小見川花火大会2018の穴場!駐車場や交通規制に屋台出店情報も

レスポンシブ(文字広告)

葉県香取市

水郷と呼ばれる利根川下流域から霞ヶ浦にかけての低湿地帯にあり

武神を祀る香取神宮の鳥居前町として知られます。

そんな香取市で毎年8月開催されるのが
水郷おみがわ花火大会

この花火大会は
100年以上続く歴史ある花火大会

打ち上げ数約8000発の趣向を凝らした花火が
リズミカルに打ち上げられる光景は迫力満点

例年、約15万人もの人々が訪れる関東でも人気の花火大会です。

そこで今回はこの100年以上の歴史を誇る花火大会について

『小見川花火大会2018の穴場!駐車場や交通規制に屋台出店情報も』と題して情報をまとめていきます。

スポンサーリンク

小見川花火大会2018の基本情報

開催日程:2018年8月上旬
開催時間:19:00~21:00
開催場所:小見川大橋下流 利根川河畔
アクセス
JR成田線小見川駅から徒歩30分

小見川花火大会2018の穴場

関東でも有数の歴史ある花火大会ですから
当日はかなり混雑します。

そこで、気になるのはやはり『穴場』
ですよね!?

穴場① 小見川城山公園

花火会場から直線距離で約2.3km

会場からは若干離れてしまいますが
花火を遮るものが周辺にないので
花火をバッチリ鑑賞する事ができそうです。

穴場② 小見川河川敷緑地

花火会場から直線距離で約1km

会場から至近距離にありながら
例年、比較的人出が少ない傾向にある穴場スポット

会場から近いため、例年17:00頃から混雑が始まりますが

会場の近く眼前を邪魔するものは何もないので
花火のド迫力を存分に楽しむ事ができそうですネ。

小見川花火大会2018の駐車場

例年、小見川花火大会では当日、無料の臨時駐車場が用意されます

2018年の駐車場情報は今のところ公開されていません

そこで参考まで2017年の情報をご紹介すると
用意された臨時駐車場は9カ所

花火打ち上げ会場付近の利根川河川敷運動公園を含め

小見川駅近辺に準備されていました。

尚、ソニー跡地に用意された臨時駐車場は
会場から距離がある為、シャトルバスが運行されていました。

収容台数は合計約4000台。

例年、大幅な変更はないようなので
恐らく2018年も同様の内容になる事が予測できます。

尚、2018年の情報は分かり次第公開しますので
それまでしばしお待ち下さい

スポンサーリンク



小見川花火大会2018の交通規制

小見川花火大会では例年、会場周辺にて交通規制が敷かれます。

規制が開始時間は例年、17:00から

2018年の規制情報は今のところ駐車場同様、
発表されていません。

しかし、こちらも例年大幅な変更はないようです

そこで2017年の情報をまずは記載しておきます

<2017年小見川花火大会の交通規制>

尚、、2018年の情報は分かり次第追記しますので、しばしおまちください

小見川花火大会2018の屋台

小見川花火大会では毎年、屋台の出店があります。

屋台の出店数は50店舗ほどと
若干少ない気もしますが

毎年、結構な盛りあがりをみせているようです

気になる屋台の出店場所は
ズバリ花火会場である利根川河川敷周辺

ですから
会場が近づくとスグに分かると思いますヨ。

まとめ

今回は『小見川花火大会2018の穴場!駐車場や交通規制に屋台出店情報も』について書いてきました。

花火大会当日は例年、遊覧船の運行もあるようです。

2018年の詳細はまだ分かっていませんので
参考までに2017年の情報を記載しておきます。

<2017年小見川花火大会の遊覧船情報>
利用料金
中学生以上:往復1000円/片道700円
小学生:往復500円/300円
運航時間
15:00~22:00

船着場:小見川支所駐車場

陸から臨む花火も良いですが
利根川の水面から眺める花火はまた別格の雰囲気があります。

料金はかかりますが、1年に1度の花火大会です

夏の思い出を作るのに、一役買ってくれるのは間違いないでしょう。

参加予定のアナタは是非、利用してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク



関連コンテンツ広告コード
SNS上

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする