住吉大社初詣2018の駐車場や交通規制は?電車アクセスに屋台時間も!

レスポンシブ(文字広告)

吉大社は、大阪府にある関西屈指の人気神社。

毎年三が日には230万人もの人が初詣に訪れるという人気スポットです。

そこで今回は、2018年の住吉大社初詣についてまとめてみました!

初めて住吉大社へ行くという人はぜひ参考にしてくださいね。

題して
『住吉大社初詣2018の駐車場や交通規制は?電車アクセスに屋台時間も!』

スポンサーリンク

住吉大社初詣2018の基本情報

所在地:大阪府大阪市住吉区住吉2-9-89

<参拝時間>
12月31日22:00~1月1日22:00(大晦日は17:00に一旦閉門、22:00に再び開門)
1月2~3日 6:00~21:00
1月4〜5日 6:00~18:00
1月6日   6:00〜17:00
1月7日以降 通常通り(6:30~17:00)

<アクセス>

お車をご利用なら
阪神高速15号堺線玉出出口から府道5号を経由し、一般道(阪堺線)を住吉大社方面へ車で2km。
※三が日交通規制が敷かれるため駐車場は閉鎖されます。

住吉大社初詣2018の駐車場

住吉大社には有料の大きな駐車場がありますが、お正月期間中は交通規制により閉鎖されます。
よって、車を駐車する事はできません。

因みに、閉鎖期間は12月26日(火)〜1月5日(金)です。

また、周辺の駐車場も同じく閉鎖となるので、例年、駐車できずに諦める人もいるのだとか。。。

ですから、混雑を避けるためにも公共交通機関で行くことを強くオススメします!

住吉大社初詣2018の交通規制

12月31日〜1月3日まで、住吉大社周辺で交通規制が実施されます。

交通規制エリア内には車は一切入ることができませんので、注意してください。

実施日時は以下の通りです。

12月31日~1月1日  23:00~19:00頃
1月2日・3日     10:00~19:00頃

詳しくは、交通規制図を参照してくださいね。
↓   ↓   ↓   ↓
住吉大社初詣交通規制図

住吉大社初詣2018の電車アクセス

住吉大社への電車での行き方は

南海鉄道南海本線「住吉大社駅」から東へ徒歩3分
南海鉄道南海高野線「住吉東駅」から西へ徒歩5分
阪堺電気軌道阪堺線 「住吉鳥居前駅」から徒歩すぐ

駅近なので便利ですね♪

そして、三が日はかなり広範囲で交通規制がかかりますので、やはり電車で行くことをおすすめします。

なお、南海鉄道では大晦日の終夜運転があります。

因みに、阪堺電車はありません。

南海鉄道の終夜運転については運転情報を参考にしてください。
↓   ↓   ↓
南海鉄道の運転情報

住吉大社初詣2018の屋台の時間は?

住吉大社の初詣では、境内や参道など広範囲に渡って300店舗以上の屋台がでます。

大晦日の夜から始まり、大晦日から元日は24時間営業、1月2日以降は開門時間に合わせて営業します。

1月5日あたりまで出ているようです。

混雑する三が日を避けて屋台を楽しむこともできますが、出店数が一番多いのは三が日だそうです。

ですから、屋台がお目当ての方は三が日中に行きましょう!

いろいろな屋台があって今から楽しみになってしまいます。

2018年はどのようなグルメがあるのか、わくわくしますね!

ちなみに、食べ物だけでなく、お化け屋敷や迷路などのアトラクション型の屋台もあるみたいですよ♪

まとめ

今回は『住吉大社初詣2018の駐車場や交通規制は?電車アクセスに屋台時間も!』について書いてきました。

大阪で初詣といえば住吉大社と言われるくらい有名な神社なので、三が日の混雑は避けられません。

参拝するまでに1時間かかる場合もありますので、参拝には時間に余裕を持って行きましょう。

みんなでマナーを守って初詣を満喫してくださいね!

スポンサーリンク



関連コンテンツ広告コード
SNS上

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする