三浦海岸花火大会2018の穴場や屋台!駐車場に交通規制や混雑情報

レスポンシブ(文字広告)

奈川県三浦市

三浦半島の最南端に位置し三崎港を中心に発展

現在は情緒ある町並みが残っている事から
ドラマの撮影スポットとして人気がある街

そんな三浦市で毎年8月に開催されるのが
三浦海岸納涼まつり花火大会

一番の見処である「水中孔雀」をはじめ
合計約3000発の花火が三浦の海を照らす光景は
幻想的!

例年、この光景を観る為に、11万人もの人々が三浦の街に集結します。

そこで今回は神奈川花火ランキングトップ10入りする人気の花火大会について

『三浦海岸花火大会2018の穴場や屋台!駐車場に交通規制や混雑情報』と題して情報をまとめていきます。

スポンサーリンク

三浦海岸花火大会2018の基本情報

開催日程:2017年8月上旬
開催時間:19:30~20:15
開催場所:三浦海岸海水浴場
アクセス
京急電鉄 三浦海岸駅より徒歩約5分
横浜横須賀道路 佐原ICより車で約30分

三浦海岸花火大会2018の穴場

当日は、10万人以上の観衆が三浦海岸に集まってきます。

三浦海岸は広いので他の花火大会と比較すると、混雑は感じないと言われていますが

やはりイベントごとのお決まりとして気になるのは『穴場』ではないでしょうか?

穴場① 津久井浜海水浴場

花火会場の三浦海岸の北側にある海水浴場

最寄駅の津久井浜駅から徒歩約5分なので
アクセスも良好。

目の前に広がるのは海と砂浜のみ

抜群のロケーションの中
花火を観賞する事ができそうです。

穴場② 三浦海岸駅ホーム

花火会場の最寄り駅。

この駅のホームからバッチリ花火を観賞る事ができます。

一番のおススメスポットは
三崎口行電車の1番ホーム

海岸側のこのホームからキレイに花火を眺める事ができます。

例年、花火大会終了後は三浦海岸駅への入場規制がかかりますが、

駅のホームから花火鑑賞しておけば
入場規制とは無縁。

終了後もソッコーで帰宅する事ができそうです。

穴場③ 三浦海岸海水浴場

打ち上げ会場になっていますが
打ち上げ場所から離れた場所では混雑なく
花火を観賞する事ができます。

三浦海岸は結構広いので
人がいない場所でスペースを確保して
まったり海辺で花火鑑賞はいかが?

穴場④ 三浦富士

花火会場から直線距離で約3.3km

会場からは離れてしましますが
標高約180mの高さから眺める花火は
陸上からの眺めとは違った味わいがあります。

三浦海岸の夜景を見下ろしながら花火鑑賞♪

穴場⑤ 野比海岸

花火会場から直線距離で約4km

こちらも会場からは距離がありますが
その分、混雑が緩やか。

視界を遮るものが何もないので
花火をバッチリ眺める事ができそうです。

スポンサーリンク



三浦海岸花火大会2018の屋台

当日は、例年、多くの屋台が軒を連ねます。

屋台の出店場所
花火会場をメインに
三浦海岸駅から会場へ向かう道沿いにかけて

例年の約100店舗の屋台が出店していますので
いろんな味の屋台グルメを堪能できそうです。

三浦海岸花火大会2018の駐車場

当日は花火大会専用の臨時駐車場の準備はありません。

そこで周辺で使えそうな駐車場をピックアップしてみました。

下浦海岸第1駐車場

収容台数:69台
利用料金
7~8月:普通車 1時間/400円
営業時間:24時間

タイムズザ・ダイソー三浦海岸店

収容台数:86台
利用料金
平日:60分/300円
土日祝:20分/200円
営業時間:24時間

下浦海岸第3駐車場

収容台数:292台
利用料金
7~8月:普通車 1時間/400円
営業時間:24時間

三浦海岸花火大会2018の交通規制

例年、花火大会当日は三浦海岸駅周辺で交通岸が敷かれます。

2018年の規制情報は現在のところ公開されていません。

しかし、毎年大幅は変更はないようです。

そこで、参考になると思いますので
昨年のものを記載しておきます。

<2017年三浦花火大会の交通規制>

規制時間帯は18:30~21:00

花火終了後もしばらくはこのエリアは規制がとかれないので、

車で参加予定の方はご注意ください。

尚、2018年の情報は分かり次第、ご紹介します。

よって、それまでしばしお待ち下さい。

三浦海岸花火大会2018の混雑

例年、10万人以上の人々が集まる花火大会。

花火とともに気になるのが帰宅時の混雑でしょう。

人気の花火大会でありながら、三浦半島の最南端という場所柄もあって

他の花火大会ほど混雑しないと言われていますが

やっぱり帰りの時間帯は『カオス』と化すようです。

これを見る限り、花火終了直後は身動きがとれない可能性が高いですね。

帰宅する際は、花火終了を待たず帰宅を開始するか、時間をズラして帰宅する。

もしくは、会場から離れてた穴場をうまく利用して花火を観賞するのが無難でしょう。

時間をズラす場合でも、海水浴場周辺はお店も結構ありますので、時間を潰すには問題なさそうです。

まとめ

今回は『三浦海岸花火大会2018の穴場や屋台!駐車場に交通規制や混雑情報』について書いてきました。

三浦花火大会は最寄駅からのアクセスも抜群なので

出来るなら当日は、車での参加は避けて
電車の利用をオススメします。

また、会場周辺の砂浜は夜間薄暗いです。

よって、懐中電灯などの持参が推奨されています。

停電など万が一の事が起こらないとも限らないので、

当日参加の際には、忘れずにお持ちくださいネ。

楽しいひとときを!!

スポンサーリンク



関連コンテンツ広告コード
SNS上

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする