三郷花火大会2018の穴場や有料席!駐車場や交通規制に屋台情報も

レスポンシブ(文字広告)

玉県三郷市

東京都心から約20㎞

都心からも近く、つくばエクスプレスが開通した事により

近年、急激に発展と遂げている街。

そんな三郷市で毎年8月に開始されるのが
みさとサマーフェスティバル花火大会

例年、対岸の流山市の花火大会と同時開催され

三郷市民恒例の夏のメインイベントの1つとして認知されています。

流山市側と合わせて合計約1万発もの花火が
音楽に乗せてリズムよく打ち上げられる音楽花火は好評!

この花火を一目見ようと例年約10万人もの観衆が三郷の街に集結します。

そこで今回は埼玉でも人気の花火い大会について

『三郷花火大会2018の穴場や有料席!駐車場や交通規制に屋台情報も』と題して情報をまとめていきます。

スポンサーリンク

三郷花火大会2018 基本情報

開催日程:8月中旬
開催時間:19:00~20:30
開催場所:江戸川河川敷三郷市営グラウンド
アクセス
三郷駅から徒歩で約5分

三郷花火大会2018 穴場

三郷の花火大会は駅からのアクセスも抜群で
都心から近い事

さらに流山の花火も鑑賞できるとあって
人気が高いイベントです。

ここで気になるのがやはりイベント鉄板の『穴場』ではないでしょうか?

穴場① 江戸川河川敷

花火会場そのものなので、混雑がハンパないと思われるかもしれません。

しかし、行った事がある方はお分かりかと思いますが

江戸川の河川敷はかなり広いです!

そこで、花火会場から徒歩で遠ざかれば
案外、スペースを確保できちゃう事が多いです。

穴場② 前間小学校周辺

花火会場から直線距離で約1.5km

この辺りは田畑が多く高い建物がありません。

会場からも程よい距離にあるので
花火をバッチリ鑑賞する事ができそうです。

穴場③ みさとの風ひろば

花火会場から至近距離にありながら
駅を挟んで会場とは反対方向にある為か
案外穴場となっているスポット。

武蔵野線が邪魔に感じるかもしれませんが
至近距離から花火の迫力を肌で感じとれそうです。

穴場④ 江戸川第三運動公園

会場から直線距離で約1km。

会場と同じく河川敷に拡がる公園。

三郷駅から徒歩で約30分かかりますが

野球場が9面もあるほど巨大な公園なので
それほど窮屈さを感じる事はなさそうですヨ。

穴場⑤ イトーヨーカドー流山店

会場から江戸川挟んで対岸になるので
流山の花火をメインで鑑賞する事になりそうですが

例年、屋上駐車場が解放され、ここから花火を観賞する事ができます。

流山線 平和台駅降りてすぐの場所にあるので
アクセスも抜群です。

三郷花火大会2018の有料席は?

三郷花火大会では例年、有料席が設けられます。

2018年の有料席の情報は現在のところ未公開です。

例年、大きく変化する事はないようなので

参考になると思いますので、昨年の情報を記載します。

<2017年三郷花火大会の有料席>

有料席は全席自由席。
開場は当日の17:00から

前売り期間:7月1日 10:00~8月18日
当日券販売:8月19日 0:00~15:59

※当日券は前売りが売れ残った場合のみ販売

<料金>

前売り
自由席(1席/1名):3000円
ペア席(1席/2名):6000円

当日
自由席(1席/1名):4000円

※3歳以下は無料

<購入方法>
チケットぴあ

ネット購入かコンビニで!

その他注意点としては

・飲食物の持ち込みは自由
・椅子やテーブル等の持込は禁止
・有料観覧席へのペット連れも禁止

尚、2018年の有料席情報は分かり次第、記載します。
それまでしばしお待ち下さい。

スポンサーリンク



三郷花火大会2018の駐車場

例年、当日の臨時駐車場などの用意はありません。

駅からのアクセスも非常に良いので、当日参加する際には電車での来場をオススメします。

しかし、毎年、車で参加する方が存在するのも現実です。

そこで、周辺で使えそうな駐車場を調べてみました。

タイムズダイエー新松戸店
収容台数:729台
利用料金
最初の30分/無料
30分以降 60分/300円
利用可能時間:8:45~22:30

タイムズ新松戸第8
収容台数:16台
利用料金
8:00~00:00 20分/100円
00:00~8:00 60分/100円
営業時間:24時間

タイムズLST松戸
収容台数:64台
利用料金
8:00~22:00 30分/200円
22:00~8:00 60分/100円
営業時間:24時間

タイムズ松戸本町
収容台数:24台
利用料金
8:00~00:00 30分/200円
00:00~ 8:00 60分/100円
営業時間:24時間

タイムズ吉川駅前第6
収容台数:163台
利用料金:60分/200円
利用可能時間:9:30~22:30

タイムズ吉川駅前
収容台数:93台
利用料金:60分/200円
営業時間:24時間

タイムズ吉川駅前第2

収容台数:30台
利用料金:60分/200円
営業時間:24時間

上記以外にもお探しならこちらからどうぞ
↓  ↓  ↓  ↓
タイムズ駐車場検索
ナビタイム駐車場検索

三郷花火大会2018交通規制

例年、会場周辺で交通規制が敷かれます。

2018年の規制情報は現在のところ未公開で。

しかしながら、毎年大幅は変更はないみたいです。

過去の情報によると、
規制時間帯は18:00頃~21:30頃

また、当日は、会場周辺は渋滞が起こる事が予測できます。

特に、県道29号線は日常的に車の流れが悪くなるようです。

よって、花火大会当日は出来るだけ会場周辺には近づかない方が無難だと思います。

尚、2018年の交通規制の情報は分かり次第、記載します。

それまでしばしお待ち下さい。

三郷花火大会2018の屋台

当日、有料席周辺に屋台ブースが設置されます。

また、例年、会場周辺の3つ通りで屋台が出店されています。

屋台の出店数は約30店舗ほどと若干寂しい感じです。

しかし、同時開始される流山花火大会では
相当数の屋台が出店され、かなりの賑わいを見せるようです。

よって、屋台グルメを楽しみにしているアナタは流山の方に足を延ばしてみるのも良いかもしれませんネ。

まとめ

今回は『三郷花火大会2018の穴場や有料席!駐車場や交通規制に屋台情報も』について書いてきました。

江戸川を挟んで2つの花火が同時開催されるなんて一挙両得です。

都心からのアクセスも良く、近くには大型ショッピングモールもあります。

花火開始時刻までそちらで時間を過ごして
花火会場に向かえば1日中楽しい時間を過ごせそうです。

当日参加予定のアナタは是非、最高の夏の時間をお過ごし下さい♪

スポンサーリンク



関連コンテンツ広告コード
SNS上

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする