吉田の火祭り2018の日程や時間は?駐車場や屋台の情報も公開

レスポンシブ(文字広告)

田の火祭は日本3奇祭・日本10大火祭りの1つに数えられる富士吉田市を代表する祭典です。

『富士山のお山じまい』の祭りとして毎年8月に開催されるこのお祭りでは

御渡した後に神輿が奉安されると、一斉に大松明が点火され

富士山麓の街一帯が炎に包まれる光景は圧巻の一言です!

そこで今回はこの日本を代表する奇祭について

『吉田の火祭り2018の日程や時間は?駐車場や屋台の情報も公開』と題して情報をまとめていきます。

スポンサーリンク

吉田の火祭り2018の日程や時間

開催日程2018年8月26日(日)~27日(月)
開催時間:各日により異なる
開催場所:北口本宮冨士浅間神社上吉田地区
アクセス
富士急 富士山駅より徒歩約5分

開催時間帯は各日によって異なります。
2018年のスケジュール詳細は
まだ判明していません。

参考までに2017年のスケジュールをおおまかにご紹介すると

8月26日
15:00 浅間神社本殿祭が開始
17:00 神輿が浅間神社を出発
18:30 御旅所に神輿到着
18:40 御旅所にて大松明点火
19:00 松明点火後、沿道へ
19:30 大松明が金鳥居に到着

8月27日
13:30 御旅所にて発輿祭
14:00 神輿が出発
15:30 金鳥居祭
16:00 浅間神社にて「すすき玉串」
18:00 御鞍石祭
オミクライシに神輿を安置
19:00 浅間神社にて「高天原祭」
スキ玉串を手にした参拝客を従え
神輿が7周回ります
20:00 浅間神社還幸祭

各時間は進行状況により変化しますが
例年大体このような流れでお祭りが進行されるようです。

尚、2018年の時間帯などスケジュール詳細は分かり次第アップします。

よって、しばしお待ち下さい。

吉田の火祭り 駐車場

吉田の火祭りでは例年、臨時駐車場が準備されます。

2018年の臨時駐車場の詳細は現在のところ未定です。

しかし、例年大きな変更はないようなので
参考までに昨年のものをアップしておきますネ。

<2017年吉田の火祭りの臨時駐車場>

普通車

吉田小学校
収容台数:約100台
開場時間:13:00~23:00

吉田西小学校
収容台数:約200台
開場時間:13:00~23:00

富士吉田市役所
収容台数:約200台
開場時間:18:00~23:00

大型車
諏訪の森自然公園
収容台数:約20台
開場時間:13:00~23:00
※普通車は公園利用者のみ利用可能
※最終入場は21:00まで

用意される駐車場は収容台数に限界があります。

当日は大勢の観光客が訪れ混雑が予想されますので

出来る限り公共交通機関のご利用をオススメします!

尚、2018年の駐車場情報は分かり次第、ご紹介します。

よって、それまでしばしお待ち下さい。

スポンサーリンク



吉田の火祭り2018の屋台

例年、吉田の火祭りでは多くの屋台が出店されます。

とりの皮焼き
ケバブ
広島焼
アユの塩焼き
焼きそば
スノーアイス etc…

中には「山梨うまいもんコンテスト」で受賞した屋台の出店もあるとか

屋台の出店場所金鳥居から上宿交差点にかけてズラリと屋台が軒を連ねます。

また、屋台の出店時間帯
例年、火祭りの開催時間と重なる傾向にあるようですが

夜は22:00過ぎまで出店している屋台も結構あるみたいですヨ。

まとめ

今回は『吉田の火祭り2018の日程や時間は?駐車場や屋台の情報も公開』について書いてきました。

吉田の火祭りはただの奇祭ではなく
その背景には冨士講など富士山への民間信仰など多くの要素が含まれており

2012年には国の重要無形民俗文化財にも指定されています。

例年、この貴重な文化財を観るために約20万人もの人々が富士吉田の街に集結します。

まだ参加したことがないなら一度は参戦してみてはいかがでしょうか?

貴重な体験をする事ができ
良い夏の思い出を作る事ができますヨ!

スポンサーリンク



関連コンテンツ広告コード
SNS上

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする