト etc…

豊富な種類の屋台グルメが楽しめそうです♪

屋台の出店時間は朝から出店しているお店もちらほらみられ

出店の終了時間は22:00頃のようです。

また、十字街地区では屋外ビアガーデンが期間限定でオープンされるので、

ビール片手に花火鑑賞するのもアリですネ

まとめ

今回は『函館港まつり2018花火の穴場や時間は?交通規制に屋台情報』について書いてきました。

港まつり開始期間中には約50万人もの観光客が函館の街を訪れます。

名物の「いか踊り」はなんと飛び入り参加もOK

見るだけでは飽き足らないアナタは
お祭りに参加できる絶好のチャンスです。

是非、参加して楽しい時間をお過ごしくださいネ!

スポンサーリンク



関連コンテンツ広告コード
SNS上

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする