厚木花火大会2018の穴場!有料席や駐車場に屋台情報を公開

レスポンシブ(文字広告)

奈川県厚木市

神奈川県のほぼ真ん中に位置し
古くから交通の要所として発展
現在では大学や短期大学が多い街として知られる街。

そんな厚木市で毎年8月に開催されるのが
あつぎ鮎まつり大花火大会

あつぎ鮎まつりの目玉として開催され
フィナーレを飾る大ナイアガラなど

バラエティー豊富な約1万発の花火が厚木を夏の夜空を彩ります。

例年、この花火を一目見ようと集まる人出は
53万人!

「行ってみたい花火ランキング関東5位」
の人気を誇ります。

そこで今回は、関東でも人気の高い花火大会について

『厚木花火大会2018の穴場!有料席や駐車場に屋台情報を公開』と題して情報をまとめていきます。

スポンサーリンク

厚木花火大会の基本情報

開催日程:2018年8月4日(土)予定
開催時間:19:00~20:30
開催場所:相模川河川敷(三川合流点)
アクセス
本厚木駅北口から徒歩15分

厚木花火大会2018の穴場

学生の街でもある事から50万人以上の人出がある花火大会ですから、当日は混雑が予想できます。

そこで、気になる穴場スポットを調べてみました。

穴場① 厚木中央公園

花火会場から直線距離で約1km

本厚木駅から徒歩5分とアクセスは抜群。

当日は、イベントが開催され、屋台も出店されます。

よって、昼間はイベント、夜は花火。
というように、一日中、この公園でお祭り気分を味わう事ができます。

穴場② 相模三川公園

花火会場から直線距離で約1.3km

グラウンドが3つもあり、かなり敷地が広い公園なので、場所取りをするのに困る事はないと思います。

会場からもほど近いので、花火をバッチリ鑑賞すことができそうです。

アクセスは海老名駅を利用するのが便利。

厚木側から向かおうとすると246号線まで出る事になります。

穴場③ 厚木野球場

花火会場から直線距離で約400m
本厚木駅からは徒歩で約15分

例年、当日はグラウンドを無料開放してくれます。

会場から至近距離で、かつ目の前に遮るものは何もありません。

花火の迫力をもろに体感する事ができそうですネ。

穴場④ 相模川河川敷周辺(海老名市側)

花火会場は相模川で打ち上げられるため
当然、厚木の隣にある海老名市側でも花火は鑑賞できます。

イベントが開催される本厚木駅側はかなりの賑わいを見せますが

相模川を挟んだ海老名市側の河川敷は場所を確保しやすい穴場となっています。

アクセスは厚木駅を利用すると便利。
厚木駅から徒歩で約10分の距離です。

穴場⑤ 金田第二青少年広場

花火会場から直線距離で約200m

会場の目の前にある公園ですが
本厚木駅や海老名駅からもかなり離れている為、例年、人出が少ない穴場スポット。

尚、例年、花火大会当日朝まで相模川河川敷での場所取りは禁止されています。

当日朝以前に、場所取りしていた場合、
利用したシートなどは撤収されてしまいます。

周辺住民の方々の迷惑になりますので、
くれぐれもルールを守ってくださいネ。

スポンサーリンク



厚木花火大会2018の有料席

例年、厚木花火大会では有料席が販売されます。

チケットの販売は7月上旬予定です。

現在のところ、2018年の情報は明らかになっていませんが

例年、大きな変化はないようです。
そこで、2017年のものをアップしておきます。

<2017年厚木花火大会の有料席>
エキサイティングシート
(相模川河川敷厚木側)
2人シート席:6000円
4人シート席:10000円

ファンタスティックシート
(相模川河川敷海老名側)
2人シート席:5000円
3人シート席:6500円
4人シート席:8000円
5人シート席:9500円

有料席チケットの購入方法は2つ。
①セブンイレブン店頭で
②パソコンから「セブンチケット」で

因みに、昨年はチケット1枚購入につき
「あゆコロちゃん」のオリジナルレジャーシートのプレゼントがあったようです。

尚、2018年の有料席情報は分かり次第、記載しますので、しばしお待ち下さい。

厚木花火大会2018の屋台

例年、あつぎ鮎まつりでは「市民出店村」と称して多くの屋台が出店されます。

屋台の出店数はおよそ400店!

気になる屋台の出店場所は

<初日だけ>
厚木公園
花火大会会場

<初日~2日目>
厚木中央公園
厚木なかちょう大通り
厚木一番街通り

また、屋台の営業時間は

初日:10:00頃~21:00頃
2日目:10:00頃~18:00頃

例年、2日目より初日の方が屋台出店数が多いので

屋台グルメを味わいたい場合は初日がオススメです♪

厚木花火大会2018の駐車場

例年、厚木の花火大会において臨時駐車場などの準備はありません。

そこで、車で参加予定の場合は、ご自身でコインパーキングなどを探す必要があります。

そこで、周辺で使えそうな駐車場をピックアップしてみました。

タイムズ厚木駅南

収容台数:41台
利用料金
8:00~00:00 20分/100円
00:00~ 8:00 60分/100円
営業時間:24時間

GSパーク厚木

収容台数:32台
利用料金
8:00~22:00 30分/100円
22:00~ 8:00 60分/100円
営業時間:24時間

リパーク座間駅前

収容台数:18台
利用料金
00:00~ 8:00 60分/100円
8:00~ 22:00 30分/200円
22:00~ 00:00 60分/100円
営業時間:24時間

ショッパーズプラザ海老名店駐車場

収容台数:830台
利用料金
最初の1時間/300円
以降30分/100円
最大料金
立体駐車場のみ1日/800円
営業時間
平地:7:00~21:30
立体:24時間

タイムズ海老名セレモニーホール

収容台数:40台
利用料金
8:00~00:00 30分/100円
00:00~ 8:00 60分/100円
営業時間:24時間

タイムズ海老名中央公園地下

収容台数:197台
利用料金
7:00~23:00 30分/150円
※60分以降は30分/100円
23:00~ 7:00 60分/100円
営業時間:4:30~1:00

本厚木駅周辺は当日、かなり混雑しますし、交通規制も敷かれますので

当日は、車で本厚木駅周辺には近づかない方が無難だと思われます。

よって、少し離れた駅周辺で駐車場を探す事をオススメします。

まとめ

今回は『厚木花火大会2018の穴場!有料席や駐車場に屋台情報を公開』について書いてきました。

厚木へは新宿からも横浜からもアクセスが良く、約1時間で行けちゃいます。

当日は50万もの人々が集結するためかなりの混雑が予測できますが

関東で「行ってみたいランキング」上位にランクインするほどの花火大会です。

是非、一度参加してみてはいかがでしょうか?
絶対損はしないと思いますヨ

スポンサーリンク



関連コンテンツ広告コード
SNS上

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする