糸川桜まつり2018の開花や見頃は?駐車場やアクセス情報を公開 !

レスポンシブ(文字広告)

海市中心部を流れる糸川。

川に沿って遊歩道が整備され、周辺には熱海御用邸跡。

さらには、河口には親水公園があり熱海市民の憩いの場所となっています。

そんな糸川で1月~2月にかけて開催されるのが『糸川桜まつり』

熱海は早咲きの梅が有名ですが、桜の早咲きの地としてのも知られています。

そこで、今回は、この『糸川桜まつり』について。

桜の開花や駐車場などの情報をまとめていきたいと思います。

題して
『糸川桜まつり2018の開花や見頃は?駐車場やアクセス情報を公開!』

スポンサーリンク

熱海梅園梅まつり2018見ごろや開花状況! 駐車場やアクセスも公開

糸川桜まつり2018の日程・アクセス

開催場所熱海糸川遊歩道

開催日程2018年1月20日(土)~2018年2月11日(日)
開催時間10:00~15:00(糸川遊歩道)
期間中ライトアップ17:00~23:00

アクセス
東京-熱海 新幹線で約1時間
名古屋-熱海 新幹線で約2時間

JR熱海駅 徒歩約15~20分
JR来宮駅 徒歩約10分

明治時代にイタリア人によって、熱海にもたらされた「あたみ桜」。

現在では糸川沿い遊歩道を中心に熱海市内各地に200本以上の桜の木が植えられています。

桜まつり期間中は

・土曜・日曜・祝日には桜茶の無料サービスあり
・ドラゴン橋で大道芸やバンド演奏など

様々なイベントが開催されます!

因みに、ドラゴン橋で開催されるイベントは日によって異なります。

楽しみにしているアナタは、事前に確認して参加して下さい。

イベントの詳細は以下からご覧ください!
↓   ↓   ↓    ↓
糸川桜まつり遊歩道マップ(3ページ目です♪)

また、上にもあるように開催期間中は、ライトアップされた「あたみ桜」が鑑賞できます!

そのまま観るのも良いですが、ライトアップされるとまた違った美しさが味わえます!

糸川桜まつり2018の開花状況・見頃

同じ静岡の伊豆にある『河津の桜』も早咲きで有名ですが
「あたみ桜」の花期は例年、1月~2月中旬。

「あたみ桜」は同じ枝に、早く咲く花芽と遅く咲く花芽が二段構えに出来ることから、毎年、1ヶ月以上に渡って美しい桜の花が楽しめます。

よって、桜まつりの開催期間中はどの時期も桜の見頃と言う事ができますネ。

参加者の方の情報によると、去年は1月20日付近に満開になっていたようです。

また、あたみ桜の開花情報に関しては、見頃にはまだ時間がある為、まだ情報が公開されていません。

開花し始めると、熱海観光協会の公式サイトにて情報が随時更新されるようです。

気になるアナタはそちらを細目にチェックしてみてくださいネ♪

熱海観光協会公式サイト:糸川桜まつり

因みに、熱海市内の桜の本数は以下の通りです。

・糸川沿い(全58本)
・海浜公園(全11本)
・サンレモ公園(全5本)
・釜鳴屋平七像両脇(全2本)
・梅園内(全6本)
・梅園前市道(全23本)
・渚小公園(全15本)
・親水公園渚デッキ(全17本)

桜まつりの会場となる糸川沿いは58本とやはり多いですネ。

しかし、一番早く「あたみ桜」が開花する場所として知られているのは「釜鳴屋平七像」

いち早く「あたみ桜」の開花が見たいアナタは、こちらの像に足を運んでみてくださいネ♪

河津桜まつり2018の見頃や開花情報! 駐車場や混雑状況を調査

スポンサーリンク



糸川桜まつり2018の駐車場

糸川桜まつり開催期間中に専用の臨時駐車場は設けられません。

よって、お車で参加予定の場合は、近辺の駐車場をご利用ください。

付近の駐車場情報は以下の通り。

市営東駐車場
収容台数;300台
駐車料金:16時間まで 30分毎100円
16時間以降 1時間毎100円
営業時間:24時間

第一親水公園駐車場
収容台数;50台
駐車料金:16時間まで 30分毎100円
16時間以降 1時間毎100円
営業時間:24時間

第二親水公園駐車場
収容台数:95台
駐車料金:16時間まで 30分毎100円
16時間以降 1時間毎100円
営業時間:24時間

和田浜駐車場
収容台数:125台
駐車料金:16時間まで 30分毎100円
16時間以降 1時間毎100円
営業時間:24時間

清水町駐車場
収容台数:31台
駐車料金:16時間まで 30分毎100円
16時間以降 1時間毎100円
営業時間:24時間

中央町駐車場
収容台数:105台
駐車料金:16時間まで 30分毎100円
16時間以降 1時間毎100円
営業時間:24時間

初川駐車場
収容台数:38台
駐車料金:30分毎100円
営業時間:24時間

渚町駐車場
収容台数:22台
駐車料金:16時間まで 30分毎100円
16時間以降 1時間毎100円
営業時間:24時間

熱海駅前駐車場
収容台数:70台
駐車料金:16時間まで 30分毎100円
16時間以降 1時間毎100円
営業時間:24時間

来の宮駐車場
収容台数:130台
駐車料金:1時間当たり100円
営業時間:7:00~19:00

※料金は全て税抜きです。

駐車場場所の詳細はこちらをご覧ください。
↓  ↓  ↓  ↓
糸川桜まつり駐車場マップ

また、現在のところ、桜まつりに伴って実施される交通規制の日時・区間などは公開されていません。

決定したら公開されるようです。

分かり次第、追記しますので、しばしお待ちください。

参考までに、去年の交通規制の情報は・・・

まとめ

今回は『糸川桜まつり2018の開花や見頃は?駐車場やアクセス情報を公開!』について書いてきました。

熱海は桜だけでなく、梅の「早咲き」でも知られており、1月から3月にかけて日本中から観光客が訪れます。

東京や名古屋などの大都市から数時間で行ける距離なので、訪問しやすい都市でもあります。

熱海梅園の梅と糸川の桜を同時観賞して、一足早い『春』を味わってみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク



関連コンテンツ広告コード
SNS上

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする