奥多摩花火大会2018の穴場!駐車場や屋台に口コミ情報

レスポンシブ(文字広告)

京都奥多摩町

東西に長い東京の最西端に位置し

東京でありながら自然が豊富なこの街は
町内全域が国立公園に指定されており
都民のオアシスとなっています。

そんな奥多摩で毎年8月に開催されるのが
奥多摩納涼花火大会

開催時間は30分と他の花火大会と比較すると短いですが

短時間に約1000発もの花火が連続して打ち上げられ奥多摩の夏の夜空を豪快に染め上げます。

そこで今回は東京最西端の花火大会について

『奥多摩花火大会2018の穴場!駐車場や屋台に口コミ情報』と題して情報をまとめていきます。

スポンサーリンク

奥多摩花火大会2018の基本情報

開催日程:2018年8月中旬
開催時間:19:45~20:20
開催場所:奥多摩町氷川 愛宕山
アクセス
JR奥多摩駅おりてスグ

詳細のお問い合わせ先はこちら
↓  ↓  ↓  ↓
【奥多摩町役場観光産業課 0428-83-2295】

奥多摩花火大会2018の穴場

奥多摩の花火大会の花火は山頂から打ち上げられる為、

他の花火大会と比べると
会場周辺の広いエリアから花火を観賞する事ができます。

よって、正直なところ、ここが穴場!
というスポットは存在しないようです。

敢えて、言うならば・・・
奥多摩駅前通りの橋 でしょうか。

この橋には例年、屋台が軒を連ねる場所ですから

屋台グルメに舌鼓を打ちつつ花火を眺める事ができるスポットとなっています。

奥多摩花火大会2018の駐車場

例年当日の臨時駐車場などの用意はありません。

会場周辺では当日、交通規制が敷かれますから
出来る限り、電車での来場をオススメします。

しかしながら、例年、車で来場する方がいらっしゃるのも事実です。

そこで、周辺で使えそうな駐車場を調べてみました。

御岳苑地駐車場

収容台数:55台(普通車53/身障者用2)
利用料金:無料

御岳渓谷駐車場

収容台数:25台
利用料金:1日/1000円

タイムズ青梅仲町
収容台数:15台
利用料金
8:00~00:00 30分/100円
00:00~ 8:00 60分/100円
営業時間:24時間

タイムズ青梅上町

収容台数:39台
利用料金
8:00~00:00 30分/100円
00:00~ 8:00 60分/100円
営業時間:24時間

タイムズ河辺第10

収容台数:23台
利用料金
8:00~22:00 40分/200円
22:00~ 8:00 60分/100円
営業時間:24時間

タイムズ河辺

収容台数:22台
利用料金
平日
9:00~15:00 30分/200円
15:00~22:00 60分/200円
22:00~ 9:00 60分/100円

土日祝
9:00~22:00 60分/200円
22:00~ 9:00 60分/100円
営業時間:24時間

上記以外で駐車場をお探しなら下記リンク先から
↓  ↓  ↓  ↓
青梅駅(青梅市)周辺タイムズ駐車場

スポンサーリンク



奥多摩花火大会2018の屋台

例年、花火大会当日は、小規模ながら屋台の出店があります。

屋台の出店数は約50店舗。

屋台の出店場所は最寄り駅の奥多摩駅周辺がメインです。

都心の花火大会程屋台の数が多くないので
屋台グルメを求める人たちで行列ができる事もあるとか・・・

よって、屋台グルメを味わいたいアナタは
出来るだけ早めに到着しておいた方が良いかもしれません。

奥多摩花火大会2018の口コミ

花火会場といえば、通常は海や川を思い浮かべますよね?!

しかし、奥多摩の花火は山の上から打ち上げられる事もあって、

他の花火大会と違って独特の雰囲気があるようです。

『古き良き花火大会』
なんだか良い響きですネ♪

まとめ

今回は『奥多摩花火大会2018の穴場!駐車場や屋台に口コミ情報』について書いてきました。

海上や河川敷から打ち上げられる花火が多い中

山頂から打ち上げられる花火は
なかなかお目にかかれないのではないでしょうか?

都心からは約2時間かかりますが
立川あたりからだと1時間程度で到着します。

お近くにお住いのアナタは
山頂から打ち上げられる貴重な花火を
是非鑑賞しに行ってみてはいかがでしょうか?

決して損はしないと思いますヨ!

スポンサーリンク



関連コンテンツ広告コード
SNS上

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする