門戸厄神厄除け2018の交通規制や無料駐車場は?混雑状況もチェック!

レスポンシブ(文字広告)


西で厄除けといえば、なんといっても兵庫県の西宮にある門戸厄神。

正式には松泰山東光寺といい、日本三体厄神のうちの一つとなっています。

特に、毎年1月に行われる厄除大祭はとても人気で、多くの人で賑わいます。

そこで今回は、2018年の門戸厄神厄除大祭についてまとめてみました!

題して
『門戸厄神厄除け2018の交通規制や無料駐車場は?混雑状況もチェック!』

スポンサーリンク

門戸厄神厄除大祭2018の基本情報

開催名:門戸厄神の初厄神(厄除大祭)
(もんどやくじんのはつやくじん やくよけたいさい)
<開催期間>:2018年1月18日(木)~1月19日(金)8:00~20:00
<参拝料金>:無料
<祈祷料金>:特別祈祷 1万円(本人が本堂に上がり祈祷を行う。付き添いも同席可)
<普通祈祷> 5千円(本堂内で祈祷せず。受付のみ)
<場所>:門戸厄神東光寺(兵庫県西宮市門戸西町2-26)

<アクセス>
電車をご利用なら
阪急今津線「門戸厄神駅」徒歩10分

お車をご利用なら
国道43号線もしくは国道2号線から国道171号線に入り、門戸陸橋を渡らず西詰を300m北上

駐車場:無料あり ※厄除け大祭期間中は利用不可

門戸厄神厄除け2018の交通規制

1月17日~19日の間は、門戸厄神周辺の道路に交通規制がかかります。

それに伴い、無料の駐車場も全面的に閉鎖となります。

かなり広い範囲で実施されるため、車での移動はおすすめしません。

厄除け大祭には関西一円から数十万の人が訪れますので、かなり混雑します。

電車を利用したほうが良いでしょう。

2018年の交通規制図はまだ発表されていませんので、過去の規制図を載せておきます。

参考にしてください。

~追記~

2018年の門戸厄神厄除け大祭における交通規制が判明しましたので、追記致します。

基本的な時間帯は9:00~22:30

また、昨年と比較して交通規制が敷かれる場所や日時も大きな変化はないようです。

ダウンロードしたい方はこちらからどうぞ
↓  ↓  ↓  ↓
2018年門戸厄神厄除け大祭における交通規制

スポンサーリンク




門戸厄神厄除け2018の無料駐車場はある?

門戸厄神には無料で利用できる駐車場がありますが、厄除け大祭期間中は使用できません。

また、門戸厄神周辺は広い範囲で交通規制が実施されるため、近くの駐車場も利用できなくなります。

しかし、どうしても車でしか行けない!という人のために、少し離れますがおすすめの駐車場をご紹介しておきます。

阪急西宮ガーデンズ駐車場

収容台数:3000台
営業時間帯:8:30~24:00
料金:最初の1時間無料 ※それ以降 200円/30分
3000円以上の買い物→2時間まで無料
10000円以上の買い物→3時間まで無料

イオン西宮店

地下駐車場
収容台数:97台
営業時間帯:8:00~22:00
料金:1時間200円
第二駐車場A
収容台数:96台
営業時間帯:24時間
料金:1時間200円
第四駐車場
収容台数:39台
営業時間帯:8:00~23:00
料金:1時間200円
第五駐車場
収容台数:34台
営業時間帯:8:00~23:00
料金:1時間200円
屋上駐車場
収容台数:159台
営業時間帯:8:00~22:00
料金:1時間200円

門戸厄神厄除け2018の混雑

厄除けで有名な門戸厄神ですから、厄除け大祭は大変な混雑となります。

この期間中に厄払いのご祈祷を受けようとすると、2~3時間待つこともありますので注意してください。

門戸厄神では1年中祈祷を受け付けています。

混雑を避けたい方は、2月の平日に受けた方がスムーズにご祈祷を受けられると思いますよ。


やはりかなりの人出があるようですね!

まとめ

今回は『門戸厄神厄除け2018の交通規制や無料駐車場は?混雑状況もチェック!』について書いてきました。

厄年は人生の区切りや節目の時期でもあります。

厄払いをして、無事に1年を過ごせるよう祈りたいですよね。

そんな人に門戸厄神はぴったりの神社!

厄除大祭には屋台もでるようなので、こちらも楽しみながらお参りしてみてはいかがでしょうか?

よい1年となりますように!

スポンサーリンク



関連コンテンツ広告コード
SNS上

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする