柴又帝釈天初詣2018の駐車場や混雑は? 屋台出店にアクセスをチェック!!

レスポンシブ(文字広告)

にある日蓮宗のお寺である柴又帝釈天。

「男はつらいよ」の映画の舞台にもなったことで有名なお寺さんですよね!?

例年、初詣の人では約25万人になるんだとか。

「寅さん記念館」も元旦から営業しているようなので参拝ついでに寄りたいですね!

そこで柴又帝釈天の初詣について調べてみました。

題して
『柴又帝釈天初詣2018の駐車場や混雑は? 屋台出店にアクセスをチェック!!』

柴又帝釈天初詣2018の駐車場

柴又帝釈天には駐車場もありますが、初詣時期(12月31日から1月3日)は使用不可なります。

また、江戸川河川敷になる「柴又公園駐車広場」も1月1日から1月3日は利用できないようです。

ですから、お車で初詣に向かう場合は、周辺のコインパーキングを利用することになります。

そこで、柴又帝釈天周辺にあるパーキングをいくつか調べてみました。

タイムズ柴又

収容台数:9台
料金:30分300円
営業時間:24時間営業

ナビパーク柴又第2

収容台数:5台
料金:30分300円
営業時間:24時間営業

パークステーション柴又第3

収容台数:6台
料金:20分100円
営業時間:24時間

しかし、柴又帝釈天は東京でも有数の初詣スポットです。

よって、参拝者が非常に多い為、ほとんどのパーキングが満車となっているようです。

出来るだけ、車を利用を避け、電車での参拝をオススメします!

スポンサーリンク



柴又帝釈天初詣2018の混雑がヤバい?!

例年、初詣客は約25万人になるそうです。

しかし、柴又帝釈天に境内はあまり広くないため、混雑時には人が密集してしまうそうです。

また、駅から柴又帝釈天への参道も細いのと屋台目当ての人で人がごった返しています。

混雑時には参拝できるまで40分くらいの待ち時間が出ることもあるとか・・・

よって、しっかりと『完全防寒』をしていく必要がありそうです。

因みに、混雑する時間帯は下記のとおり。

12月31日23時頃から1月1日午前2時頃
1月1日から1月3日は午前10時から14時頃

早朝や夕方4時以降に参拝に行けば、混雑をさけることができるでしょう。(参拝は20:00まで可能です!

柴又帝釈天初詣2018の屋台出店は?

柴又帝釈天の初詣には屋台もたくさん出るようです。

屋台の定番である
ベビーカステラ
チョコバナナ
りんごアメ
焼きそば などもちろんありますが

名物である草だんごもオススメですヨ♪

その中でも、吉野家の草だんごはよもぎの色が濃くとても人気!!

初詣に行ったときには、ついでに寄ってみてはいかがでしょうか?

ただし、三が日が過ぎると屋台の数もぐっと減ってしまうようです。

屋台も楽しみたい人は三が日に行ってみてくださいネ。

柴又帝釈天初詣2018アクセス

最後に気になるのが柴又帝釈天へのアクセスではないでしょうか?

柴又帝釈天は京成線柴又駅から徒歩3分という駅からとても近く行きやすいです。

北総公団線新柴又駅からは徒歩12分となっています。

因みに、京成線は12月31日は終夜運転。
1月1日~1月3日までの日中の時間帯は臨時列車を増発するようです。

詳細はこちらをご覧ください。
↓   ↓   ↓    ↓
京成電鉄年末年始臨時ダイヤ

まとめ

今回は『柴又帝釈天初詣2018の駐車場や混雑は? 屋台出店にアクセスをチェック!!』について書いてきました。

「男はつらいよ」の映画で有名となった柴又帝釈天。

屋台の味を味わうのも良いですが、その周辺にはオイシイものがいっぱいのグルメの街でもあります。

初詣ついでに、柴又グルメに舌鼓を打つのもアリかもしれませんネ。

この機会に初詣の参拝はもちろん屋台も楽しんでみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク



関連コンテンツ広告コード
SNS上

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする