川崎大師風鈴市2018!風鈴の値段や位置は?混雑や駐車場はある?

レスポンシブ(文字広告)

奈川県川崎市

多摩川を挟んで東京に隣接
面積は政令指定都市中で最小ながら

武蔵小杉の高層ビル群が出来るなど
近年、特に人口が増加している街。

そんな川崎に鎮座するのは平間寺。
通称・川崎大師として知られるこのお寺は

毎年、正月になると、300万人を超える初詣客が訪れ

日本有数の初詣スポットとなっています。

この川崎大師で、夏の恒例行事として有名なのが『川崎大師風鈴市』

この風鈴一には毎年、日本中から約3万個とも言われる風鈴が集結。

九谷焼風鈴・南部風鈴・益子風鈴etc…

日本各地のさまざまな種類の風鈴が夏の風に合わせて、涼し気な音色を響かせます。

開催期間中は浴衣姿の人々が涼を求めて
毎年30万人もの人出があるほど人気の恒例行事です。

そこで今回は川崎を代表するイベントについて
『川崎大師風鈴市2018!風鈴の値段や位置は?混雑や駐車場はある?』と題して情報を公開していきます。

スポンサーリンク

川崎大師風鈴市2018の基本情報

開催日程2018年7月18日(水)~22日(日)
開催時間
7月18日 (水) 10:00~18:00
7月19日 (木) 10:00~18:00
7月20日 (金) 10:00~20:00
7月21日 (土) 10:00~18:00
7月22日 (日) 10:00~18:00

開催場所:川崎大師 境内特設会場
アクセス
京急大師線 川崎大師駅より徒歩約10分

【川崎大師風鈴市のお問い合わせ先 】
044-266-3420

川崎大師風鈴市2018。風鈴の値段は?

川崎大師の風鈴市は日本最大規模の風鈴市。

北は北海道から南は沖縄まで900種もの風鈴が勢揃いします。

ここで気になるお値段はピンキリです。

日本中の風鈴が揃っていますから
様々な価格帯の風鈴があります。

中でも、一番のおススメは
川崎大師特製の「厄除開運だるま風鈴守」

このだるま風鈴は川崎大師の風鈴市でしか買えません。

値段は1700円~ と、とってもお手頃♪

しかも、個数の限定ナシ!

ただ、20日、21日に行われる「名入れ」のサービスは先着300個限定なのでご注意くださいネ。

こちらは津軽びいどろ
値段は2000円くらい

こちらは薩摩切子風鈴
見るからに高級感が漂います。
値段は7万円ほど

これ以外にも
南部風鈴
瀬戸焼風鈴
信楽風鈴
瑠璃風鈴
砥部焼風鈴
伊万里焼風鈴 etc…

とにかく数が豊富で
見ているだけでも楽しくなってきます。

また、過去には純金製の風鈴も販売されていたようで

その値段は驚愕の100万円!!

風鈴に100万円?!
買う人いるんですか??と思っちゃいますね

スポンサーリンク



川崎大師風鈴市2018。風鈴の位置は?

風鈴市が開催されている場所は
川崎大師境内にある大山門横静嘉堂石庭前広場

川崎大師は全国的にも名前の知れたお寺ですが
テレビなので紹介される際に、画面によく映されるのがこの大山門

この大山門を入ってスグの場所に風鈴が一斉に展示されているので

境内に入れば分かると思います。

川崎大師風鈴市2018の混雑状況

川崎大師風鈴市は例年30万人もの人々が訪れますから

当然、境内は大変混雑します。

平日を含めた5日間の開催なので
混雑を避けたいなら狙い目はやはり平日。

特に、朝一に行くと、比較的混雑を避けて風鈴の音色を楽しめそうです

風鈴を購入したい場合は、早い者勝ちになるので
朝一に行くとお眼鏡にかなう風鈴がゲットできる可能性が高いことからもオススメですヨ。

川崎大師風鈴市2018の駐車場情報

開催期間中は自動車交通安全祈祷殿に併設された無料駐車場が利用可能です。

収容台数は約700台。

しかし、この収容台数ではスグに満車になる可能性が大ですネ。

駅からのアクセスも抜群なので
出来る事なら電車の利用をオススメしますが

どうしても車で参加したいアナタの為に
周辺で使えそうな駐車場を調べてみました。

Kパーキング川崎駅前時間貸駐車場

収容台数:79台
利用料金:
8:00~23:00 15分/200円
23:00~ 8:00 60分/100円
営業時間:24時間

タイムズステーション川崎

収容台数:236台
利用料金
平日:30分/200円
土日祝:30分/200円
営業時間:24時間

ミューザ川崎駐車場

収容台数:343台
利用料金
7:00~24:00 15分/100円
24:00~ 7:00 60分/100円
営業時間:24時間

ご自身で駐車場を検索する場合はこちらから
↓  ↓  ↓  ↓
ナビタイム駐車場検索

まとめ

今回は『川崎大師風鈴市2018!風鈴の値段や位置は?混雑や駐車場はある?』について書いてきました。

川崎大師の風鈴市では毎年、浴衣姿で楽しむ人々も多いです。

浴衣は普段着るチャンスがないと思いますので
このチャンスを逃すことなく

浴衣姿で涼をとりながら、風鈴の音色を楽しんでください。

夏の良い思い出作りが出来そうですネ♪

スポンサーリンク



関連コンテンツ広告コード
SNS上

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする