入間航空祭2017ブルーインパルスの飛行時間は?屋台やご飯情報も!

毎年10万人単位の来場数を誇る入間航空祭
今年もその季節がやってきましたね。

入間航空祭は東京近郊で唯一、ブルーインパルスの曲技飛行を見学できるとして、ファンの間では超人気のイベントになっています。

今回はそんな入間航空祭について
『入間航空祭2017ブルーインパルスの飛行時間は?屋台やご飯情報も!』と題して情報をまとめていきます。

スポンサーリンク

入間航空祭2017開催情報

開催日程:2017年11月3日(文化の日) *雨天決行
開催時間:9:00 ~ 15:00
開催場所:埼玉県狭山市航空自衛隊入間基地
入場料:無料

最寄り駅
西武池袋線 稲荷山公園駅 徒歩約3分
西武新宿線 入間市駅 徒歩約20分

入間航空祭2017ブルーインパルスの飛行時間

入間航空祭で一番の注目を集めるのは、何といっても
ブルーインパルスの曲技飛行ですよね!

入間航空祭2017のブルーインパルスの曲技飛行時間は
13:00~

詳細には・・・
13:05~  ウォークダウン開始
13:30~14:10 離陸

というプログラミングになっています。

因みに、入間航空祭2016のブルーインパルスの曲技飛行の様子はこちら

航空自衛隊ブルーインパルスカレンダー(2018) ([カレンダー])

尚、ブルーインパルス以外の展示飛行としては

U-125

画像元:防衛省

YS-11FC

画像元:防衛省

陸上自衛隊AH-1S

海上自衛隊SH-60J

画像元:防衛省

アメリカ空軍からは
C-12

画像元:wikipedia

UH-1

画像元:wikipedia

などが参加予定。

米空軍からはこれ以外にもF-15JとF-2の参加が予定されています。
こちらの機は地上展示のみとなりますが、間近で見られるこの機会はファンにとって堪らないのではないでしょうか?

入間航空祭2017の屋台やご飯情報

入間航空祭で戦闘機の曲技飛行など以外で楽しみなのが、屋台などでご飯を楽しむ事。

「横須賀海軍カレー」や「佐世保バーガー」など自衛隊基地ならではの屋台も出店されています。

ご飯の屋台としては西武鉄道のブースや宇宙食を楽しめる売店も出店されるようです。

そんな屋台のご飯を楽しめるエリアはどこにあるのでしょうか?

ご飯が楽しめるエリアとしては・・・
屋台周辺
グラウンド地区など

屋台のご飯を楽しみの1つとしてに来場しているファンもいるでしょうから、混雑は必至です。

ですから、当然、ご飯の「持ち込み」はオッケーです♪

グラウンド地区なら、レジャーシートを敷いて持ち込んだご飯でお昼を楽しむ事が可能です。

入場前に手荷物検査が行われますが、基本的に飲食物の持ち込みはオッケー。

但し、アルコール飲料は持ち込みNGですのでお気を付け下さい。
(ノンアルコール飲料は一応オッケーのようですが・・・)

ここで、アルコール以外で当日持ち込みがNGなものをまとめておきますね。

【持ち込みNGなもの】
脚立
当日は、10万人以上もの人々が来場が見込まれます。
よって、転倒などの危険を回避するため、持ち込みは禁止られています。

ペット
過去にはペット連れの入場が可能だったようですが、現在はペットを連れての入場はNGのようです。

大きめのレジャーシート
約70cm四方までのシートなら使用可能のようです。
しかしこれ上の大きさのものは持ち込み禁止。
大勢の来場客に迷惑がかからない為の処置かと思われます。

因みに、レジャーシートの利用はグラウンド地区のみ。
エプロン地区では利用できません。

危険物
刃物や爆発物などの危険物の持ち込みも当然ながら禁止されています。
まぁ、これも当然ですよね。
解放されるとはいえ、自衛隊の基地内ですから 笑
食料を切るためのクッキングナイフもNGですのでご注意ください

航空自衛隊ブルーインパルスカレンダー(2018) ([カレンダー])

まとめ

今回は『入間航空祭2017ブルーインパルスの飛行時間は?屋台やご飯情報も!』について書いてきました。

入間航空祭は東京近郊でブルーインパルスを間近で感じられる貴重なイベント。

当日は、ラッシュアワー並みの『すし詰め』状態になるかもしれません。

しかしながら、そうなっても良いと思わせるくらい大迫力のイベントになる事は間違いありません。

是非、参加されてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る