支笏湖氷濤まつり2018花火日程や時間は?渋滞や無料バスはある?!

レスポンシブ(文字広告)

海道の空の玄関口である千歳市。

その千歳市にある支笏湖は、約32000年前の火山活動によってできたカルデラ湖。

湖の水は日本国内屈指の透明度を誇るとても美しい湖です。

支笏湖周辺には「美肌」の湯として有名な支笏湖温泉があり、北海道の一大観光スポットになっています。

今回は、そんな支笏湖で開催される支笏湖氷濤まつりについて情報をまとめていきたいと思います。

題して
『支笏湖氷濤まつり2018花火日程や時間は?渋滞や無料バスはある?!』

スポンサーリンク

支笏湖氷濤まつり2018

<開催期間> 2018年1月26日(金)~2月18日(日)
<開催時間> 9:00~22:00
<会場>  千歳市支笏湖温泉

<アクセス>

お車をご利用なら
札幌から約1時間 (普通車の場合、駐車料金は無料)

タクシーをご利用なら
新千歳空港から約40分(料金 約7000円)

バスをご利用なら
新千歳空港から約1時間
※千歳支笏湖線 新千歳空港⇒千歳駅⇒支笏湖駐車場 料金1030円

氷濤まつり開催期間中は、創造性豊かな氷の建造物に圧倒される事は間違いなし!

さらに、夜間はこれら氷の建造物がカラフルにライトアップされる様は美しく幻想的。

また、開催期間中には和太鼓の演奏や氷を切るゲーム「氷濤アイスカット大会」など
様々なイベントが催される予定です。

支笏湖氷濤まつり2018花火の日程・時間

支笏湖氷濤まつりの一番の見どころはもちろん、美しい氷濤。

しかし、まつり開催期間中は「冬の支笏湖花火の世界」と称して、花火が打ち上げられます。

ここで気になるのが花火の日程や時間帯だと思います。

花火日程・時間
1月27日(土) 18:30〜
1月28日(日) 18:30〜
2月 3日(土) 18:30〜
2月 4日(日) 18:30〜
2月10日(土) 18:30〜
2月11日(日) 18:30〜
2月17日(土) 18:30〜
2月18日(日) 18:30〜

ご覧通り、花火が打ち上げられる日程は祭り開催期間中の週末の土日
さらに、花火打ち上げ時間は全日18:30スタートです。

打ち上げ時間が全て統一されているのは参加者には分かりやすくて良いですネ♪

因みに、花火の模様なこんな感じです。

スポンサーリンク



支笏湖氷濤まつり2018の渋滞について

支笏湖氷濤まつりは今回で40回目を迎えます。

札幌から車で1時間ほどの距離にあり、美しい氷濤が見られる事から例年多くの来場客が訪れます。

しかし、支笏湖周辺には電車の駅がない事から祭り開催期間は、かなり渋滞するようです。

ここで、過去に参加した方々のツイートをご覧ください。

以上のツイートを見てもお分かりの通り、祭り開催期間中、特に、花火の打ち上げ日は渋滞は必至のようです。

一番最後のツイートはリアルに伝ってきますよね?!

中には、このようなツイートも。。。

渋滞の為、花火の打ち上げ時間に間に合わない事もしばしばだとか・・・

当日は、想像以上に渋滞するみたいですから、かなり早めの出発が必要になりそうです。

車の中から見ても結構、キレイみたいですが、やっぱり見るからには間近で見るに限りますからネ。

支笏湖氷濤まつり2018に無料バスはある?

支笏湖氷濤まつり開催期間中を含めて期間限定で、『名湯ライナー』が運行されています。

この『名湯ライナー』はかつては無料バスとして運行されていたようですが、残念ながら現在は有料です。

料金は片道お一人500円。

注意点としては
座席は予約制である事
定員になったら利用できない可能性がある事
さらに、文面から支笏湖温泉に宿泊する場合に限り利用できるのではないか?と思われます。

また、送迎バスを出してくれる宿もあるようですネ。

こちらは、各宿の宿泊客のみが利用できる可能性が高いと思われます。

詳細が気になるアナタは下記の連絡先までお問い合わせください。
【支笏湖温泉旅館組合 0123-25-2201】

まとめ

今回は『支笏湖氷濤まつり2018花火日程や時間は?渋滞や無料バスはある?!』について書いてきました。

当日は、かなりの冷え込みが予想できます。

参加するあなたは「完全防寒」で参加してください。

あまりの氷濤の美しさに寒さも忘れてしまうかもしれませんが・・・

また、先ほどもお伝えしましたが
開催期間中の土日は、花火が打ち上げられる為、かなり渋滞します。

出来るだけ早めの行動を心掛ける事が祭りを楽しむポイントではないでしょうか?

早めについて美しい氷濤を十分味わいながら、花火を待ちましょう♪

スポンサーリンク



関連コンテンツ広告コード
SNS上

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする