三津浜花火大会2018の穴場!駐車場に臨時電車や観覧船情報

レスポンシブ(文字広告)

媛県松山市

松山城を中心とした城下町として発展しつつ
道後温泉で有名な古くから温泉地としても栄えてきた四国最大の都市

この松山市で毎年8月に開催されるのが
三津浜花火大会

三津浜花火大会は中四国最大級の花火大会

合計1万1000発の花火を観戦するために、県内外から約20万人もの観光客が松山の街を訪れます。

「行ってみたいランキング四国2位」
「行ってよかったランキング四国3位」

と非常に評価の高い花火大会としても知られています。

そこで今回は四国を代表する花火大会について

『三津浜花火大会2018の穴場!駐車場に臨時電車や観覧船情報』と題して情報をまとめていきます。

スポンサーリンク

三津浜花火大会2018の基本情報

開催日程2018年8月5日(日)
開催時間:20:00~21:20
開催場所:三津埠頭
アクセス
伊予鉄道高浜線 三津駅より徒歩約15分

三津浜花火大会2018の穴場

三津浜花火大会は四国でも人気の花火大会ですから
当日はかなり混雑します。

そこで出来るだけ混雑を避けたいアナタの為に
穴場を調べてみました。

穴場①梅津寺駅周辺

花火会場から直線距離で約1.5km

ここは地元では知る人ぞ知る花火の穴場スポット

駅自体からも花火を観る事はできますが
駅の真ん前にある砂浜から眺めるのがオススメ

砂浜にまったり座って海越しにまったり花火鑑賞ができます

因みに近くにあるブロックが積み上げられたような場所がありますが

そこは地元の方々でさえ近づかない場所です。
危険なのでスルーしてくださいネ♪

穴場②松山空港南公園

花火会場から直線距離で約4.5km

会場からは距離がありますが
花火のベストショットを狙うカメラマンの間では結構有名な場所のようです。

園内にはベンチもあり彼氏彼女連れにも人気のスポット。

駐車場は完備されていますが、20台ほどのようなので、出来るだけ早めの到着がオススメ。

穴場③弁天山

花火会場から直線距離で約2km

小高い場所にあり会場を見下ろす形で花火を観賞する事が出来ます。

弁天山緑地もあるので、子供と遊んだ後に花火鑑賞というプランもアリです。

穴場④アイテムえひめ

例年、花火大会当日に屋上に観覧席が設置されます。

有料ですが、食事・ドリンク付きでゆっくり花火を楽しむ事ができそうです。

2017年の料金は
中学生以上:3900円
小学生:2050円
4歳以上~小学生未満:500円

因みに、チケットを提示すると、立体駐車場が無料で利用できるようです。

穴場⑤北吉田防波堤

この場所は地元では有名な釣りスポット。

ですが、花火大会当日は、釣り人の姿もまばらで混雑が少ない穴場となっています。

花火会場から直線距離で約3kmと
若干距離がありますが、

花火を遮るものがないので花火をバッチリ眺める事ができそうです。

三津浜花火大会2018の駐車場

三津浜花火大会では例年、専用の臨時駐車場が準備されます。

2018年の情報は現在のところ発表されていません。

そこで、参考までに2017年の情報をアップしておきます。

<2017年三津浜花火大会の臨時駐車場>
設置場所
・三津公園
・三津浜中学校
・三津第二埠頭
・アイテムえひめ

収容台数は合計約2000台
利用可能時間は17:00~22:30

しかし、2000台用意されているとはいえ、
この花火大会は四国でも人気の高いイベントなのですぐに満車になる可能性があります。

花火大会終了後もしばらくは解放されているようなので

時間をおいてから帰宅するのがベストの選択だと思いますが

それでも、周辺の渋滞にハマる可能性が高いのではないでしょうか?

そこで、周辺で使えそうな駐車場を調べてみました。

リパークワイド松山市民病院前

収容台数:24台
利用料金
00:00~ 8:00 60分/100円
8:00~22:00 60分/200円
営業時間:24時間

ポスパーク松山宮田町

収容台数:11台
利用料金:30分/100円
営業時間:24時間

フラワーパーキング千舟町

収容台数:145台
利用料金
平日
8:00~20:00 20分/50円
土日祝
8:00~20:00 30分/100円
全日
20:00~8:00 1時間/50円

営業時間:24時間

タイムズ松山湊町第2

収容台数:27台
利用料金
8:00~18:00 60分/300円
18:00~ 8:00 60分/100円
営業時間:24時間

スポンサーリンク



三津浜花火大会2018の臨時電車

花火大会当日は大変混雑するため、例年、臨時電車が増発されます。

こちらも2018年の情報は今のところ未公開ですが

例年、JR予讃線・伊予鉄ともに臨時電車が増発されます。

例年、大きな変更はないようなので
参考までに2017年の情報をひとまずアップしておきますネ。

<2017年三津浜花火大会の臨時電車>

尚、2018年の臨時電車情報は分かり次第、ご紹介します。

それまでしばしお待ち下さい。

三津浜花火大会2018の観覧船情報

花火を陸上から眺めるのも良いですが
海の上から陸とは違ったアングルで花火鑑賞するものアリでしょう。

例年、松山海陸トラベルさんが貸切りのクルージング船を運行しています。

こちらも2018年の情報は今のことろ、未公開ですが、

参考になると思いますので、昨年の情報をアップしておきます。

<2017年松山海陸貸切り観覧船情報>
料金(1名)
大人:4000円
4歳~小学生:2500円

募集人数:220人

船内は指定ではなく、自由席です。
また、船内への缶ビン・ペットボトルの持ち込みは不可。

2018年の情報は分かり次第、追記しますので
それまでしばしお待ち下さい。

例年通りなら、料金もそれほどお高くないので
今年は海上から優雅に花火を観賞するのもアリかもしれませんネ。

まとめ

今回は『三津浜花火大会2018の穴場!駐車場に臨時電車や観覧船情報』について書いてきました。

「行って良かったランキング」で上位に食い込んでいるという事は

事前の予想を裏切らない、という事でしょう。

松山は見処が多い観光都市でもあるので、
宿泊して花火と同時に、温泉などを楽しむのも良いのではないでしょうか?

1年に一度のイベントなので
思う存分楽しい時間をお過ごしくださいネ!

スポンサーリンク



関連コンテンツ広告コード
SNS上

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする